受賞のお祝い/祝賀状文例と書き方

受賞のお祝い/祝賀状文例

受賞のお祝い/祝賀状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

謹啓
 
○○の候、貴社ますますご隆昌のことと慶賀の至りに存じます。平素は、格別のご厚情にずかり、厚くお礼申し上げます。
または
ΟΟの候、ΟΟ様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
 
さて、この度は、○○の○○において○○賞を(お受けになられました由、○○で拝承いたしました。/ご受賞になされましたこと、)誠におめでたく、心よりの祝いを申し上げます。
 
貴社におかれましては、永年にわたり(○○業界をリードしてこられた/技術研究開発に努められ○○の発展にご尽力された)ご功績が、(この度の/○○賞という輝かしい)栄誉として認められ(れたものと拝察いたします/ましたことは、○○に関わる弊社としてとしても(我が事のように嬉しく思います/誇りでもあります)。
または
○○社長をはじめ社員一丸となってОΟに(取り組んだ/ご尽力)された結果であり、甚だ感服いたすばかりでます。これまでのご苦労がこのような栄誉として認められましたことは、大きな喜びであります。
または
これもひとえに(貴社/ΟΟ様方)の卓越した(技術/技能/才能)とこれまでのご努力の賜物と存じます。
 
貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
また、今後とも(倍旧/一層)の(ご高配/ご厚情/お引き立て)を賜りますようお願い申し上げます。
または
貴社には、この受賞を機に(更なる発展を遂げられる/これまで以上に素晴らしい製品を開発される)ものと、確信いたしております。
 
本来ならば拝顔にて、ご祝賀を申し上げるべきところですが、何かとご多用の折、本状をもちましてお祝賀を申し上げるます。
または
まずは、(取り急ぎ/略儀ながら)書中をもちまして、お祝いまで申し上げます。

敬 白

平成Ο年Ο月Ο日

  株式会社 ΟΟΟΟ
  代表取締役社長 ОΟОΟ


2月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

2月上旬
厳寒の候
余寒の候
立春の候

2月中旬
残寒の候
残雪の候
晩冬の候

2月下旬
春寒の候
寒風の候
梅花の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について