社長就任のお祝い状(懇意な方_客先宛)文例と書き方

社長就任のお祝い状(懇意な方_客先宛)文例

社長就任のお祝い状(懇意な方_客先宛)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(謹啓/拝啓) ΟΟの候、貴社におかれましては、益々ご(清祥/隆盛)のこととお慶び申し上げます。
平素は、(格別のご(高配/厚情/愛顧)を賜り/毎々のお引き立てに預かり)、(誠にありがたく、厚く/心より)お礼申し上げます。
 
この度は、代表取締役社長ご就任、謹んでお祝い申し上げます。
または
(さて、承りますれば/早速ながら)、この度、副社長にご就任されましたとのこと、謹んでお祝い申し上げます。
 
これもひとえに、長らく(常務/専務)として(圧倒的なご実績を上げられたからこそと拝察いたします/その卓越した経営ご手腕で貴社が益々(飛躍/繁栄)されるものと確信いたす次第です)。
または
これも常務取締役として(社長/ご尊父)(の参謀として/を補佐され、)経営に携わり着実に会社の舵取り役としての(ノウハウを学ばれた/手腕を磨かれた)からだと拝察する次第です。
または
数多の先輩諸氏を抜いての社長ご就任は、○○様の(経営センス/統率力)が圧倒的に秀でておられるからだと拝察いたして(おる次第です/おります)。
または
(この度の社長ご就任を私としても待ち望んでおりましたので、/私どもとしては、もっと早くご就任されても良かったのではと思っているくらいで、)自身のことのように嬉しく思っております。
 
このぅえは、○○様の(経営手腕/卓越した○○)が、存分に発揮されて(更なる/益々の)ご繁栄を遂げられると確信いたしており、当社も余慶にあずかりたく、今後とも倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。
または
今後とも、どうか(倍旧の/変わらぬ)ご(厚情/交誼/高配)を賜りますようお願い(申し上げます/する次第です)。
または
このうえは、くれぐれも(ご健康に重々ご留意され、益々のご活躍/一層のご活躍とご発展)を心よりお祈りいたすとともに、これからも変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願申し上げます)。
 
なお、ご就任披露のご宴席にご招待をいただき、ありがたく存じます。(何とさて置いても/喜んで)列席させていただきます。
または
なお、祝意のを込めて心ばかりの品を別送にてお送り申し上げました。ご(査収/笑納)いただければ幸いに存じます。
 
お祝いにお伺いいたしたく存じますが、まずは、書中にてお祝いまで申し上げます。
または
略儀ながら、書中にて社長ご就任のお祝いまで申し上げます。

敬 白/敬 具

平成Ο年Ο月Ο日

株式会社 ОΟОΟ
(役職) ОΟОΟ

株式会社 ОΟОΟ
(役職) ΟООΟ 様

<宛名/差出人等の書き位置は縦書を想定>


1月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

1月上旬
新春の候
初春の候
仲冬の候

1月中旬
寒冷の候
酷寒の候
厳寒の候

1月下旬
厳冬の候
寒風の候
大寒の候

お祝い状文例と書き方

各種お祝い状の文例と書き方一覧とお祝い状関連コンテンツです。

お祝い状文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について