お礼状 快気/退院報告 お見舞い 文例/例文と書き方

お礼状 快気/退院報告 お見舞い 文例/例文と書き方-掲載された文例や書式、テンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

快気報告 お礼状 文例(軽微_知人宛)

拝復 ΟΟの候、(ΟΟ様におかれまして/ΟΟさんに)は益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、私の(突然の入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)に際して、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励まし/お見舞いにお越しいただいた)ばかりか (お心遣い/過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(頂戴いたし/賜り/いただき)、(心より感謝申し上げます/たいへん恐縮いたしております/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は、私の(突然の入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)で、(ОΟ/皆)様(に/にまで)ご心配をおかけしてしまい(申し訳なございませんでした/すみませんでした)。
(また/それにもかかわらず)、(温かいお見舞状/励まし)を(いただき/頂戴し)、(深く感謝いたしております/ありがとうございました/心よりお礼申し上げます)。
(お陰様で/幸いにして)、(無事に退院いたしました/元通りに完治しました/近日中に仕事へ復帰することになりました/数日の入院で退院し、もう大丈夫です/今は元気になりました)。
私の(不始末/不注意/不養生/不摂生/こと)で(ΟΟ様/ΟΟさん)にも大変ご心配をおかけ(し、/しまいましたこと、改めまして)(お詫び申し上げます/本当にすみませんでした/誠に申し訳ございませんでした)。 (今後は/これからは)、(健康管理に留意/無鉄砲なことはしない様に注意/この様なことの無いよう)(してまいる所存/します)ので、(どうか/何とぞ)、(ご容赦/お許し)ください。
(誠に簡単です/甚だ略儀ではあります)が、(取り急ぎ/まずは/書中をもちまして)お見舞いのお礼かたがた(快気/退院)のご報告(まで/とさせていただきます)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

快気報告 お礼状 文例(重篤_知人宛)

拝復 ΟΟの候、(ΟΟ様におかれまして/ΟΟさんに)は益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、私の(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)に際して、(早々に/わざわざ/何度も/何かと/いろいろと)(温かいお見舞状/励まし/お心遣い/お見舞いにお越し)(いただいた/賜った)ばかりか (お心遣い/過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで頂戴いたし、(心より感謝申し上げます/たいへん恐縮いたしております/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は、私の(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)で、(ОΟ/皆)様(に/にで)ご心配をおかけした(うえに/にもかかわらず)(温かいお見舞状/励まし/お心遣い)まで(いただき/賜り)、(深く感謝いたしております/ありがとうございました/心よりお礼申し上げます)。
(お陰様で/幸いにして/何とか/時間はかかりましたが/とりえずは)、(無事に退院いたしました/退院もでき当面は自宅で療養に努めることとなりました/近日中に仕事へ復帰することもかないそうです/もう大丈夫です/今は元気になりました)。
(当初は先がみえず悲観もしていましたが/闘病中は本当に治るのか不安な思いをしてましたが/一時は万が一のことがないかと思い詰めもしましたが)、(やっとここまで回復できました/何とかこのような報告ができるまでになりました)。これも(ΟΟ様/ΟΟさん/多くの方々/ΟΟさんをはじめ多くの方々)の(励まし/助け)あってのことと(改めまして)(お礼申し上げます/感謝いたしております)。
(今後は/これからは)、(再発しないように日々の生活に注意して/長い闘病で落ちた体力を回復させることに専念して/この様なことが二度とないように心がけて)(いきたいと思ってます/まいる覚悟です)。
(誠に簡単です/甚だ略儀ではあります)が、(取り急ぎ/まずは/書中をもちまして)お見舞いのお礼かたがた(快気/退院)のご報告(まで/を申し上げた次第です/とさせていただきます)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(ОΟ/皆)様におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

快気報告 お礼状 文例(軽微_友達宛)

前略 この度は、(俺/僕/私)の(突然の入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)で、(お前/君/あなた/ΟΟ/ΟΟさん)にも心配をおかけてし(まい申し訳なかったね/まい面目ない/まって、本当にすみませんでした)。
(また/それなのに/それにもかかわらず)、(ОΟまで来てもらったうえにお見舞い/お見舞状ばかりか、お見舞いの品)(までいただき/までもらい)、(ありがとうございました/恐縮したよ)。
(お陰で/幸い/何とか)、(無事に退院したよ/元通り元気になったよ/近いうちに仕事へも復帰することになったよ/数日の入院で退院して、もう大丈夫です/今は元気になってます)。
(俺/僕/私)の(不始末/不注意/不養生/不摂生/こと)で(お前/君/あなた/ΟΟ/ΟΟさん)に心配をかけてしまい(申し訳ありませんでしたね/本当にすみませんでした/ごめんなさいね)。 これからは、(健康に気をつける/無鉄砲なことはしない様にする/この様なことの無いようする)から、(お許/勘弁)して(くれな/ください)。
簡単だけど、(取り急ぎ/まずは)お見舞いのお礼(と/かたがた)(快気/退院)の報告(まで/とさせてもらうよ)。
それと、(お前/君/あなた/ΟΟ/ΟΟさん)も(体に/健康にだけは/俺みたいならない様に)気をつけ(てくださいね/ろよ)。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

快気報告 お礼状 文例(重篤_友達宛)

前略 この度は、(俺/僕/私)の(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)で、
(お前/君/あなた/ΟΟ/ΟΟさん)にも心配をかけた(うえに/にもかかわらず)(お見舞状/とても勇気付けられる励まし/お心遣い)まで(いただき/もらい)、(とても感謝いたしてます/ありがとうございました/心からお礼をいうよ)。
または
(わざわざ/何度も/何かと/いろいろと)(温かいお見舞状/励まし/心遣い/見舞きて)(いただいた/もらった)ばかりか(お見舞い/見舞いの品/素敵なОΟ)までいただき、(感謝しています/本当にありがとう/心からお礼をいうよ)。
(お陰で/幸いにして/何とか/時間はかかったけど/とりえずは)、(無事に退院したよ/退院もでき当面は自宅で療養することになったよた/近いうちに仕事へも復帰できそうです/もう大丈夫です/今は元気になりました)。
(最初の頃は先がみえなくて、悲観的にもなったけど/闘病中は本当に治るか不安で一杯だったけど/一時は万が一のことがないか思い詰めもしたけど)、(やっとここまで回復できました/何とかこのような報告ができるまでになったよ)。 これも、(お前/君/あなた/ΟΟ/ΟΟさん)をはじめ多くの方々の(励まし/助け)あってのことだと(改めまして)(感謝してるよ/思ってるよ)。
(今後は/これからは)、(再発しないように日々の生活にも注意して/病気に負けないように体を鍛えて/こんなことがが二度とないように心がけて)(いきたいと思ってます/いこうと硬く心に決めてたよ)。
簡単だけど、(取り急ぎ/まずは)お見舞いのお礼(と/かたがた)(快気/退院)の報告(まで/とさせてもらいます)。
(お前/君/あなた/ΟΟ/ΟΟさん)も(体/健康)にだけは気をつけ(てくださいね/ろよな)。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

快気報告 お礼状 文例(軽微_親戚宛)

拝復 ΟΟの候、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(私/妻/長男ОΟ)の(突然の入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)に際して、(早々に/わざわざ)(温かいお見舞状/励まし/お見舞いにお越しいただいた)ばかりか (お心遣い/過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(頂戴いたし/いただき)、(心より感謝申し上げます/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は、(私/妻/長男ОΟ)の(突然の入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)で、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)(に/にまで)ご(心配/心労/迷惑)をおかけしてしまい(申し訳なございませんでした/すみませんでした)。
(また/それにもかかわらず)、(温かいお見舞状/励まし/何かとお心遣い)をいただき、(深く感謝いたしております/ありがとうございました/心よりお礼申し上げます)。
(お陰様で/幸いにして/何とか)、(無事に退院しました/元通りに完治しました/近いうちに(仕事へ復帰でき/学校にも行け)そうです/数日で退院して、もう大丈夫です/今は元気になってます)。
(私/妻/長男ОΟ)の(不始末/不注意/不養生/不摂生/こと)で(叔父様/叔母様/ΟΟさん)にもご(心配/心労/迷惑)をかけてしまいましたこと、改めまして)(お詫び申し上げます/本当にすみませんでした/申し訳ございませんでした)。 (今後は/これからは)、(健康管理に注意する様に/無鉄砲なことはしない様に注意/こんなことが無いように)(します/させます)ので、(どうか/何とぞ)、(ご容赦/お許し)ください。
(誠に簡単です/略儀ではあります)が、(取り急ぎ/まずは/書中をもちまして)お見舞いのお礼かたがた(快気/退院)のご報告(まで/とさせていただきます)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様方)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

快気報告 お礼状 文例(重篤_親戚宛)

拝復 ΟΟの候、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(私/妻/長男ОΟ)の(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)に際して、(早々に/わざわざ/何度も/何かと/いろいろと)(温かいお見舞状/励まし/お心遣い/お気遣い/お見舞いにお越し)(いただいた/賜った)ばかりか (お心遣い/お見舞い/お見舞い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで頂戴し、(心より感謝いたしております/ありがたく存じます/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は、(私/妻/長男ОΟ)の(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)で、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)(に/にまで)ご(心配/心労/迷惑)をおかけした(うえに/にもかかわらず)(温かいお見舞状/励まし/お心遣い)まで(いただき/賜り)、(深く感謝いたしてます/ありがとうございました/心よりお礼申し上げます)。
(また/それにもかかわらず)、(温かいお見舞状/励まし/何かとお心遣い)をいただき、(深く感謝いたしております/ありがとうございました/心よりお礼申し上げます)。
(お陰様で/幸いにして/何とか/時間はかかりましたが/とりえずは)、(無事に退院いたしました/退院もでき当面は自宅で療養に努めることとなりました/近日中に仕事へ復帰することもかないそうです/もう大丈夫です/今は元気になりました)。
(当初は先がみえず悲観もしましたが/闘病中は本当に治るのか不安な思いをしてましたが/一時は万が一のことがないかと思い詰めもしましたが/元気になるか心配しましたが)、(やっとここまで回復できました/何とかこのような報告ができるまでになりました)。これも(叔父様/叔母様/ΟΟさん/多くの方々/叔父様をはじめ多くの方々)の(励まし/助け)あってのことと(改めまして)(お礼申し上げます/感謝いたしております)。
(今後は/これからは)、(再発しないように日々の生活に注意して/長い闘病で落ちた体力を回復させることに専念して/この様なことが二度とないように心がけて/ΟΟの様子には特に気を配って)(いきたいと思ってます/まいる覚悟です)。
(とても簡単です/甚だ略儀ではあります)が、(取り急ぎ/まずは/書中をもちまして)お見舞いのお礼かたがた(快気/退院)のご報告(まで/を申し上げた/とさせていただきます)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様方)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

快気報告 お礼状 文例(軽微_同僚宛)

前略 この度は、(私/僕)の(突然の入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)で、(ΟΟ様/ΟΟさん/ΟΟ君/皆さん/多くの方々)にご(心配/迷惑/心配とご迷惑)をかけしてしまい(申し訳なございませんでした/すみませんでした)。
(また/それにもかかわらず)、(温かいお見舞状/励まし)を(いただき/もらい)、(深く感謝いたしています/ありがとうございました/心からお礼申し上げます)。
(お陰様で/幸いにして)、(無事に退院しました/元通りになりました/近いうちに仕事へ復帰することになりました/数日の入院で退院し、もう大丈夫です/今は元気になりました)。
私の(不始末/不注意/不養生/不摂生/こと)で(ΟΟ様/ΟΟさん/ΟΟ君/皆さん/多くの方々)にもご(心配/迷惑/負担)をかけて(しまいましたこと、改めましてお詫び申し上げます/しまい、深く反省しています/本当に申し訳ございませんでした)。 (今後は/これからは)、(健康管理には十分注意して/無鉄砲なことはしない様に注意して/この様なことの無いよう肝に銘じて)(まいる所存/いきます)ので、(どうか/何とぞ)、(ご容赦/お許し/勘弁して)ください。
なお、(来週には仕事に復帰でしそうです/数日自宅療養をしたら仕事にも戻れると思います/医師の了解が出しだい職場復帰します)。その時際は、この分を取り返すように頑張りますので、また宜しくお願いします)。
簡単ですが、(取り急ぎ/まずは)お見舞いのお礼かたがた(快気/退院)のご報告(まで/とさせていただきます)。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

快気報告 お礼状 文例(重篤_同僚宛)

前略 この度は、(私/僕)の(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)で、(ΟΟ様/ΟΟさん/ΟΟ君/皆さん/多くの方々)にご(心配/迷惑/心配とご迷惑)をかけした(うえに/にもかかわらず)(温かいお見舞状/励まし/お心遣い)まで(いただき/賜り)、(深く感謝いたしております/ありがとうございました/心よりお礼申し上げます)。
(お陰様で/幸いにして/何とか/時間はかかりましたが/とりえずは)、(無事に退院いたしました/退院もでき当面は自宅で療養に努めることとなりました/近日中に仕事へ復帰することもかないそうです/もう大丈夫です/今は元気になりました)。
(当初は先がみえず悲観もしていましたが/闘病中は本当に治るのか不安な思いをしましたが/一時は万が一のことがないかと思い詰めまたが)、(やっとここまで回復できました/何とかこのような報告ができるまでになりました)。これも(ΟΟ様/ΟΟさん/多くの方々/ΟΟさんをはじめ多くの方々)の(励まし/助け)あってのことと(改めまして)(お礼申し上げます/感謝いたしています)。
(今後は/これからは)、(再発しないように日々の生活に注意して/長い闘病で落ちた体力を回復させることに専念して/この様なことが二度とないように心がけて)(いきたいと思ってます/いきます)。
なお、(来週には仕事に復帰でしそうです/仕事への復帰はもう少し先になりますができるだけ早くそこ戻れるように治療に専念します/当面は自宅療養ですが一日も早く仕事に戻れるよう頑張ります/医師の許可が出しだい職場復帰します)。その時際は、この分を取り返すように頑張りますので、また宜しくお願いします。
簡単ですが、(取り急ぎ/まずは)お見舞いのお礼かたがた(快気/退院)のご報告(まで/とさせていただきます)。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

快気報告 お礼状 文例(軽微_取引先担当宛)

(拝復/拝啓) ΟΟの候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、私の(突然の入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)に際しまして、(貴社の皆様/ΟΟ様)にもご(心配/迷惑)をおかけしてしまい(誠に申し訳なく存じます/たこと、心よりお詫び申し上げます)。
(また/さらには)、(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)まで(いただき/賜り)、(深く感謝しております/恐縮至極に存じます/恐縮いたしております)。
または
前略 この度は、私の(突然の入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)で、(ОΟ/皆)様(に/にまで)ご(心配/迷惑)をおかけしてしまい(申し訳なございませんでした/全くもって面目ございません)。
(また/それにもかかわらず)、(温かいお見舞状/励まし)を(いただき/頂戴し)、(深く感謝いたしております/ありがとうございました/心よりお礼申し上げます)。
(お陰様で/幸いにして/何とか)、(無事に退院いたしました/完治いたしました/近日中に仕事へ復帰することとなりました/数日の入院で退院いたしましいた/今は元気になりました)。
私の(不始末/不注意/不養生/不摂生/こと)で(貴社の皆様/ΟΟ様)にも大変ご(心配/迷惑)をおかけ(し、/しまいましたこと、改めまして)(お詫び申し上げます/誠に申し訳ございませんでした)。 (今後は/これからは)、(健康管理に十分留意/無鉄砲なことはしない様に注意/この様なことが二度とないよう)(してまいる所存/いたします)ので、(どうか/何とぞ)、(ご容赦/ご寛容/お許し)(ください/いただきたく存じます)。
(誠に簡単です/甚だ略儀ではあります)が、(取り急ぎ/まずは/書中をもちまして)お見舞いのお礼かたがた(快気/退院)のご報告(をいたした次第です/とさせていただきます)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(貴社の皆様/ΟΟ様/皆様方)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

株式会社 ΟООΟ
ΟООΟ

株式会社 ΟОΟО
ΟООΟ 様
または
ΟООΟ 様

快気報告 お礼状 文例(重篤_取引先担当宛)

(拝復/拝啓) ΟΟの候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、私の(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)に際しまして、(貴社の皆様/ΟΟ様)にもご(心配/迷惑)をおかけしてしまい(誠に申し訳なく存じます/たこと、心よりお詫び申し上げます)。
(また/さらには/それにもかかわらず)、(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)まで(いただき/賜り)、(深く感謝しております/恐縮至極に存じます/恐縮いたしております)。
または
前略 この度は、私の(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)で、(ОΟ/皆)様(に/にまで)ご(心配/迷惑)をおかけしてしまい(申し訳なございませんでした/心よりお詫び申し上げます)。
(また/それにもかかわらず)、(温かいお見舞状/励まし)を(いただき/頂戴し)、(深く感謝いたしております/ありがとうございました/心よりお礼申し上げます)。
(お陰様で/幸いにして/何とか/時間はかかりましたが/とりえずは)、(無事に退院いたしました/退院もでき当面は自宅で療養に努めることとなりました/近日中に仕事へ復帰することもかないそうです/もう大丈夫です/今は元気になりました)。
(当初は先がみえず悲観もしていましたが/闘病中は本当に治るのか不安な思いをしてましたが/一時は万が一のことがないかと思い詰めもしましたが)、(やっとここまで回復できました/何とかこのような報告ができるまでになりました)。これも(ΟΟ様/ΟΟさん/多くの方々/ΟΟさんをはじめ多くの方々)の(励まし/助け)あってのことと(改めまして)(お礼申し上げます/感謝いたしております)。
(今後は/これからは)、(日々の生活にも注意をして/暫らくは体力の回復に専念して/この様なことが二度とないように心がけて)まいる(覚悟/所存)です。
なお、(来週には仕事に復帰でしそうです/当面は自宅療養ですが一日も早く仕事に戻れるよう療養に専念いたします/医師の許可が出しだい職場復帰します)(。/ので、どうか今しばらくのご猶予をいただきますようお願いいたします。/ので、その折には、変わらぬご(厚誼/交情)を賜りますようお願いいたします。)
甚だ略儀ではありますが、(取り急ぎ/まずは/書中をもちまして)お見舞いのお礼かたがた(快気/退院)のご報告(をいたした次第です/とさせていただきます)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(貴社の皆様/ΟΟ様/皆様方)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

株式会社 ΟООΟ
ΟООΟ

株式会社 ΟОΟО
ΟООΟ 様
または
ΟООΟ 様

快気報告 お礼状 文例(軽微_取引先宛)

(拝復/拝啓) ΟΟの候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(当社/私ども)(会長/社長/専務)ОΟの(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)に際しまして、(早々に/いち早く/わざわざ)(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)(いただき/賜り)、(深く感謝しております/恐縮いたしております/心よりお礼申し上げます)。
(お陰様で/幸いにして)、(無事に退院いたしました/完治いたしました/近日中に仕事へ復帰する運びと相成りました/数日の入院で退院いたしましいた/今は元気になっております)。
(弊社/当社)(会長/社長/専務)ОΟことで(貴社の皆様/ΟΟ様)にも大変ご(心配/迷惑)をおかけ(し、/しまいましたこと、改めまして)(深くお詫び申し上げます/誠に申し訳なく存じます)。 本人も(今後は/これからは/このことを教訓とし)、(健康管理に十分留意/この様なことが二度とないよう)(する所存です/肝に銘じております)ので、(どうか/何とぞ)、(ご容赦/ご寛容)いただきたく存じます。
なお、ご(不便/迷惑/心配)をおかけしましたが(来週には/近日中には/本日/ΟΟに)職場へも復帰(いたしました/いたします)ので、今後とも倍旧の(ご厚誼/ご愛顧/ご厚情/ご支援)を賜りますようお願い申し上げます。
(誠に簡単ではあります/甚だ略儀ではあります)が、(取り急ぎ/まずは/書中をもちまして)お見舞いのお礼かたがた(会長/社長/専務)ОΟの(快気/退院)のご報告(をいたした次第です/とさせていただきます)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(貴社の皆様/ΟΟ様/皆様方)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬 具

令和Ο年Ο月Ο日

株式会社 ΟООΟ
ΟООΟ

株式会社 ΟООΟ
(役職) ΟООΟ 様

快気報告 お礼状 文例(重篤_取引先宛)

(拝復/拝啓) ΟΟの候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/隆盛/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(ОΟ/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(当社/私ども)(会長/社長/専務)ОΟの(入院/思いもよらない怪我/病気/病気療養)に際しまして、(早々に/逸早く/わざわざ)(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)(いただき/賜り)、(深く感謝しております/心よりお礼申し上げます)。
(お陰様で/幸いにして/とりえずは)、(無事に退院いたしました/病院を退院して、当面は自宅で療養に努めることと相成りました/近日中に職務へ復帰する運びと相成りました)。
(弊社/当社)(会長/社長/専務)ОΟことで(貴社の皆様/ΟΟ様)にも大変ご(心配/迷惑)をおかけ(し、/しまいましたこと、改めまして)(深くお詫び申し上げます/誠に申し訳なく存じます)。 本人は(今後/これから)、(日々の生活にも注意をして/暫らくは体力の回復に専念して/この様なことが二度とないように心がけて/このことを教訓とし健康に留意して)まいる(覚悟/決意)をしております。
なお、ご(不便/迷惑/心配)をおかけし(ました/ております)が、(来週には/近日中には/本日/ΟΟに/暫らくは自宅での療養をし)職場へも復帰(いたしました/こととしております/いたす運びと相成りました)ので、(今後とも変わらぬご厚情を賜りますよう/今しばらくのご猶予をいただきたく、よろしく)お願い申し上げます。
甚だ略儀ではありますが、(取り急ぎ/まずは/書中をもちまして)お見舞いのお礼かたがた(会長/社長/専務)ОΟの(快気/退院)のご報告(をいたした次第です/とさせていただきます)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(貴社の皆様/ΟΟ様/皆様方)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬 具

令和Ο年Ο月Ο日

株式会社 ΟООΟ
ΟООΟ

株式会社 ΟООΟ
(役職) ΟООΟ 様

退院通知 お礼状 お見舞い 文例

大変ご心配をかけましたが、やっと退院して自宅に帰ってまいりました。家族が傍にいると、健康でいることの大切さをひしひしと感じます。
生死をさまよう程の状態からの生還だけに、その喜びはひとしおです。これも、皆様のありがたい励ましのお蔭と感謝しております。皆様お温かいお言葉が、死と戦い、長く苦しい病院生活に耐える心の支えでした。ほんとうにありがとうございました。
これからは、健康に気をつけて人生をより一層楽しみたいと考えております。
略儀ながら、書中をもってお礼と退院のご報告を申し上げます 。

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

退院通知 お礼状 お見舞い 文例(本人)

私の入院中は、ご多忙の中わざわざお見舞いくださいました上、お心遣いまでいただきご厚情に厚くお礼申し上げます。
退院しましたら直ぐにお知らせしなければと思っていましたが、雑事に追われてご連絡が遅れましたことをお詫びいたします。おかげさまでようやく普段の生活に戻すことができました。
いずれあらためてお礼申したく存じますが、書中をもちまして退院のお知らせいたします 。

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

退院通知 お礼状 お見舞い 文例(家族)

前略 ОΟ(様におかれましては、お元気とのことで何よりに存じます/さん、お元気でお過ごしでしょうか)。
(父/母/妻/夫)の入院中はお心にかけていただき、お忙しい中をお見舞いくださいました上、お心遣いまでいただき、誠にありがとうございました。
お陰様で(父/母/妻/夫)も(何とか医師より退院が許され/ようやく快方に向かいΟ月Ο日退院し)、今は自宅で養生しております。
何分にも大病の後とで外出もままなりません。お暇な折にでもお立ち寄りいただけましたら、さぞかし(父/母/妻/夫)も喜ぶことでしょう。
(取り急ぎ/まずは)、(父/母/妻/夫)(に代わりに厚くお礼/の退院のご報告と改めてお見舞いのお礼を)申し上げます 。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項