文例集HOME> ビジネス文書> 取引文書> お断り(見積依頼)

お断り(見積依頼)文例と書き方

お断り(見積依頼)の文例

お断り(見積依頼)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 ОΟОΟ
営業部 ΟООΟ 様

平成 年 月 日
株式会社 ОΟОΟ
営業部 ΟООΟ 印
電話***-****-****

ОΟОお見積の件

拝啓/拝復 ΟΟの候、貴社におかれましては益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。
この度は、ОΟОのお見積依頼をいただきありがとうございました。
さて、本件お見積ですが、弊社にとりましても貴社とのお取引は(光栄/願ってもない/喜ばしい)ことに存じますが、 見積に際して貴社よりご提示のありました(金額/納期/支払い条件/仕様/条件)では、如何なる方法でも貴社のご要望にお応えできませず、今回はお見積をご辞退させていただきたく存じます。誠に申し訳ないことですが、 何とぞご容赦いただきますようお願い申し上げます。
また、何かのご機会に再度お見積依頼をいただけますよう重ねてお願いいたします。
甚だ略儀ではありますが、書面にてお見積もりご辞退のお詫びを申し上げます 。

敬具

カスタム検索

お断り文例と書き方

各種お断りの文例と書き方一覧と 断り状関連コンテンツです。
お断り
  類似文例の表示  ← (上のリストは抜粋です。他にも状況や宛名別に多数の断り状の文例があります。)

7月季節/時候の挨拶と季節の文例

7月時候の挨拶(詳しくは:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
梅雨が明けたと思うと、・・/今年の暑さはまた格別です・・/冷えた(ビール/スイカ)がひときわ美味しいこの頃・・
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
7月を感じる言葉
季節の語-海開き/ほおずき市/七夕祭り/盂蘭盆/夏休み
草木-朝顔/百日草/すいれん/はまゆり/夕顔/夏菊
 
暑中見舞い/残暑見舞いの時期について
小暑(2015/7/7)と大暑(2015/7/23)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、 一般的には、梅雨明けから立秋(2015/8/8)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。 なお、残暑見舞いは処暑(2015/8/23)までに送ります。
 
7月_季節の文例
1.役員就任_挨拶状
2.クールビズ時の服装
3.省エネの徹底-夏
4.採用内定通知
5.不採用通知書
6.採用試験_案内
7.入社承諾書
8.暑中見舞
9.社内販売回覧
10.お中元関連
11.贈答品_稟議書/起案書
12.夏期休業/休暇案内
ページの先頭へ戻る
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map