文例集HOME> ビジネス文書/ お礼状/ 送別会(ビジネス)のお礼状

送別会(ビジネス)_お礼状文例と書き方

送別会(ビジネス)_お礼状文例

送別会(ビジネス)_お礼状文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
ΟООΟ 様

(拝啓/謹啓)
ΟΟの候、(組織の代表する方宛ての場合)(貴社/貴社の皆様)におかれましては益々ご(隆昌/清栄/健勝)のこととお慶び申し上げます。
(個人宛ての場合)(○○/皆)様におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、過日は私の転勤に際しまして、盛大なる送別会を催していただき、心よりお礼申し上げます。
まったく土地勘のない私ではありましたが、皆様方の温かなご支援とご指導のお陰様をもちまして重責を勤めることができましたこと、忘れることなく心に銘じておく所存であります。
○月には、後任のΟΟ新支店長が着任いたしますが、新支店長にも皆様の変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康と貴社のご発展を祈念しまして、略儀ではありますが、書中をもってお礼とお願い申し上げます。

敬具

平成 年 月 日

株式会社 ΟООΟ
  (役職) ΟООΟ
〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ町100番1号
電話番号 000-000-000
FAX 番号 000-000-000

カスタム検索

お礼状文例と書き方

各種お礼状の文例と書き方一覧とお礼状関連コンテンツです。

お礼状文例一覧

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:挨拶と結びを参照]
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
暑中見舞い/残暑見舞いの時期について
小暑(2016/7/7)と大暑(2016/7/22)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、 一般的には、梅雨明けから立秋(2016/8/7)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。 なお、残暑見舞いは処暑(2016/8/23)までに送ります。