お見舞い お礼メール文例

お見舞い お礼メール一覧

ビジネスや日常で使用するお見舞いお礼メールのインデックスです。ProPortal文例集では、手紙やメール、ビジネス文書の文例を数多く無料/無登録で提供しています。 掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。
当サイトでは、同様の内容について手紙とメールまた宛先や状況毎に数種類の文例が存在する場合があります。 ご自身がお求めの文例を以下から探してご利用ください。

病気お見舞い お礼メール文例(ビジネス_軽微_取引先宛)


件名:(お見舞いお礼/弊社(会長/社長/専務)ОΟ(退院/全快)のご報告とお見舞いお礼)


株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
(平素は、大変お世話になっております/日頃より、格別のご(愛顧/支援)を賜り心よりお礼申し上げます/ΟΟ様には、益々ご(活躍/壮健/健勝)とのこと、何よりに存じます)。
 
この度は(当社/私ども)(会長/社長/専務)ОΟの(入院/病気療養/病気入院)に際しまして、(早々に/いち早く/わざわざ)(温かいお見舞い/お見舞いのお心遣い/励ましのお言葉)(いただき/賜り)、(深く感謝しております/恐縮いたしております/心よりお礼申し上げます)。
 
(幸いにして/幸い発見も早く/お陰様で)、(大事にはいたらず私どもも安堵いたしております/数日の入院で退院いたしましいた/今はもう元気になっております/今ではОΟもできるくらいに回復いたしました/今は自宅でゆっくり療養していております/今は快方に向かっております/日常生活には全く不便がなくなりました)ので、 (貴社/ΟΟ様)におかれましても、(どうか/どうぞ)(ご安心いただきます/ご心配なされません)ようお願い申し上げます。
 
なお、ご(不便/迷惑/心配)をおかけしましたが(来週には仕事に復帰できる運び/近日中に職場にも復帰すること)となりましたので、今後とも倍旧のご(厚誼/愛顧/厚情/支援)を賜りますようお願い申し上げます。
 
甚だ略儀ながら、(会長/社長/専務)ОΟになり代わりお礼かたがたご報告申し上げ(ました/た次第です)。
 
時節柄、(皆様方/ΟΟ様)におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。
 
*************************
      署名
*************************

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例は【ОΟ文例】、メールは【ОΟメール文例】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

怪我お見舞い お礼メール文例(ビジネス_軽微_同僚宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

交通事故お見舞い お礼メール文例(ビジネス_軽微_取引先担当宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

療養お見舞い お礼メール文例(ビジネス_近況報告_取引先担当宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

快気報告 お礼メール文例(ビジネス_軽微_同僚宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

台風お見舞い お礼メール文例(ビジネス_甚大_取引先宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

地震お見舞い お礼メール文例(ビジネス_軽微_取引先宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

風水害お見舞い お礼メール文例(ビジネス_甚大_取引先宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

火事お見舞い お礼メール文例(ビジネス_甚大_取引先宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

類焼お見舞い お礼メール文例(ビジネス_甚大_取引先宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

近火お見舞い お礼メール文例

▼クリックで表示/非表示切替▼

事故お見舞い お礼メール文例(ビジネス_甚大_取引先宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

盗難/犯罪被害お見舞い お礼メール文例(ビジネス_甚大_取引先宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

7月季節/時候の挨拶

【7月時候の挨拶】
梅雨が明けたと思うと、・・/今年の暑さはまた格別です・・/冷えた(ビール/スイカ)がひときわ美味しいこの頃・・
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
【季節の語】
梅雨明け/海開き/夕立/お中元/ほおずき市/七夕祭り/盂蘭盆/夏休み
【草木】
朝顔/百日草/すいれん/はまゆり/夕顔/夏菊
【行事/風物詩】
アメリカ独立記念日/土用の丑の日/冷やし中華/ビアガーデン
【暑中見舞い/残暑見舞いの時期】
小暑(2018/7/7)と大暑(2018/7/23)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、 一般的には、梅雨明けから立秋(2018/8/7)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。 なお、残暑見舞いは処暑(2017/8/23)までに送ります。
ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載について