念書 書式/文例

念書 書式と書き方

念書 書式

念書の書式/文例と書き方文例/例文と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

        殿
(差し入れる相手の名前、会社なら社名と役職も記載)

念 書

私は、以下の事項を確実に履行することをここにお約束いたします。
私は、以下の内容を遵守することを本書面をもってお約束いたします。
など

項目の書き方の注意
1)曖昧な表現を排除して書く。
2)期日や条件を明確にする。
3)場合分けして、どのような場合どうするか書く
4) 実行性のある内容とする。 5) 公序良俗に反しないこと。

以 上

平成Ο年Ο月Ο日 (必ず日付を記載する)

          住所 東京都ΟΟ区Ο番Ο号
          氏名           印
               (自署/捺印)

以 上

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

念書とは

念書とは、形式としては誓約書に近いもので、一方がもう一方に対して約束する内容を記載して差し出すものです。
 
 通常の契約書は、お互いが合意いた内容を互いに承認して同一内容の書面を2通作成して、お互いが署名(又は記名)捺印しますが、念書は、差し出す側の署名/捺印のみとなります。
 
 念書は、基本的にそれだけでは法的拘束力/強制力はありません。しかし、契約を交わしたということの証拠であり、契約である以上それを履行する義務は当然にあります。そもそも契約は口約束でも成立しますが、最終的に法的強制力を得るために裁判で争うことになれば、素直に相手が約束(契約)したことを認めるとはかぎりません、そんな時、念書は契約成立の有力な証拠となり、裁判を有利に進めることができます。
 
また、念書も契約の一種であることから、一般常識に照らして無謀/法外な内容は、公序良俗に反し、その部分は無効となます。例えば、1万円貸して1週間後までに返さなかったら100万円支払うなどは、法が定める金利を大きく上回っているので、法定金利分しか請求できないことになります。心理的圧力をかけるために書かせるのであれば、意味はあるのでしょうが、裁判では無効です。加えて、このような法外な内容は、脅迫されて書かされたと証言されて、念書の内容(契約)が取り消される虞があります。念書を書かせるうえでは、常識的な内容を心がけるが良いでしょう。
念書は、主に軽微な内容(金銭的に小額)、金銭に置き換え難い内容、正式な契約書又は法的強制力がある公正証書を作成するまでのつなぎ、に使用する程度にとどめるのが良いでしょう。

Posted: 2007 - Updated: 8/26/2007

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について