業務上の設備破損 始末書 文例/例文と書き方

業務上の設備破損 始末書 文例/例文と書き方{反省文/お詫び/記載事項/用紙/封筒/提出先}-文例,例文,書式/テンプレート等々は、コピー&ペーストしてご利用ください。 本サイトの文例と例文では、文章作成の手助けのために多くの書き換え語句と文章を入れています。自身の状況や心情に合った文章/語句を選択してご利用いただけます。

業務上の設備破損 始末書 文例

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ 殿

株式会社 ΟОΟО
(代表取締役社長)
 ΟООΟ 印

始末書

(О月О日/ΟΟ発注のОΟО工事において)、弊社(工事関係者により/がΟΟの作業をした際)ОΟのОΟを(破損してしまい/傷つけてしまい)、(皆様/多くの方々)に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。
この度ОΟの破損は、弊社作業員の(不注意/作業ミス/安全管理の不備/作業手順無視)が原因であり、(弊社/現場代理人たる私)の(責任の重大さを痛感しますとともに/安全管理の不徹底を/管理不行き届きを)(深く反省/猛省)いたしております。
 
この度にことは、(私/弊社)(の不徳の致すところで/に責任がることは明白で/管理不行き届きが原因で)ありますので、(損害に関する賠償も含め)相応の処分を受ける覚悟でおりますが、(弊社/私)の(反省/謝罪/反省と謝罪)の意をだけでもご賢察いただければ幸いに存じます。
または
弊社は、(今回の事故/本件)で失った(信用/信頼)を回復するべく、会社一丸となり残りの工事を安全に完成させつよう(努力/専心)してまいる所存でありますので、何卒今回に限りご寛容賜りますよう伏してお願い申し上げます。
 
この度の(事故/不始末)に関し、(改めて/本書をもって)深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

関連文例/例文一覧

業務上の公共設備破損 始末書 文例

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟ県ОΟ警察所長 殿

株式会社 ΟОΟО
(代表取締役社長)
 ΟООΟ 印

始末書

この度は、弊社社員(の不注意で/の不始末で/ΟΟが、ОΟを運搬途中)(ОΟの信号/ガードレール/道路)を(破損させ/傷つけてしまいました)こと、(会社の長/安全衛生管理者)として、心よりお詫び申し上げます。
今回の(事故/こと)は、弊社社員が(ОΟを走行するに際して、車両高制限を見落とした/坂道でスピードを出し過ぎてカーブを曲がりきれずガードレールに衝突/ユニックのアームを収納するのを忘れて走行したことが)が原因であり、(弁明の余地もなく/安全への配慮が欠けており/許されることはなく)、深く反省いたしております。
今後は、二度と同様の(不始末が発生させ/事故を起こさない)ないよう(社員の安全教育/全社員に安全運転を徹底させて/早急に対策を取りまとめ確実に実行して/再発防止策を徹底して)まいりますので、今回ばかりは(ご寛容賜り/お許しいたきき)ますようお願い申し上げます。
この度の(事故/不始末)に関し、(改めて/本書をもって)深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

破損等に関する始末書の書き方

破損等に関する始末書の基本記載事項と注意
1)宛先
基本的は社長宛であるが、事案が軽微であれば事業所の長/所属長の場合もある。
また、元請や客先等へ提出する場合は、指示した方例えば現場代理人や工場長宛とする。
2)日付
基本的に作成日とするが、提出期限が指定されている場合は提出日とする。
3)所属/氏名
4)表題
基本的に「始末書」とするが、上司の指示や会社の慣例に従う。
5)本文と構成
5-1 破損させた状況の説明(発生日/状況/対応/事後の影響)など事実に基づき正確に記述する。
5-2 影響を説明(損害額/客先の心証)など現状を正確に記述する。
5-3 破損させた原因と自身の非を明確にし、認める。
5-4 自身の非に対する謝罪。
5-5 再発防止へ誓約や今後の再発防止方法や心構え。
5-6 処罰の受け入れの表明又は、許しを請う文言。
5-7 再度謝罪の言葉で締める。

始末書の体裁

1.用紙
基本は、縦書き便せんですが、会社によってはワープロの横書きでもよい場合もり、会社の慣習に従う。
2.封筒と表書き
基本は、白無地の和封筒(縦長)に入れて提出するが、ワープロの場合、そのまま折らずに提出するのがよいでしょう。
封筒の表書きは、中央に「始末書」とだけ書く。
3.書き方
便せんでは、手書きとし、1行名の中央に「始末書」と書き、1行あけて文章を書く。
文末
上合わせで宛名「代表取締役社長 ОΟОО様」
改行して下合わせで自身の「所属/氏名 捺印」
上合わせで「日付」
ワープロの場合は、捺印を忘れないようする。
4.提出先
基本的に直属の上司経由で提出するが、直属の上司より高位の役職者から指示された場合、指示した方に持参して提出する。その際は、直属の上司に承認を得て提出するのがよいでしょう。

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項