管理不行届(労災事故) 始末書 文例/例文と書き方

管理不行届(労災事故)の始末書 文例/例文と書き方{反省文/お詫び/記載事項/用紙/封筒/提出先}-文例,例文,書式/テンプレート等々は、コピー&ペーストしてご利用ください。 本サイトの文例と例文では、文章作成の手助けのために多くの書き換え語句と文章を入れています。自身の状況や心情に合った文章/語句を選択してご利用いただけます。

管理不行届(労災事故/軽微)始末書 文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部 ΟООΟ 印

始末書

(去るО月О日О時頃/先日ご報告したとおり)、(私が現場代理人を務めるОΟ工事において作業員がΟΟの作業中に(怪我/ΟΟ)をする(事故/労働災害)が発生しました/ΟΟの従業員がΟΟ作業中に転倒して怪我する(事故/労働災害)/ΟΟ工場内で作業員がОΟする事故)が発生いたしました。
(幸い/何とか)(人命にかかわる(怪我/事故)ではありませんでしたが/(捻挫/打撲)程度の負傷ですみました)が、(一歩間違うと/状況によっては)(甚大な事故/労働災害)となるところであり、(現場代理人として/安全衛生管理者/(所/工場)長として/(職場/現場)の安全管理を責務を負う者として)(ご迷惑とご心配をおかけしましたこと/管理が行き届いおりませんでしたこと)、深く(お詫び申し上げます/反省しております)。
事故後、(直ちに/改めて)全(作業員/従業員/所員)に(安全管理/安全作業)の(再教育を実施/指導をを徹底)いたしましたが、(今後とも/二度とこのような事故が起きないよう)引き続き安全を第一に(作業/業務)するよう管理監督いたす所存でありますので、この度の管理不行き届きにつきまして何卒ご寛大な措置をいたさきますようお願い申し上げます。
この度の(作業事故/労働災害)につき本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

関連文例/例文一覧

管理不行届(労災事故)始末書 文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部 ΟООΟ 印

始末書

(去るО月О日О時頃/先日ご報告したとおり)、(私が現場代理人を務めるОΟ工事において作業員がΟΟの作業中に(骨折/怪我/ΟΟ)する(重大な事故/労働災害)が発生しました/私の管轄(エリア/地域)のОΟ店で従業員がΟΟ作業中に(転倒/落下)して(骨折/怪我)する(事故/労働災害)/ΟΟ工場内で作業員が機械に巻き込まれてОΟする事故)が発生いたしました。
この度の(事故/負傷事故/怪我)は、(ОΟ課/私が統括するОΟ部)ОΟ(の不注意/の作業ミス/(脚立作業でヘルメットを着用/ΟΟでОΟ)していなかったいう(初歩的作業心得ができてなかった/重大な規則違反があった)/ΟΟ)が原因ではありますが、(課長/現場(代理人/責任管理者)/工場長/安全衛生管理者)たる私(の責任もまた重大でありまして/の安全管理が徹底できたいなかったと言わざるを得ず/の安全管理の不行き届きが一因であり)、深く反省いたしておりんます。
この度にことは、(私の(安全管理管理者/現場代理人/工場長)としての管理の甘さもまた一因であった/(安全管理者/(工場/工事)長)としての重大な(職務怠慢/管理不行き届き)があった)ことを認め、相応の処分をお受ける覚悟でおります。
この度の(作業事故/労働災害)につき本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

管理不行届 始末書の書き方

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

令和Ο年Ο月Ο日
営業部 ΟООΟ 印

始末書

[事象の内容(何時誰が何をしたか)や影響を書く]
去る令和Ο年Ο月Ο日、営業部ОΟОがОΟО(事故、事件、不祥事、不始末)(を起こし/が発覚しまし)、ОΟОの事態となりました。
[その事象の原因や背景など顛末を書く]
この度のОΟО(事故、事件、不祥事、不始末)は、ОΟОΟが原因であることが調査により判明しております。
[その事象に対する自身の責任と自身の非を認め、反省を述べる]
しかしながら、このような事態を未然に防ぐ(回避)できなかったのは、管理者てある私の指導、監督が行届いていなかったこともまた一因であることは否めない事実であり、私の管理能力不足を痛感するし、深く反省いたしております。
[今後の対応や寛大な処分をお願いする]
なお、本件の後、直ちにΟΟの対策を講じ、二度とこのようなことの起おきないよう管理体制の強化整えてまいりますので、どうか寛大な処分をお願い申し上げます。
[再度、お詫びを述べる]
つきましては、本件でご心配とご迷惑をおかけしましたことを本書をもって、改めて深くお詫び申し上げる次第です 。

以 上

始末書の体裁

1.用紙
基本は、縦書き便せんですが、会社によってはワープロの横書きでもよい場合もり、会社の慣習に従う。
2.封筒と表書き
基本は、白無地の和封筒(縦長)に入れて提出するが、ワープロの場合、そのまま折らずに提出するのがよいでしょう。
封筒の表書きは、中央に「始末書」とだけ書く。
3.書き方
便せんでは、手書きとし、1行名の中央に「始末書」と書き、1行あけて文章を書く。
文末
上合わせで宛名「代表取締役社長 ОΟОО様」
改行して下合わせで自身の「所属/氏名 捺印」
上合わせで「日付」
ワープロの場合は、捺印を忘れないようする。
4.提出先
基本的に直属の上司経由で提出するが、直属の上司より高位の役職者から指示された場合、指示した方に持参して提出する。その際は、直属の上司に承認を得て提出するのがよいでしょう。

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項