子供の授業妨害 始末書の文例や例文と書き方

子供の授業妨害 始末書の文例や例文と書き方- 文例や例文/書式/テンプレートは、コピーしてそのままお使いいただけます。 当サイトの文例や例文は、文章を書く上で助けとなる書き換えの語や句、文章が入れられてます。 個々の状況、心情に合わせて文章、語句を選んで使用されてください。

子供の授業妨害 始末書文例(学校宛)

令和〇年〇月〇日

〇〇〇(小/中/高等)学校
校長 〇〇〇〇(殿/先生)

〇年〇組 〇〇〇〇
保護者  〇〇〇〇 印

始末書

この度、(子の名:〇〇)(が友人(〇名/等)ともに/が)(授業中に他の生徒と(悪ふざけをするなどして/大声で騒ぐなど)、/先生方からの再三の注意にも耳を貸さず、他の(児童/生徒)にご迷惑かけるなど/授業中に勝手に歩き回ったり、教室を出て行くなど)、(授業を妨害しているとのことで/授業妨害をいたし)、深くお詫び申し上げます。
本人は、(授業が理解できず、授業以外のことに興じてしまった/最初は授業を妨害するつもりはなかったようですが、次第にその行動がエスカレートしていった)と申していまいが、(そのこと/自分自身のないていること)が他の皆さんに迷惑をかけるのだという(ことすら理解できない/(分別/道徳意識)すら持ち合わせなかった)のは、(私ども/家庭で)の(教育/躾)に至らぬ点があったと痛感するばかりです。
つきましては、今後は保護者として(子の名:〇〇)が二度と(同様の/このような)ことをしないよう(厳しく指導/家庭での躾)をし、監督してまいる所存です。
(この度の不始末/息子〇〇の不始末)に関しまして、本人と連名で本書を提出いた(した次第です/します)。

以 上

関連文例/例文一覧

子供の授業妨害 始末書文例(学校宛)

令和〇年〇月〇日

〇〇〇(小/中/高等)学校
校長 〇〇〇〇(殿/先生)

〇年〇組 〇〇〇〇
保護者  〇〇〇〇 印

始末書

(見学旅行/社会見学/〇〇体験学習)において(子の名:〇〇)が(自分勝手な行動をとり/注意されたことを守らず〇〇をなし/悪ふざけが過ぎたことをなし)、(先生方や他の(児童/学生)の皆さんにも大変なご迷惑をおかけしてしまいまい/皆が楽しみにしていた〇〇の(授業/体験学習)を(混乱させてしまい/予定通り実施できない事態を招き)ました)たこと、深くお詫び申し上げます。
今回自分自身が(なした/なしている)ことは、(他人に迷惑をかけ/先生方をはじめクラスの皆さんの学ぶ機会を妨害し)(ている/た)ということを私どもからも(本人に(説明/話を)し、本人も(後悔し/それを理解して)、深く反省しています。
本人も今回のことを反省し、今後絶対に(人に迷惑をかけるようなこと/授業や学校での行事を妨害するようなこと)をしないと誓っておりますので、今回に限りましては寛大なご(処分/措置)を賜りますようお願い申し上げます。
(この度の不始末/息子〇〇の不始末)に関しまして、本人と連名で本書を提出いた(した次第です/します)。

以 上

学校宛 始末書 書き方

令和〇年〇月〇日

〇〇〇(中/高等)学校
校長 〇〇〇〇(殿/先生)

〇年〇組 〇〇〇〇
保護者  〇〇〇〇 印

始末書

【状況の説明/原因/理由/結果】
令和〇年〇月〇日〇時頃、(子の名:〇〇)が・・・を起こしました。(不始末の具体的な状況を説明する文章)
・・・・のため起こりました。(不始末が発生した原因を書く)
・・・・の結果となりました。(結果としてどうなったかを書く)
【本人の反省/同様のことをしない誓い】
このことは、(子の名:〇〇)の・・・・が原因であり、本人も深く反省し、今後二度と同様のことをしないと申しています。
【親の指導、監督不行届/再発防止の厳重注意と監督】
この度のことは、親として(指導/監督)が行き届いて為であり、反省しております。以後このようなことのないよう(厳しく指導/監督)いたします、(反省と再発防止の方法や心構えを書く)
【本人と保護者連名で本書を提出する旨を記載】
この度の不始末に関しまして本人と連名で本始末書をもちまして深くお詫び申し上る次第です。(お詫びの言葉を書く)

以 上

始末書の体裁

1.用紙
基本は、縦書き便せんですが、現代ではワープロの横書きでもよいでしょう。学校の慣習に従うとよい。
2.封筒と表書き
基本は、白無地の和封筒(縦長)に入れて提出するが、ワープロの場合、そのまま折らずに提出するのがよいでしょう。
封筒の表書きは、中央に「始末書」とだけ書く。
3.書き方
便せんでは、手書きとし、1行名の中央に「始末書」と書き、1行あけて文章を書く。
文末
上合わせで宛名「〇〇学校 校長 〇〇〇〇様」(場合によっては「〇〇〇〇校 校長 殿」)
上合わせで「日付」
ワープロの場合は、捺印を忘れないようする。
4.提出先
基本的に校長であるが、軽微の場合は(担任/学年主任)とすつ。提出は基本担任経由で提出するが、校長や教頭、生活指導担当から指示された場合、指示した方に持参して提出する。その際は、提出まえに担任に内容を確認していただくのがよいでしょう。

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項