文例集HOME> 挨拶状/ 挨拶状> 暑中見舞い

暑中見舞い(ビジネス用)の書き方

暑中見舞い(ビジネス用)の書き方

暑中見舞い(ビジネス用)の書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
1.暑中見舞いの挨拶
暑中見舞いの「暑中」とは、「小暑」と「大暑」の間をいいます。
よって、正式には「暑中見舞い」は2013年の場合、「小暑」(7/7),から「大暑」(7/23)に送る季節のご挨拶ではありますが、一般的には、「立秋」(8/7)までの間は「暑中見舞い」として送られます。
もし、気になるか方は、「大暑」〜「立秋」の期間に出す場合、「猛暑のおうかがいを申し上げます」とすると良いでしょう。
 
1)暑中見舞いの詞
暑中見舞い申し上げます
暑中お伺い申し上げます
盛夏お伺い申し上げます
猛暑のおうかがいを申し上げます
2)相手方への敬いの詞(省略も可)
貴社におかれましては、いよいよご隆昌のことと存じます。
貴店におかれましては益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。
ΟΟ先生におかれましては、ますますご壮健のことと存じます。
皆様におかれましては益々ご壮健のことなによりに存じます。
猛暑が続いておりますが、皆様にはますますご健勝のことと存じます。
貴社におかれましては益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。
○○様には、ますますご(健勝/壮健)のこととお慶び申し上げます。
○○様には、いよいよご(活躍/清祥)のこととお慶び申し上げます。
○○様には、ますますご(健勝/活躍)のこととお喜び申し上げます。
 
2.挨拶以降の文章
ビジネス用暑中見舞いではでは、挨拶の後に日頃の感謝、そして変わらないご愛顧/お引き立て/ご厚誼などのお願いする構成がとられます。
 
1)日頃の感謝の文例
平素は、毎々格別のお引き立てを賜わり感謝いたしております。
日頃より、格別のお引き立てを賜り、心より感謝いたしております。
日頃は、弊社製品の販売にご尽力いただき、深く感謝いたしております。
平素より、格別のご交誼を賜り厚くお礼申し上げます。
平素は、格別のご(配慮/厚情)をいただき心よりお礼申し上げます。
平素は、毎々のご用命を賜り厚くお礼申し上げます。
平素は、格別のお引き立てにあずかり厚くお礼申し上げます。 日頃は、一方ならぬご(厚情/高配)を賜り誠にありがとうございます。
平素は、一方ならぬご愛顧にあずかり心よりお礼申し上げます。
日頃は、何かとお世話になりましてありがたく存じます。
日頃は、何かとお心遣いをいただきありがとうございます。
日頃は、公私共にお世話になりましてありがとうございます。
平素は、公私共にご厚情を賜り厚くお礼申し上げます。
平素は、大変お世話になり心よりお礼申し上げます。
 
2)自社若しくは自身の近況(省略も可)
お陰様で弊社も恙無く社業に専心いたしております。
弊社としましても、今月発表した新製品「ОΟО」が好評で販売目標を上方修正いたしました。これも、皆様のご尽力のお陰と感謝しております。
弊社がこの厳しい環境にも順調に業績を上げておりますのも、ΟΟ(先生/様)のご(指導/支援/尽力)あってのことと、ありがたく感謝する次第です。
弊社が、順調な業績をあげられるのも、貴社のお陰と感謝いたしておる次第です。
暑さにも負けず、当店スタッフ一同、元気に皆様のお越しをお待ちしておりますので、是非足をお運びください。
 
3)今後ともご厚誼、ご支援等のお願いの文例
今後とも倍旧のご愛顧を賜わりたく、謹んでお願い申し上げる次第です。
今後とも倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
皆様の更なるご支援を賜れますよう、衷心よりお願い申し上げます。
今後とも、ご支援、ご鞭撻を賜わりたく謹んでお願い申し上げます。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます 。
これまで同様よろしくお願いいたします。
今後ともこれまで同様のご(交誼/厚情/指導)を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
今後とも一層の(ご愛顧/ご支援/お引き立て)を賜りますようお願い申し上げます。
今後とも(ご助言/ご指導)の程よろしくお願い申し上げます。
今後ともこれまで同様のご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
まだまだ未熟な私どもではありますが、今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。
新参者の私どもではありますが、今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。
 
4.お中元の送付の連絡やお礼、夏期休暇の連絡、セールのご案内等々用件(必要がある時に記載)
1)お中元の送り状
つきましては、日頃の感謝の気持ちお伝えしたく、粗品を別送でいたしました。お気に召していただければ幸いです。
2)夏期休暇連絡
なお、誠に勝手ながら○月○日から○日は夏期休暇となりますことを予めお知らせいたしておきます。
3)セール案内
また、今年も恒例の納涼バーゲンを○月○日から○日まで行いますので、是非とも足をお運びいただければ幸いです。
 
5.暑中見舞いの結び文章
結びは、会社の繁栄や発展、個人宛の場合、相手の健康や活躍を願うことばや相手を思いやることばで結ぶのが一般的です。
 
暑さ厳しき折ですが、皆様くれぐれもご自愛ください。
猛暑の折ですが、皆様におかれましてはくれぐれもご自愛ください。
暑さ厳しき折、皆様のご健康を心よりお祈りいたしております。
暑さ厳しき折、皆様がお元気にお過ごしになりますことを祈りいたします。
暑さ厳しき折、貴社の皆様のご健康とご発展をお祈り申し上げます。
暑さ厳しき折、貴社の(一層/益々)のご(発展/繁栄/隆盛)をお祈り申し上げます。
これからも、皆様のご躍進をひとえにお祈りいたしております。
ご多忙中とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。。
まずは、暑中のお見舞いを申し上げます。

Posted: 2013 - Updated: 6/28/2013

カスタム検索

暑中見舞い文例と書き方

各種暑中見舞いの文例と書き方一覧と 暑中見舞い関連コンテンツです。

10月季節/時候の挨拶

10月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
10月上旬 (仲秋/爽秋/清秋)の(候/みぎり)
10月中旬 (秋冷/秋麗/菊花)の(候/みぎり)
10月下旬 (秋霜/錦秋/紅葉)の(候/みぎり)