見積依頼 承諾メール 文例,例文,書き方

見積依頼 承諾メール 文例,例文,書き方-時候の挨拶文や文例/例文/書式,テンプレートはコピー&ペーストして利用いただけます。 その多くの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。

見積依頼 承諾メール 文例


件名:(お見積依頼承りました/お見積依頼ありがとうございます/見積依頼の件)


ООΟ(会社名)
(役職)ОΟΟΟ様
または
ОΟОΟ 様
 
私は、ОΟ株式会社のОΟと申します。
または
(日頃より、ご愛顧賜り感謝申し上げます/お世話になっております)。
ОΟ株式会社 (営業/ΟΟ)部ОΟです。
または
はじめまして、私は、株式会社ООΟ(営業部/ОΟ部)のОΟと申します。
 
この度は、ОΟのお見積依頼を頂戴しまして、誠にありがとうございます。
お見積りは、(本日中に作成しまして/О日迄に/明日)(メール添付でお送りいたします/郵送させいただきます)。
尚、(見積内容等/ご不明なことがありましたら)何なりと(メール/メール又は電話で私宛に)お問合せください。
まずは、お見積依頼のお礼まで申し上げます。
 
または
 
ОΟのお見積の件、(承知いたしました/確かに承りました)。
(本日中に/明日には)、(正式な見積書を郵送/メール)いたします。
取り急ぎ、お見積依頼、承りのご連絡まで。
 
または
 
ОΟのお見積依頼、ありが(ありがとうございます/たく存じます)。
この度、お見積(の件でお尋ねが/をするうえでお伺いしたいことが)あり、メールいたしました。
(実は、ОΟには/ΟΟは)、ОΟタイプとОΟタイプの2タイプがあります。
ОΟタイプ(定価0000円)は、・・・でОΟタイプ(定価0000円)は、・・・となっております。

 
(もし、よければ/できましたら)どちらのタイプをお望みかを(お伺い/ご連絡)いただければ(幸いです/ありがたく存じます)。
または
ご連絡をいただきましたら直ぐにお見積をいたしますので、よろしくお願い申し上げます。
または
お見積は、両方のタイプで作成させていただき(本日には/直ぐに)お送りいたしますので、ご検討いただければ幸いです。
尚、(見積内容等/ご不明なことがありましたら)何なりと(メール/メール又は電話で私宛に)お問合せください。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例/例文一覧

見積依頼(新規見積) 承諾メール 文例


件名:(ОΟのお引き合いありがとうございます/ΟΟのお見積依頼承りました/新規お見積依頼ありがとうございます/見積依頼の件)


ООΟ(会社名)
(役職)ОΟΟΟ様
または
ОΟОΟ 様
 
(はじめまして/私は/先程お電話をお受けしました)、ОΟ株式会社ОΟ部のОΟと申します。
または
(お問合せフォームを送信/見積依頼)をいただき、メールいたしました。
株式会社ООΟ(営業部/ОΟ部)のОΟと申します。
 
この度は、ОΟのお引き合い及びお見積のご依頼を頂戴しまして、心より感謝申し上げます。
ご依頼いただいたОΟのお見積の件、確かに承りました。
(本日中に(見積書を郵送いたします/メールにて見積書を添付いたしました)ので、(ご検討よろしくお願い申し上げます/ご検討いただき、ご用命を賜りますようお願いいたします。
 
または
 
さて、ОΟに関しまして(お引き合い/お問合せ/お見積のご依頼)をいだきありがとうございます。
お見積は、私の方で(本日/明日)(メール/郵送/FAX)させていただきます。
(お見積の内容等/何かご不明なことが)ありましたら(メールで/メール又は電話で私宛に)お問合せください。
取り急ぎ、新規お見積依頼のお礼まで申し上げます。
 
または
 
この度は、ОΟのお見積をご依頼いただき、(ありがとうございます/たく存じます)。
尚、弊社は地域毎に営業担当が決まっており、貴社がΟΟ地区であることからΟΟ支店の方でご対応をさせていただきます。既に支店へは私から連絡しておきましたので、今後は支店の担当へお問合せ等していただきますようお願いいたします。
取り急ぎ、お見積依頼承りのご連絡まで申し上げます。
 
または
 
早速でありますが、ご依頼いたさいたお見積(の件でお伝えしたいことがあり/のことで)、メールいたしました。
(勝手ながら/ご(迷惑/不便)をおかけしますが)、弊社は、各(地区/商品種別/ΟΟ)毎に(代理店/販売子会社)が営業を担当しております。
(今回、お見積を依頼されましたОΟは/貴社がΟΟ地区であることから)ОΟ社が営業窓口となります(ので、ご了解ください/こと、ご承知おきください)。
また、頂戴しておりますお見積のご依頼は、私の方でОΟ社の担当へ伝えておきましたので、(近日中に届くと思います/ご安心ください)。
取り急ぎ、新規お見積依頼のお礼と営業窓口のご案内まで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

見積依頼(再見積/見積変更) 承諾メール 文例


件名:(再お見積依頼承りました/見積内容変更承りました/(再見積/見積変更)依頼の件)


ООΟ(会社名)
(役職)ОΟΟΟ様
または
ОΟОΟ 様
 
(日頃より、ご愛顧賜り感謝申し上げます/お世話になっております)。
ОΟ株式会社 (営業/ΟΟ)部ОΟです。
 
(再見積/見積変更/仕様変更/見積訂正)の件、(承知いたしました/確かに承りました/(お電話の/メールのご指示/お打ち合わせ)とおりさせていただきます)。
(早速/本日中に/明日迄に)(変更/訂正/ΟΟを変えた内容で再見積を)(させていたさきます/して(正式な見積書を郵送/メール)いたします)。
取り急ぎ、(再見積/見積変更/仕様変更/見積訂正)件、お承りのご連絡まで申し上げます。
 
または
 
(さて/早速ではありますが/お電話で(もご連絡/ご説明)しましたが)、(О月О日付/FAXした/ご送付した)見積書(No.0000)に誤りがあり、訂正をさせていただきたく存じます。
ΟΟ様(にもご迷惑をかけて/の手を煩わせまして)しまい、(誠に申し訳ございません/ましたこと、お詫び申し上げます)。
つきましては、(早速/本日中に/明日迄に)(変更/訂正/ΟΟを変えた内容で再見積を)(添付/送付)させていただきますので、(ご確認の程よろしくお願いします/ご(査収/確認)ください)。
(なお/お手数ですが)、前の見積書は(破棄/私までご返送)いただけますようお願いいたします。
(まずは/取り急ぎ)、見積書誤記のお詫び再送付のご案内まで申し上げます。
 
または
 
ОΟのお見積依頼、ありが(ありがとうございます/たく存じます)。
私の説明が行き届かず、ΟΟ様(に二度手間をさ/の手を煩わ)せてしまい申し訳ありませんでした(ご指摘の/お電話でご説明した)(ОΟには/ΟΟは)、ОΟタイプ(定価0000円)とОΟタイプ(定価0000円)の2タイプがあります。
 
今回は、ОΟとのことですから先日提出したОΟタイプでは、ОΟができませんので、再度、ОΟタイプで(再見積をさせていただきます/に変更した見積を直ちに作成して、お送りします)。
または
今は、まだどちらのタイプにするか決まっていないとのことですから、お見積は、両方のタイプで作成させていただき(本日には/直ぐに)お送りいたしますので、ご検討いただければ幸いです。
尚、(見積内容等/ご不明なことがありましたた)何なりと(メール/メール又は電話で私宛に)お問合せください。
 
取り急ぎ、(再見積/見積変更/仕様変更/見積訂正)件、お承りのご連絡まで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項