定年再就職でお世話になったお礼メール 文例(上司宛)

就職 お世話になったお礼メール(定年再就職_元上司宛)


件名:(再就職のご報告とお礼/〇〇の〇〇です。)


〇〇〇 株式会社
〇〇(様/専務/部長)
 
〇〇の〇〇です。
 
〇〇(様/専務/部長)には、私の再就職件で大変お世話になりまして、心よりお礼申し上げます。
先般ご紹介いただいた〇〇社に再就職(することとなりました/できました)。
 
これも〇〇(様/専務/部長)お力添えあってのこと感謝しております。
このうえは、〇〇(様/専務/部長)のお口添えに恥じぬよう(〇〇社で養った経験を〇〇社の若い世代の技術者へ伝えて/これまでの経験を生かして精一杯勤めて)まいる所存でありますので、〇〇(様/専務/部長)には、今後ともご(厚情/交誼)のほどよろしくお願いいたします。
 
取り急ぎ、お礼とご報告まで申し上げます。
 
勤務先
 〇〇〇〇株式会社 〇〇(支店/部)
 〇〇事業部〇〇部〇〇課
 〒000-0000 〇〇県〇〇市〇〇町00番1号
 電話番号 000-000-0000 FAX番号 000-000-0000
 メールアドレス ******@*****.com
 
*************************
      署名
*************************

 

就職 お世話になったお礼メール(定年再就職_元上司宛)


件名:(再就職のご報告とお礼/〇〇の〇〇です。)


〇〇〇 株式会社
〇〇(様/専務/部長)
 
〇〇の〇〇です。
 
この度は、私の再就職で(ご尽力いただき/何かとお世話になり)、心よりお礼申し上げます。
お陰様で〇〇社に再就職が決まり(ました/、先日より勤務いたしております)。
 
(この齢/六十の半ば)ですからなかなか(条件の良いところがなかったのですが/再就職も難しところ)、〇〇(様/専務/部長)のお口添えで(何とか/やっと)再就職先が決まり安堵しまいた。
(これからは、自分の体力とも相談しながら病気をしない程度に頑張った勤めて/入社後は、今できる精一杯で頑張って)いきたいと思っております。
 
〇〇(様/専務/部長)には、今後ともご(厚誼/厚情)のほどよろしくお願いいたします。
 
取り急ぎ、お礼とご(報告/挨拶)まで申し上げます。
 
勤務先
 〇〇〇〇株式会社 〇〇(支店/部)
 〇〇事業部〇〇部〇〇課
 〒000-0000 〇〇県〇〇市〇〇町00番1号
 電話番号 000-000-0000 FAX番号 000-000-0000
 メールアドレス ******@*****.com
 
*************************
      署名
*************************

 
 
 
文例一覧policy運営者情報免責事項