古希/喜寿/傘寿 お祝いメール 文例(親宛)

古希/喜寿/傘寿 お祝いメール 文例(子供から親宛)


件名:(これからも元気でいてね/お(父/母)も(古希/喜寿/傘寿)ですね/(古希/喜寿/傘寿)祝いにプレゼントを送ります/〇〇です)


(お父さん/お母さん)
 
(お父さん/お母さん)も(古希/喜寿/傘寿)ですね。おめでとうございます。
または
(お父さん/お母さん)(は、まだまだ若いと思っていたけど/は、いつも元気で若いみえるからそうは思えないけど)、もう(古希/喜寿/傘寿)を祝う年になりましたね。本当におめでとう。
 
(これからは/もう(七十/七十七/八十)才にもなるんだから)これまで以上に身体に気を付けてくださいね。
または
(お父さん/お母さん)は、まだ(仕事/現役で/家事ともも一人で)頑張っているようだけど、これからは(あまり無理はしないで/少しは身体のこも考えて)くださいね。
または
(私/僕/誰か)が、近くにいれたらいいけど(お母さん一人/お父さんたちだけ)だから(何かと大変だとは/不自由もある/不便なこともあるとは)思うけど、(問題が/何か/分からないことが)あったら(遠慮しないで/いつでもかまわないから)電話してね。
または
そういえば、お(父/母)さん(血圧が高い/(腰/膝)が痛い/〇〇の具合がよくない)といってたから心配してたけど、大丈夫ですか。(少しでも具合が良くなかったら我慢しないで病院行ってね/(体調/調子)が良くないのなら言ってね)。
 
(普段はなかなか感謝の気持を伝えられないからせめてこんな時くらい何かしてあげたくて/本当は帰ってお祝いをしたところだけど、そももできないから)(〇〇のお祝い/〇〇の記念に〇〇)を送り(ました/ます)。遠慮なく受け取ってください。
または
先日〇〇に(行ったとき/行って)(お父さん/お母さん)(たち)(が好きな〇〇を買ってきたので/へのプレゼントに〇〇を買ったから)送ります。気に入ってもらえたら嬉しいです。
 
これからも、(身体に気を付けて/二人仲良く)(長生して/健康でいて)ください。
 
*************************
      署名
*************************

 

古希/喜寿/傘寿 お祝いメール 文例(子供から親宛)


件名:(これからも元気でいてね/お(父/母)も(古希/喜寿/傘寿)ですね/(古希/喜寿/傘寿)祝いにプレゼントを送ります/〇〇です)


(お父さん/お母さん)
 
(なかなかそちらへ帰れなくてごめんなさい/(僕/私)は元気にしていますから心配しないでね)。
 
ところで、(お父さん/お母さん)今年が(古希/喜寿/傘寿)のお祝いの年ですね。おめでとう。
 
(僕/私)も〇才となり年齢を重ねるなかにはいろいろなことがあって大変だと実感できるようになって(お父さん/お母さん)たちへ本当に感謝しないといかないなと思っています。
 
これからは(親孝行のひとつもしようと/親孝行の真似事でもしようかなと)思って、(人生の節目だから何か記念になるものをと考えて〇〇/(古希/喜寿/傘寿)を迎えるからお祝いの品/大したことはできないけどプレゼント)を送り(ます/ました)。気に入ってくらたら嬉しいよ。
または
(正月/お盆)帰省した時に(皆で/盛大に)お祝いをしたいと思ってるけど、まずはお祝いだけでもいいたくてメールしました。
 
お(父/母)さんも、(もう/元気といっても)(七十/七十七/八十)だから無理だけはしないでくださいね。
 
〇〇より
 
*************************
      署名
*************************

 
 
 
文例一覧policy運営組織/業務案内免責事項