闘病 ねぎらい状 文例/例文と書き方

闘病 ねぎらい状 文例/例文と書き方-文例,例文,書式,テンプレート等は、コピー&ペーストしてご利用ください。 本サイトの文例と例文では、文章を作成する手助けとなるよう多くの書き換え語句を入れています。自身の状況や心情に合った文章/語句を選択してご利用いただけます。

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_友達宛)

前略 (退院、本当におめでとう。心からお祝いするよ/退院したと聞いたよ。本当におめでとう/やっと退院したんだって、本当によかったね/かなり良くなったて聞いて、僕も嬉しいよ)。
(ОΟの入院生活/長い闘病生活/療養中/良くない状態からここまで回復に)は、(何かと/大変/いろいろ/人に云えない)(苦労が/辛いことも)あっただろうけど、(晴れて/無事に/全快とまではいかなくても)(退院/回復)できて、(僕/私/俺/僕たち)も(少しばかり/まずは/やっと)安心(したよ/できたよ)。
でも、(無事に退院したとはいえ/かなり良くなったといっても)、(当面は/暫らくは/これからまた/これからも)(療養/リハビリ/静養)が必要(とのことだ/だろう)から、(気持ちを強く持って/これまでの頑張りを忘れず/家族のためにも/治ると信じて)(病気跳ね返/こんな状態から早く抜け出/治療に専念/無理せず療養に専念)(してくれよ/してくださいね/してくれるようお願いするよ)。(陰ながら/何もしてはあげられないけど)、(僕/私/俺/僕たち)も(応援する/祈っとく)(よ/からね)。
(もう少し良くなったら/ΟΟには/時期をみて/医者の許し出たら/元気になったら)、(皆で快気祝いをしようと/挨拶がてら顔をみにいこうと/退院のお祝いかたがた様子をみにいこうと)思ってるから、また連絡するよ。それまでに体調を整えてくれな。
最後になったが、(ご家族の皆様/奥さん)も(看病でお疲れている/心労があった)だとうから、お大事にと伝えください。

草 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

関連文例/例文一覧

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_知人宛)

前略 (この度は、無事ご退院とのこと、心よりお慶び申し上げます/退院、本当におめでとうございます。まずはお祝いい申し上げます/ご退院されたとのお知らせをいただき、私も喜んでおります)。
(ОΟに及ぶ入院生活/長い闘病生活/療養中/重篤な状態からご回復されるに)は、(何かと/大変/人には云えない)(ご苦労が/お辛いことも)あった(のしょう/こととお察しておりました)が、(晴れて/無事に)ご退院されて、私も(少しばかり/まずは/取りあえずは)(安心/安堵)いたしましいた。
(しかしながら/とは申しましても/ですが/退院されたとはいえ/かなり回復されたとはいへども)、(当面は/暫らくは/これからまた/これからも)(療養/リハビリ/静養)が必要とのことですから、(お気持ちを強く持って/これまでの頑張りを忘れず/ご家族の献身的な看護に応えるよう)(病気跳ね返/この状況を克服/治療に専念/無理などなさらず療養に専念)(してください/してくださるようお願いします)。陰ながら、私もОΟ(さん/様)が一日も早く(ご回復/全快/快癒/完治)(するように/されるのを)(応援し/祈っておき)ます。
(近いうちに/ΟΟには/時期をみて)、(ご挨拶/退院のお祝い)がてらお伺いし(たく存じます/ようかと思っております)ので、その(際/頃/折)には、(お元気になられた/頑張られている)ΟΟさんの(姿/お顔)を(拝見できる/見れる)ものと(期待/確信)し(ており/とき)ます。
末筆ではありますが、ご家族の皆様にも(ご心労/看護のお疲れ)があるかと存じます。くれぐれもご自愛いただくようお伝えください。

草 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_親戚宛)

前略 (この度は、叔父様には無事ご退院とのこと、心よりお慶び申し上げます/退院、おめでとうございます。心からお祝いい申し上げます/叔父様退院とのこと、まずは、おめでとうございます。/叔母様、退院とのお知らせに私どもも喜んでいます)。
(ОΟに及ぶ入院生活/長い闘病生活/療養中/重篤な状態からご回復されるに)は、(何かと/大変/人は云えない)(ご苦労も/お辛いことも)あった(のしょうが、/こととお察しします。)(晴れて/無事に)ご退院して、私どもも(少しばかり/まずは/取りあえずは)(安心/安堵)いたしました。
(しかし/とは申しましても/ですが/退院されたとはいえ/かなり回復されたとはいへども)、(当面は/暫らくは/これからもまた/これからも)(療養/リハビリ/静養)が必要とのことですから、(お気持ちを強く持って/これまでの頑張りを忘れず/叔母様方の献身的な看護に応えるよう)(病気跳ね返/この状況を克服/治療に専念/無理はしないで静養に専念)(してください/してくださるようお願いします)。
(近いうちに/来週には/時期をみて)、(ご挨拶/退院のお祝い)がてらお元気になられた(叔父様/叔母様/ΟΟさん)の(姿/お顔)見にお伺いしたいと思ってますが、まずはご退院のお祝いまで申し上げます。
末筆ではありますが、(ご家族の皆様/叔母様/ΟΟさん)も(ご心労/看護のお疲れ)があることでようから、くれぐれもお大事にとお伝えください。

草 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_同僚宛)

前略 (退院、本当におめでとうございます/退院したとのお知らせに皆で喜んでいます/かなり良くなって退院もしたと聞ききした。本当におめでとうございます)。
(ОΟの入院生活/長い闘病生活/療養中/良くない状態から回復するまでに)は、(何かと/大変/いろいろ/人に云えない)(苦労が/辛いことも)あった(だろうけど/のでしょうが)、(晴れて/無事に)退院できて、(僕/私/私たち/会社の皆)も(少しだけ/まずは/やっと)安心(してます/できした)。
(でも/とはいっても/無事に退院したとはいえ/かなり良くなったといっても)、(当面は/暫らくは/これからまた/これからも)(療養/リハビリ/静養)が必要(とのことだ/だろう)から、(仕事のことは(心配/気に)しないで/気持ちを強く持って/これまでの頑張りを忘れず/家族のためにも/治ると信じて)(一日も早くここに戻ってきて/治療に専念/無理せず療養に専念)(してください/してくださいね/するように頼みます)。(僕/私/私たち)には何もしてはあげられませんが、陰ながら(応援して/祈って)(おきます/ます)。
(もう少し良くなったら/ΟΟには/時期をみて/元気になったら)、(皆で快気祝いをしようと/ご挨拶がてら顔をみにいこうと/退院のお祝いかたがた(ご)様子をみにいこうと)思ってますので、また連絡します。
(まずは/ともあれ)、(ご)退院(おめでとうございます/のお祝いまで)。

草 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_上司宛)▲

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_取引先担当宛)▲

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_取引先宛)▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項