闘病 ねぎらい状 文例と書き方

闘病 ねぎらい状 文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例又は例文には書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_知人宛)

前略 (この度は、無事ご退院とのこと、心よりお慶び申し上げます/退院、本当におめでとうございます。まずはお祝いい申し上げます/ご退院されたとのお知らせをいただき、私も喜んでおります)。
(ОΟに及ぶ入院生活/長い闘病生活/療養中/重篤な状態からご回復されるに)は、(何かと/大変/人には云えない)(ご苦労が/お辛いことも)あった(のしょう/こととお察しておりました)が、(晴れて/無事に)ご退院されて、私も(少しばかり/まずは/取りあえずは)(安心/安堵)いたしましいた。
(しかしながら/とは申しましても/ですが/退院されたとはいえ/かなり回復されたとはいへども)、(当面は/暫らくは/これからまた/これからも)(療養/リハビリ/静養)が必要とのことですから、(お気持ちを強く持って/これまでの頑張りを忘れず/ご家族の献身的な看護に応えるよう)(病気跳ね返/この状況を克服/治療に専念/無理などなさらず療養に専念)(してください/してくださるようお願いします)。陰ながら、私もОΟ(さん/様)が一日も早く(ご回復/全快/快癒/完治)(するように/されるのを)(応援し/祈っておき)ます。
(近いうちに/ΟΟには/時期をみて)、(ご挨拶/退院のお祝い)がてらお伺いし(たく存じます/ようかと思っております)ので、その(際/頃/折)には、(お元気になられた/頑張られている)ΟΟさんの(姿/お顔)を(拝見できる/見れる)ものと(期待/確信)し(ており/とき)ます。
末筆ではありますが、ご家族の皆様にも(ご心労/看護のお疲れ)があるかと存じます。くれぐれもご自愛いただくようお伝えください。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_友達宛) ▼

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_親戚宛) ▼

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_同僚宛) ▼

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_上司宛) ▼

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_取引先担当宛) ▼

闘病 ねぎらい状 文例(退院お祝い_取引先宛) ▼

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について