お見舞い状 文例/例文と書き方

ビジネスメールや手紙で書く お見舞い状 文例の総合インデックスです。当サイトでは、手紙やメール、ビジネス文書の文例を数多く無料/無登録で提供しています。 掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。

お見舞い状 病気 文例(親戚宛)

前略 (今日/昨日/先日)、ΟΟさんから(電話があって/連絡を受けて)(叔父様/叔母様/ΟΟおじさん/ΟΟさん/ΟΟ君)が(病気で/倒れられて)(入院し/病院に担ぎこまれ)たと聞きまして(耳を疑うほどに/たいへん)驚きました。
(幸い/一時は意識不明の重体だったようですが)、(大事には至らなかったとのことなので/手術は成功したとのことなので/命に別状がないとのことで)、(ひとまずは/とりあえずは)(一安心/安堵)いたしました。(その後の経過/今のお加減)はいかがでしょうか。
(お聞きしたところ/ΟΟさん)によると(突然の倒れた/以前から患っていたΟΟが急に悪化した/一時は意識不明にまでなった)とのことで、ご家族の皆さんもさぞやご心配されたことでしょうね。 (この上/今/この際)は、何はともあれ(ご養生/ご療養)に専念されてください。私達(も陰ながら/には何もできませんが)、(叔父様/叔母様/ΟΟおじさん/ΟΟさん/ΟΟ君)の一日も早い(ご回復/全快)を心からお祈りいたします。
(近い内に/容態が安定したら/いずれ)病院へもお伺いしようとは思っておりますが、まずはお手紙にてお見舞をい申し上げます 。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

お見舞い状 怪我 文例(親戚宛) ▼

お見舞い状 交通事故 文例(知人宛) ▼

お見舞い状 病気療養 文例(両親宛) ▼

ねぎらい状 闘病 文例(退院お祝い_知人宛) ▼

お見舞い状 火事 文例(甚大_親戚宛) ▼

お見舞い状 類焼 文例(甚大_取引先宛) ▼

お見舞い状 近火 文例(知人宛) ▼

お見舞い状 事故 文例(お見舞い送り状_取引先宛) ▼

お見舞い状 盗難被害 文例(取引先宛) ▼

お見舞い状 台風 文例(親戚宛) ▼

お見舞い状 水害 文例(お見舞い送り状_取引先宛) ▼

お見舞い状 地震 文例(知人宛) ▼

8月季節/時候の挨拶

【8月時候の挨拶】
8月上旬 (季夏/残暑/残夏/残炎)の(候/みぎり)
立秋とは名ばかりの暑さがつづいておりますが、・・
8月中旬 (避暑/新涼/納涼)の(候/みぎり)
まだまだ残暑が厳しいですが、・・
8月下旬 (暮夏/晩夏/秋暑/立秋/向秋)の(候/みぎり)
朝夕は少しばかりしのぎやすくなりましたが、・・
8月を感じる言葉
夏休み/海水浴/山の日/甲子園/里帰り/帰省/暑気払い/避暑/納涼/終戦記念日/夕立 【季節の語】
立秋/初秋/天の川/盆花/盆休/墓参/大文字/処暑/稲妻/芭蕉/稲の花/不知火/鳩吹く 【草木】
スイカ/ひまわり/蓮/朝顔/ゴーヤ/きゅうり/ピーマン
詳細は、8月時候の挨拶/季節の挨拶
【暑中見舞い/残暑見舞いの時期】
 小暑(7/7)と大暑(7/23)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、一般的には、梅雨明けから立秋(8/8)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。なお、残暑見舞いは処暑(8/23)までに送ります。
【お中元の時期】
 お中元はお盆の頃に贈るのが本来の意味でよいといえます。ここで注意したいのは、お盆は地域よって7月盆と8月盆で異なることです。一般的に7月盆の場合、7月初旬から15日まで、8月盆の場合は、8月初旬から15日までとなります。
文例一覧policy運営者情報免責事項