4月[上旬/中旬/下旬]_ 時候の挨拶/季節の挨拶文/手紙の書き出し

4月[上旬/中旬/下旬]_時候の挨拶/季節の挨拶文/手紙の書き出しと結びの文章 -4月を上旬、中旬、下旬及びカジュアル/フォーマル/ビジネス等に分けて時々の時候の挨拶/季節の挨拶文と手紙の締めくくりである結びの例文を多く掲載ていますので、心情や状況に応じた例文をコピー&ペーストして利用されてください。

季節の挨拶文のヒント(風物詩/季語/季節の動植物)

4月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

4月上旬 (花冷え/桜花/春爛漫)の(候/みぎり)
春陽麗和/桜花爛漫の好季節となりました。
4月中旬 (春粧/春陽/仲春)の(候/みぎり)
春まさにたけなわの今日このごろとなりました。
4月下旬 (春暖/春日/晩春)の(候/みぎり)
若草の緑がまぶしい季節を迎え、・・・

4月 ビジネスレター -改まった書き出し/挨拶文

謹啓 春爛漫のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。
拝啓 春陽の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 仲春の候、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

4月 ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 春爛漫のみぎり、いよいよご壮健の由、大慶に存じ上げます。
拝啓 春陽の候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 春陽の候、ΟΟ様におかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。

4月コロナ禍の時候の挨拶/挨拶文/書き出し/結び/締め文例

【コロナ禍での書き出し】
やっとコロナの第三波も落ち着いたかと思えば早くも第四波の兆しもあって油断は禁物ですね。ΟΟさん(も気をつけておられるのでしょうね/はいかがお過ごしでしょうか)。
こちらはコロナ感染確認は落ち着いて(きましたが、そちらはいかがでしょうか。/、安堵していますが、全国をみるとまだまだ終息にはほど遠く、何とか早く収束して欲しいと願うばかりです)。
ひところに比べるとコロナは落ち着いた感はありますが、私のように(家に高齢者がいます/持病があります)とまだまだ気を緩めることもできません。今はワクチ接種の案内を首を長くして待つ日々です。
(皆様/ΟΟ様)には、コロナによる影響をものともせず(お元気にされているとのこと/ご活躍のご様子)で何よりに存じます)。

4月コロナ禍のビジネスレター/フォーマルな書き出し

拝啓 春爛漫の候、貴社におかれましてはこのコロナ禍にあっても(力強く/この状況だからこそ/苦境にも負けず)、更に社業(を発展/に邁進)されておられることと存じます。
拝啓 仲春の候、貴社におかれましてもこの度に災禍に大変なご苦労をされておられれことと案じております。
拝啓 春暖の候、ΟΟ様におかれましては、この災禍にあってご苦労も多いかと拝察いたしております。
【コロナ禍での結び文例】
(感染の不安/ (コロナ/自粛)疲れ)があると存じますが、くれぐれも(お体ご大切にされて/ご自愛)ください。
コロナの影響でいろいろ大変だとは思いますが、もうしばらくです。皆で気を緩めず過ごしていきましょう。
このような状況ではありまますが、皆様には健やかにお過ごしになれますようお祈り(いたします/するばかりです。
ワクチン接種も始まったので、終息は時間も問題と信じてお互い今しばらくは我慢しましょう。
【コロナを題材としたやや長い挨拶文の例文】
コロナは第三波が落ち着いたかと思ったら第四波(の兆しもあって/の到来で)、なかなか気を休められませんね。多くの人がワクチンを接種すれば少しは安心できるのでしょうが、まだまだ感染者は毎日確認されているし、後しばらくは気が抜けない日々が続きそうですね。  (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・

4月[上旬/中旬/下旬]_カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文

4月上旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
桜の便りが次々に聞かれるこの折、皆様にはご機嫌いかがでしょうか、
正に春たけなわとなりました。お健やかにお暮しのことと存じます。
近所の桜も満開となりました。お元気にされているとのことで何よりです。
花便りが各地からとどくこのごろ、ΟΟさんはお花見にはお出かけになりましたか。
花吹雪が舞うこのごろ、皆様におかれましてはお変わりございませんか。
満開の桜が、ΟΟ君の新たな門出を祝福しているかのように感じられます。
入学シーズンとなり、そこ此処に初々しい新入生の姿をみかけるこのごろですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
年度始めで忙しくだれておられるのでしょうね。お元気ですか。
道の駅には春山菜が、たくさん並ぶよい季節となりました。
四月からはもう(高校/Ο年生)ですね。新学期が楽しみですね。
4月中旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
久しく会わないうちに桜も盛りを過ぎましたね。お元気ですか。
四月を迎え、何か新らしことはじめようかと思案して早半月も過ぎようとしてますが、お変わりありませんか。
早足に桜の季節も過ぎてつつじが美しく咲くころとなりましたが、皆様お変わりございませんか。
春(爛漫/も盛りを迎える季節)となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
春の日差しが心地よくなりましたが、皆様お変わりなくご壮健にてお暮らしのこと何よりに存じます。
春眠暁を覚えずと申しますが、ついついうたた寝してしまいます。
桜の季節もいつしか過ぎ葉桜の季節となりました。
すっかり春らしい温かい季節となりました。
うららかな春日和とありました。
吹く風も柔らかな季節となりました。
若葉の緑が目にも鮮やかなこのごろですが、
4月下旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
春風が心地よいこのごろ、お元気にされていることと存じます。
春らしくなったね。(私/僕)は(とても元気です/元気にしてます)。
春深く、木々の緑に心躍るこのごろ、いかがお過ごしでしょか。
うららかな春から初夏の気配も感じるこのごろ、皆様には健やかにお過ごしのご様子で何よりです。
木々もすっかり芽吹き、新緑の葉が茂る季節となりました。
花の盛りも過ぎて日中は少し汗ばむほどの季節となりました。
いつの間にか葉桜の季節となってしまいましたが、お元気にされてますか。
街路樹も(あなた/ΟΟさん)のように美しく輝く季節になりましたが、いかがお過ごしですか。
5月も間近ですが、もう新しい学校/職場/場所にも慣れましたか。
ゴールデンウイークも間近となりましたが、何か予定を立てましたか。

4月 手紙/ビジネスレターの締めくくり

4月 ビジネスレターの締めくくり
末筆ながら、貴社のますますのご発展を衷心より祈念しております。
末筆ながら、貴社の一層のご繁栄を心より申し上げます。
末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
春爛漫のみぎり、健やかに冬を迎えられますようお祈りいたします。
桜花のみぎり、ご家族のご健康をお祈りいたしております。
陽春の候、お風邪にはお気をつけてお過ごしください。
ΟΟ様の一層のご発展とご活躍をお祈りいたしております。
春日のみぎり、一層のご発展とご活躍をお祈りいたしております。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。
新たな場所で更なるご発展とご活躍をお祈りいたします。
新年度を迎えお忙しいとは存じましたが、健康にはぐれぐれもお気配りされてください。
時節柄、お身体ご自愛下さい。
4月 個人宛カジュアルな手紙の締めくくり
春爛漫のこのごろ、健やかなる日々をお過ごしください。
季節の変わり目なのでくれぐれもご自愛ください。
季節の変わり目でもあります。体調をくずされませんようお気をつけてでお過ごしください。
ΟΟ様には、春陽のもと穏やかなる日々をお過ごしください。
暖かい日もあれば、肌寒い日もある気まぐれな気候ですが、お身体には十分お気をつけくささい。
思わぬ花冷えにお風邪など召されませんようくれぐれもご自愛ください。
穏やかなる春をお迎えになりますようお祈り申し上げます。
春とはいえ思わぬ日手込みもあります。お風邪など召しませぬようお気を付けください。
風が快い季節となりましたので、外へお出かけになるのもよいですよ。
新学期からも元気で頑張ってください。
まだ新しい生活に慣れていないでしょうから健康にだけは気をつけて頑張ってください。
新たな環境の生活で無理などなさらないでください。
(これから/新たな場所で/新天地で)の活躍を祈っておきます。
また近いうちにお会いできますことを心待ちにしておきます。
今後とも暖かく見守ってください。
乱筆乱文失礼いたします。

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

4月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項