10月 時候の挨拶/挨拶文/書き出し/季語/コロナ禍 文例一覧

10月 時候の挨拶/挨拶文/書き出し/季語/コロナ禍 文例一覧- 10月上旬、中旬、下旬の/カジュアル,フォーマル,ビジネス,プライベート等 の時候の挨拶/季節の挨拶文/手紙の書き出し/コロナ禍の書き出しと結びの文例一覧 及び季語/季節の風物詩/歳時記等々挨拶文を書くためのヒントです。

時候の挨拶/季節の挨拶文の書き方

10月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

10月上旬 (仲秋/爽秋/清秋)の(候/みぎり)
秋晴れの心地よい季節となりましたが、・・
10月中旬 (秋冷/秋麗/菊花)の(候/みぎり)
日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、・・
10月下旬 (秋霜/錦秋/紅葉)の(候/みぎり)
朝夕はめっきり涼しく・・

10月 ビジネスレター -改まった書き出し/挨拶文

謹啓 仲秋のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。
拝啓 菊花の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 紅葉の候、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

10月 ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 仲秋のみぎり、いよいよご壮健の由、大慶に存じ上げます。
拝啓 菊花の候、〇〇様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 紅葉の候、〇〇様におかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。

10月コロナ禍の時候の挨拶/挨拶文/書き出し/結び/締め

【コロナ禍での書き出し】
澄み切った秋空が清々しい季節になって、できることなら思いっきりスポーツをしたり、コンサート、旅行にいきたいところですが、コロナ禍ではそうもいきませんね。
日増しに秋の深まりを感じるようになりましたが、今年はコロナがあるので、体調管理には本当に気をつかいま(す/ね)。(皆様/〇〇様)はいかがお過ごしでしょうか。
拝啓 爽秋の候、(皆様/〇〇様)には、コロナの影響をものともせず益々ご(健勝/活躍)のこととお喜び申し上げます/お元気にされているとのことで何よりに存じます)。
【コロナ禍のビジネスレター/フォーマルな書き出し】
拝啓 紅葉の候、貴社にはコロナ禍にあっても益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。
拝啓 菊花の候、貴社にはコロナ禍とはいえ、(この状況に負けず/苦境をチャンスに変えて)、(社業に邁進/新たなことにも取り組まれて)されているものと(拝察いたし/存じ)ます。
(拝啓/急啓) 貴社におかれましてもこの度に災禍に大変なご苦労をされておられれことと案じております。
(拝啓/急啓) 〇〇様におかれましては、この災禍にあってご苦労も多いかと拝察いたしております。
【コロナ禍での結び】
コロナのはまだ遠い状況でもありますので、くれぐれいも感染にお気をつけください。
ウイズコロナの中にも皆様が健やかにお過ごしになれますようお祈り(いたします/するばかりです。
コロナと共存する生活にも慣れてきて気も緩みがちですが、今一度気を引き締めてこの状況を乗り越えていきましょう。
私は持病もありますので、感染予防に細心の注意を払い過ごしておりますが、〇〇様にもくれぐれもお気をつけください。
(感染の不安が/新たな生活様式への戸惑いも)あると存じますが、くれぐれも(お体ご大切にされて/ご自愛)ください。
コロナの影響でいろいろ大変だとは思いますが、もうしばらくです。皆で気を緩めず過ごしていきましょう。
【コロナを題材としたやや長い挨拶文】
コロナが少し落ち着いて(観光地/街)の賑わいも少し戻ってきたたようなので、(思いきって/今しかないかなと/これまで自粛してたので、私も)GoToトラベルでどこか行こかなどと考え(てますが、〇〇さんはいかがでしょうか/るこの頃です)。

10月[上旬/中旬/下旬]_カジュアルな季節/時候の挨拶文

10月上旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
十月の声を聞いてこちらもやっと秋めいてきました。
澄んだ青空が秋を感じます。お元気そうで何よりです。
抜けるような青空のもと近くの小学校では運動会の練習がはじまりました。
秋晴れの心地よい季節となりましたが、〇〇様には(お健やかに/ご壮健にて)お暮しのことと存じます。
清々しい秋晴れがつづく日々、いかがお過ごしですか。
空は高く澄み渡り、さわやかな季節となりましたが、皆様におかれましては健やかにお過ごしのことと存じます。
空が澄みわたり、遠くの山々が近くに感じます。
収穫の秋と迎えて、毎日お忙しい過ごされておられることでようね。
行楽にスポーツ、読書と何をするにもよい季節です。皆様にはこの秋を満喫されてくささい。
中々会えないうちにもう季節は秋ですね。お元気ですか。
10月中旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
秋冷さわやかな季節となりました。
秋たけなわの候、皆様にはご息災にお過ごしと存じます。
秋の長雨も終わり、空はいっそう澄み渡っています。
菊薫季節となりました。お元気ですか。
秋の夜長、虫の音が心地よい季節となりましたが、お元気でいらっしゃいますか。
収穫の秋を迎えて美味しいものをついつい食べ過ぎてしまいます。
〇〇さんのことですからこの清々しい季節、部活や学業に頑張っているのでしょうね。
そちらの紅葉はいかがですでしょうか。こちらは、もう(盛りを迎えてい/後〇週間でもごろとなり)ます。
心地よい小春日和についついうたた寝してしまう陽気となりました。
どこからともなくきんもくせいの香りがただよう季節となりました。
庭の柿も食べごろとなりました。今年は豊作です。
10月下旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
街路樹の葉も日ごとに赤や黄色に彩りを増してますが、皆様もお変わりなくお過ごしですか。
ずいぶんと日が短くなりましたね。
こちらでは街路樹が少しずつ色づきはじめました。
日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、皆様お変わりありませんか。
秋の深まりましたが、紅葉見物にはもうお出かけになりましたか。私は先日〇〇へ行ってきました。
美しい夕焼けにしみじみと秋の風情を楽しむこのごろです。
朝夕はめっきり冷え込んできておりまますが、お変わりございませんか。
収穫も終わり一息とといったところでしょうか。(今年のできはいかがでしたか/お疲れ様でした)。
今年のハロウィンの仮装はもう決まりましたか。私は〇〇にするつもりです。
初霜の便りが聞かれるこのごろ、御地ではまだ大丈夫でしょうか。
初雪の便りすら聞かれる季節となりました。

10月 手紙/ビジネスレターの締めくくり

10月 ビジネスレターの締めくくり
末筆ながら、貴社のますますのご発展を衷心より祈念しております。
末筆ながら、貴社の一層のご繁栄を心より申し上げます。
末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
〇〇様の一層のご発展とご活躍をお祈りいたしております。
(収穫の秋を迎え/爽秋の季節)、社業が更にご繁栄されますよう心よりお祈り申し上げます。
菊花のみぎり、一層のご発展とご活躍をお祈りいたしております。
何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。
〇〇は何かと忙しいでしょうが、体にだけは気をつけて頑張ってください。
10月 個人宛カジュアルな手紙の締めくくり
過ごしやすい季節ではありますが、体調をくずさないようお気をつけください。
日増しに冷え込みが増す時節柄、くれぐれもご自愛ください。
昼夜の寒暖差がある時節柄、くれぐれもご自愛専一でお過ごしください。
朝夕は冷え込むようになりました。風邪などめしませんようお気をつけください。
これから朝夕冷えてまいりますので、体にはくれぐれもお気をつけください。
好季節となりました。実り豊かな秋をお過ごしください。
収穫の秋を迎えて、お忙しいでしょうが、どうかお体にはご留意ください。
澄み切った秋空のように、皆様のお気持ちが爽快でありますようお祈り申し上げます。
秋が深まりゆく季節ですが、くれぐれもご自愛ください。
これからもお元気にご活躍されますこととを心よりお祈りいたします。
清々しい好季節となりました。外へお出かけになるのもよいですよ。
我が家の菊が満開となってます。是非とも鑑賞にお越しください。
美味しい料理を囲みながらお話しができる日を心よりお待ちしております。
秋の夜長、酒を酌み交わすことを心待ちにしておます。
乱筆乱文失礼いたします。

10月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文

最近の個人的な出来事を題材とした挨拶文の例文
 いっきに秋めいてきましたね。先週、(旦那と/家族で)〇〇高原へ新そばを食べに行ってきました。風味があって美味しかったですよ。 さすがにまだ紅葉の時期には早かかったのですが、その途中にあった〇〇公園では、コスモスが一面に咲いてみごろを迎えていました。 (そちらはいかがでしょうか/お元気にされてますか/その後、いかがおすごしでしょうか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
相手との共通の趣味や思い出、出来事を題材にしたた挨拶文の例文
 今年も私の畑でも収穫の秋を迎えました。さつまいもは丸々とした大玉のものが多くとれました。 他にも里芋やかぼちゃも豊作です。〇〇さんの家庭菜園では暑さのせきで夏野菜があまりよくなかったとのことでしたが、 根菜類は、夏の強い日差しのおおかげでいいみたいですね。 (そちらは、いかがいかがでようか/お元気ですか/皆さんお元気にされていますでしょうか/その後、お変わりありませんか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
最近のニュースや出来事を題材とした挨拶文の例文
 (〇〇地方で/山ではで)早くも紅葉がはじまったとのニュースを聞いて、少しワクワクしています。 毎年、紅葉がみごろ迎えるころにリフレッシュのために知り合いを誘って温泉へいってるのですが、その時期がいよいよ近くなって、待ち遠しくてしかたがないこのごろです。 (〇〇さんは、どこかお出かけのご予定はありますか/お元気にされてますか/皆さんお元気にされてますか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
故事やことわざ、言い伝えなどを題材とした挨拶文の例文
 十月に入り、秋めいてきましたね。読書やスポーツの秋などといいますが、私はもっぱら食欲の秋です。 秋は美味しいものばかりで、つい食べ過ぎます。 「天高く馬肥ゆる秋」にならないように戒めるているこのごろです。 お元気にされてますか。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・

10月 歳時記【2021年版】

10月 上旬の歳時記
10/1 十五夜
10/1 衣替え
10/7-9 長崎くんち
10/8 寒露
二十四節気-晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露。本格的秋の始まる頃。
10月 中旬の歳時記
10/13 恵比寿講
10/11 (スポーツの日は2021年は7/23日に移動したため平日)
10/17 神嘗祭(かんなめさい)
10月 下旬の歳時記
10/20 秋土用入り
10/23 霜降
二十四節気-早朝に霜が降りはじめる頃。
10/27 読書週間(11/9まで)
10/29 十三夜
10/31 ハロウィン

10月を感じる言葉/行事/風習

衣替え
平安時代には、6月1日と10月1日に冬の袷(あわせ)と夏服の単衣(ひとえ)に替える習慣があり、それを衣替えとよびました。現代では、この日に学校や職場の制服が冬/夏服にかわるところがあるようです。
長崎おくんち
長崎市の諏訪神社の祭礼です。10月7日から3日間催されます。「龍踊(じゃおどり)」「鯨の潮吹き」など、奉納の踊がみどころです。「くんち」の名称は、旧暦の重陽の節句に由来します。
十三夜
十三夜は旧暦9月13日の少し欠けた月をみることです。栗や豆をお供えすることから「栗名月」、「豆名月」ともいいます。十五夜と十三夜の片方しかみないのは「片目月」といって縁起が悪いされています。
恵比寿講
神無月(旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされた恵比寿様を祀り、1年の無事を感謝し、五穀豊穣、大漁、商売繁盛を祈願する行事です。
体育の日
日本の国民の祝日のひとつです。「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨としています。元は10月10日で1964年の東京オリンピックの開会日にちなんで日が選ばれました。
神嘗祭(かんなめさい)
宮中祭祀のひとつで、五穀豊穣の感謝祭にあたり、宮中および伊勢神宮で儀式が行われます。その年の初穂を天照大御神に奉納する儀式が行われます。
読書週間
読書週間は、10月27日から11月9日までの2週間です。
ハロウィン
毎年10月31日に行われます。秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す行事でしたが、アメリカでは子供たちが仮装して家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがあります。近年日本でも仮装した若者をみかけるようになっりました。

10月の動植物/食べ物/自然

秋桜(コスモス)
秋に桃・白・赤色の花を咲かせます。景観植物としての利用例が多く、河原や休耕田、スキー場などに植えられたコスモスの花畑があります。
金木犀(キンモクセイ)
日本三大香木のひとつで、無数に小さいオレンジ色の花を咲かせます。その香りのよさから秋を代表する花といえるでしょう。

日本では観賞用として発展し、秋に全国各地で菊花展が開催されます。秋を代表する花といえます。菊の紋のうち、八重菊を図案化した十六八重表菊は、天皇および皇室を表す紋章でもあります。
ススキ
ススキは、尾花ともいい秋の七草のひとつです。また茅(かや)とよばれる植物の一種でもあります。日当たりのよい山野に生息しています。
新そば
新そばとは、秋に取れたばかりの蕎麦のことです。きれい緑色です。
新米
その年新しくとれた米のことで、9月から10月にかけて出回るようになります。
松茸
キノコの一種で、香りがよく、松茸ごはんやお吸い物など秋を代表する食材です。
ぶどう
秋を代表する果物です。各地で栽培されています。日本では、大粒の巨峰がもとも多く栽培されていますが、他もマスカット、藤稔、紫玉、紫苑、ピオーネなどたくさんの品種が栽培されています。
サツマイモ
サツマイモ(薩摩芋/さつまいも)は甘藷(かんしょ)ともよばれます。サツマイモは、「紅あずま」や「高系14号」などがホクホク系が主流うでしたが、昨今は「安納芋」や「紅はるか」に代表されるしっとり系の濃厚な甘さの芋など出回るようになり、好みで選べるようになってきました。

農村には、柿の木が植えられてることが多く、干し柿にして食べられていました。最近では、甘味の強い高価な品種も出回るようになりました。

鮭には多くの種類がありますが、それぞれ旬の時期が違います。一般的に日本で鮭というと「白鮭(シロサケ)」をさします。白鮭は9〜11月までの間に生まれた川に戻って産卵します。この白鮭を「秋鮭」「秋味」と呼び、この時期が旬となります。時鮭(時しらず)といわれる鮭は、間違えて春に戻ってきてしまった白鮭のよび名です。時鮭の旬は4〜7月、春から初夏になります。他の銀鮭は8〜10月、紅鮭は6〜8月が旬の時期です。
時雨
主に秋から冬にかけて、一時的に降ったり止んだりする雨のことです。時雨が降る天候に変わることを時雨れる(しぐれる)ともいいます。

10月の別名

神在月(かみありづき)/神去月(かみさりづき)/雷無月(かみなかりづき)/神無月(かんなづき)/建亥月(けんがいげつ)/小春(こはる)/時雨月(しぐれづき)/上冬(じょうとう)/大月(たいげつ)/初霜月(はつしもつき)

10月の俳句に用いる季語

赤い羽根/秋晴/秋高し/馬肥ゆる/秋風/鹿の角切/運動会/後の月/初紅葉/薄紅葉/松茸/新米/新酒/稲/豊年/渡り鳥/菊/稲刈/刈田/秋祭/秋寒/そぞろ寒/肌寒/夜寒/新蕎麦/銀杏/草虱/秋時雨/露霜/冬仕度/紅葉/紅葉狩/秋深し/行く秋/秋惜しむ/暮の秋/冬近し

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項