10月[上旬/中旬/下旬]_時候の挨拶/季節の挨拶文/コロナ時/書き出し/結び

10月[上旬/中旬/下旬]_時候の挨拶/季節の挨拶文/コロナ時/手紙の書き出し/結び -10月を上旬、中旬、下旬及びカジュアル/フォーマル/ビジネス等に分けて時々の時候の挨拶/季節の挨拶文と手紙の締めくくりである結びの例文を多く掲載ていますので、心情や状況に応じた例文をコピー&ペーストして利用されてください。

季節の挨拶文のヒント(風物詩/季語/季節の動植物)

10月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

10月上旬 (仲秋/爽秋/清秋)の(候/みぎり)
秋晴れの心地よい季節となりましたが、・・
10月中旬 (秋冷/秋麗/菊花)の(候/みぎり)
日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、・・
10月下旬 (秋霜/錦秋/紅葉)の(候/みぎり)
朝夕はめっきり涼しく・・

10月 ビジネスレター -改まった書き出し/挨拶文

謹啓 仲秋のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。
拝啓 菊花の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 紅葉の候、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

10月 ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 仲秋のみぎり、いよいよご壮健の由、大慶に存じ上げます。
拝啓 菊花の候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 紅葉の候、ΟΟ様におかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。

10月コロナ禍の時候の挨拶/挨拶文/書き出し/結び/締め文例

10月コロナ禍の書き出し/時候の挨拶文 文例/例文

澄み切った秋空が清々しい季節になって、できることなら思いっきりスポーツをしたり、コンサート、旅行にいきたいところですが、コロナ禍ではそうもいきませんね。
日増しに秋の深まりを感じるようになりましたが、今年はコロナがあるので、体調管理には本当に気をつかいま(す/ね)。(皆様/ΟΟ様)はいかがお過ごしでしょうか。
拝啓 爽秋の候、(皆様/ΟΟ様)には、コロナの影響をものともせず益々ご(健勝/活躍)のこととお喜び申し上げます/お元気にされているとのことで何よりに存じます)。

10月コロナ禍のビジネスレター/フォーマルな書き出し

拝啓 紅葉の候、貴社にはコロナ禍にあっても益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。
拝啓 菊花の候、貴社にはコロナ禍とはいえ、(この状況に負けず/苦境をチャンスに変えて)、(社業に邁進/新たなことにも取り組まれて)されているものと(拝察いたし/存じ)ます。
(拝啓/急啓) 貴社におかれましてもこの度に災禍に大変なご苦労をされておられれことと案じております。
(拝啓/急啓) ΟΟ様におかれましては、この災禍にあってご苦労も多いかと拝察いたしております。

9月コロナ禍での結び文例

コロナのはまだ遠い状況でもありますので、くれぐれいも感染にお気をつけください。
ウイズコロナの中にも皆様が健やかにお過ごしになれますようお祈り(いたします/するばかりです。
コロナと共存する生活にも慣れてきて気も緩みがちですが、今一度気を引き締めてこの状況を乗り越えていきましょう。
私は持病もありますので、感染予防に細心の注意を払い過ごしておりますが、ΟΟ様にもくれぐれもお気をつけください。
(感染の不安が/新たな生活様式への戸惑いも)あると存じますが、くれぐれも(お体ご大切にされて/ご自愛)ください。
コロナの影響でいろいろ大変だとは思いますが、もうしばらくです。皆で気を緩めず過ごしていきましょう。
【コロナを題材としたやや長い挨拶文の例文】
コロナが少し落ち着いて(観光地/街)の賑わいも少し戻ってきたたようなので、(思いきって/今しかないかなと/これまで自粛してたので、私も)GoToトラベルでどこか行こかなどと考え(てますが、ΟΟさんはいかがでしょうか/るこの頃です)。

10月[上旬/中旬/下旬]_カジュアルな季節/時候の挨拶文

10月上旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
十月の声を聞いてこちらもやっと秋めいてきました。
澄んだ青空が秋を感じます。お元気そうで何よりです。
抜けるような青空のもと近くの小学校では運動会の練習がはじまりました。
秋晴れの心地よい季節となりましたが、ΟΟ様には(お健やかに/ご壮健にて)お暮しのことと存じます。
清々しい秋晴れがつづく日々、いかがお過ごしですか。
空は高く澄み渡り、さわやかな季節となりましたが、皆様におかれましては健やかにお過ごしのことと存じます。
空が澄みわたり、遠くの山々が近くに感じます。
収穫の秋と迎えて、毎日お忙しい過ごされておられることでようね。
行楽にスポーツ、読書と何をするにもよい季節です。皆様にはこの秋を満喫されてくささい。
中々会えないうちにもう季節は秋ですね。お元気ですか。
10月中旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
秋冷さわやかな季節となりました。
秋たけなわの候、皆様にはご息災にお過ごしと存じます。
秋の長雨も終わり、空はいっそう澄み渡っています。
菊薫季節となりました。お元気ですか。
秋の夜長、虫の音が心地よい季節となりましたが、お元気でいらっしゃいますか。
収穫の秋を迎えて美味しいものをついつい食べ過ぎてしまいます。
ΟΟさんのことですからこの清々しい季節、部活や学業に頑張っているのでしょうね。
そちらの紅葉はいかがですでしょうか。こちらは、もう(盛りを迎えてい/後Ο週間でもごろとなり)ます。
心地よい小春日和についついうたた寝してしまう陽気となりました。
どこからともなくきんもくせいの香りがただよう季節となりました。
庭の柿も食べごろとなりました。今年は豊作です。
10月下旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
街路樹の葉も日ごとに赤や黄色に彩りを増してますが、皆様もお変わりなくお過ごしですか。
ずいぶんと日が短くなりましたね。
こちらでは街路樹が少しずつ色づきはじめました。
日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、皆様お変わりありませんか。
秋の深まりましたが、紅葉見物にはもうお出かけになりましたか。私は先日ΟΟへ行ってきました。
美しい夕焼けにしみじみと秋の風情を楽しむこのごろです。
朝夕はめっきり冷え込んできておりまますが、お変わりございませんか。
収穫も終わり一息とといったところでしょうか。(今年のできはいかがでしたか/お疲れ様でした)。
今年のハロウィンの仮装はもう決まりましたか。私はΟΟにするつもりです。
初霜の便りが聞かれるこのごろ、御地ではまだ大丈夫でしょうか。
初雪の便りすら聞かれる季節となりました。

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

10月 手紙/ビジネスレターの締めくくり▲

10月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項