11月[上旬/中旬/下旬]_ 時候の挨拶/季節の挨拶文/手紙の書き出し

11月[上旬/中旬/下旬]_時候の挨拶/季節の挨拶文/手紙の書き出しと結びの文章 -11月を上旬、中旬、下旬及びカジュアル/フォーマル/ビジネス等に分けて時々の時候の挨拶/季節の挨拶文と手紙の締めくくりである結びの例文を多く掲載ていますので、心情や状況に応じた例文をコピー&ペーストして利用されてください。

季節の挨拶文のヒント(風物詩/季語/季節の動植物)

11月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

11月上旬 (紅葉/小春日和/深秋)の(候/みぎり)
日に日に秋が深まる季節となりましたが、・・
11月中旬 (晩秋/暮秋/初霜)の(候/みぎり)
日増しに寒さが身にしみるようになりましたが、・・
11月下旬 (霜秋/向寒/初冬)の(候/みぎり)
冬はもうすぐそこまで来ているようですが、・・

11月 ビジネスレター -改まった書き出し/挨拶文

謹啓 深秋のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。
拝啓 晩秋の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 初冬の候、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

11月 ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 深秋のみぎり、いよいよご壮健の由、大慶に存じ上げます。
拝啓 晩秋の候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 初冬の候、ΟΟ様におかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。

11月コロナ禍の時候の挨拶/挨拶文/書き出し/結び/締め文例

【コロナ禍での書き出し】
日に日に秋が深まる季節となり、いつもなら(みんなとがやがや鍋でも囲みたくなりますが/赤提灯で日本酒におでんなんかいいですが)、”三密”の場所は、まだまだ気が引けます。
日増しに寒さが身にしみるようになりましたが、今年はインフルエンザだけでなく、コロナも心配なのので、体調管理には本当に気をつかいま(す/ね)。
拝啓 向寒の候、(皆様/ΟΟ様)には、コロナの影響をものともせず益々ご(健勝/活躍)のこととお喜び申し上げます/お元気にされているとのことで何よりに存じます)。

11月コロナ禍のビジネスレター/フォーマルな書き出し

拝啓 紅葉の候、貴社にはコロナ禍にあっても益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。
拝啓 深秋の候、貴社におかれましてはこのコロナ禍にあっても(力強く/この状況だからこそ/苦境にも負けず)、更に社業(を発展/に邁進)されておられることと存じます。
拝啓 暮秋の候、貴社におかれましてもこの度に災禍に大変なご苦労をされておられれことと案じております。
拝啓 霜秋の候、ΟΟ様におかれましては、この災禍にあってご苦労も多いかと拝察いたしております。
【コロナ禍での結び文例】
これからは、インフルエンザにも気を付けないといけませんから、より一層の感染予防とされてお過ごしください。
ウイズコロナの中にも皆様が健やかにお過ごしになれますようお祈り(いたします/するばかりです。
コロナと共存する生活にも少しばから慣れもでてきましたが、寒くなるこれからはインフルエンザもありますから今一度気を引き締めていきましょう。
【コロナを題材としたやや長い挨拶文の例文】
ここのところコロナの経済対策もあって(観光地/街)の賑わいが戻ってきたたようなので、私も(お得さに惹かれて/今しかないかなと)GoToΟΟでどこか行こうかと考え(ているところです/てますが、ΟΟさんはもうどこか行かれましたか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・

11月[上旬/中旬/下旬]_カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文

11月上旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
山々の木々が美しく華やかな季節になりましたが、いかがお過ごしですか。
日に日に秋が深まる季節となりましたが、お忙しい方ですから仕事に励まれていらっしゃることと存じます。
秋晴れの心地よい季節となりましたが、ΟΟ様には(お健やかに/ご壮健にて)お暮しのことと存じます。
清々しい秋晴れがつづく日々、いかがお過ごしですか。
心地よい小春日和についついうたた寝してしまう陽気となりました。
暦のうえでは立冬となり、めっきり日が暮れるのがはやくなりました。
街路の銀杏がすっかり色づき、街が華やかになりました。
澄みきった秋空のように聡明なあなたを思い、ペンを走らせております。
スポーツの秋、ΟΟさんはスポーツマンだから何かされているのでしょうね。
秋の夜長をあなたに会える日を一日千秋の思いで過しています。
11月中旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
朝夕はめっきり冷え込んできておりまますが、お変わりございませんか。
紅葉の艶やかなな季節、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。
日増しに寒さが加わってまいりました。皆様とも久しくお会しておりませんが、お元気でしょうか。
日増しに寒さが身にしみるようになりました。
いつの間にか吐く息が白くなるころとなり、温かい鍋が恋しい季節となりました。
銀杏の葉が散り、歩道は黄色一色です。もう秋も終わりですね。
街路樹が日に日に葉を落とし。木枯らしにその葉が舞う季節となりました。
久しく会わないうちに秋も終わりとなりましたね。お元気ですか。
いつしか陽だまりの恋しい季節となりました。
晩秋といえ、ここのところうららかな小春日和がつづいています。
ワイン好きとしては、今年のボジョレーの出来が気になる季節となりました。
11月下旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
そろそろこたつが恋しい季節となり、我が家でもストーブが活躍しはじめました。
北風に枯れ葉舞う季節、皆様にはお元気にお暮しのご様子で何よりです。
冷気がいよいよ強まり、ストーブの出番となりました。
遠くの山はもう薄く雪化粧をしました。冬支度をはじめようかと思うこのごろです。
ゆく秋のさびしさを感じるこのごろです。
葉が散ってしまった街路樹に冬の訪れを感じるこのごろです。
今朝、庭に初霜がおりました。もう間もなく冬ですね。
初霜の便りが聞かれるこのごろ、御地ではまだ大丈夫でしょうか。
北国からは初雪の便りが聞かれる季節となりました。
冬はもうすぐそこまで来ているようですね。お元気ですか。
寒くなってきたね。元気ですか。(私/僕)はとても元気にしてます。

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

11月 手紙/ビジネスレターの締めくくり▲

11月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項