8月(上旬/中旬/下旬) 時候の挨拶/季節の挨拶文/コロナ時/書き出し/結び

8月(上旬/中旬/下旬)時候の挨拶/季節の挨拶文/コロナ時/手紙の書き出し/結び -8月を上旬、中旬、下旬及びビジネス/フォーマル/カジュアルに分けて時々に合う時候の挨拶/季節の挨拶文と手紙の締めくくりである結びの例文を多数を掲載ていますので、状況や心情に応じた例文をコピー&ペーストして利用ください。

季節の挨拶文のヒント(風物詩/季語/季節の動植物)

8月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

8月上旬 (季夏/残暑/残夏/残炎)の(候/みぎり)
立秋とは名ばかりの暑さがつづいておりますが、・・
8月中旬 (避暑/新涼/納涼)の(候/みぎり)
まだまだ残暑が厳しいですが、・・
8月下旬 (暮夏/晩夏/秋暑/立秋/向秋)の(候/みぎり)
朝夕は少しばかりしのぎやすくなりましたが、・・

8月 ビジネスレター -改まった書き出し/挨拶文

謹啓 残暑のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。
拝啓 新涼の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 立秋の候、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

8月 ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 残暑のみぎり、いよいよご壮健の由、大慶に存じ上げます。
拝啓 新涼の候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 立秋の候、ΟΟ様におかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。

8月コロナ禍の時候の挨拶/挨拶文/書き出し/結び/締め文例

8月コロナ禍の書き出し/時候の挨拶文 文例/例文

長かった梅雨がやっと明けたら途端に猛烈な暑さとなり、コロナ対策のマスクや換気もしなくてはならず、今年の夏は例年以上に暑さが身にしみます。
拝啓 避暑の候、コロナが猛威を振るう中でのこの夏は何かと不自由を感じるものの身の安全は何物にも代えられないと言い聞かせ日々過ごしておりますが、(皆様/ΟΟ様)にはいかがお過ごしでしょうか。
拝啓 晩夏の候、(皆様/ΟΟ様)には、ウイズコロナもものともせず益々ご(健勝/活躍)のこととお喜び申し上げます/お元気にされているとのことで何よりに存じます)。
コロナの感染は日々拡大してますが、この状況でも何とか経済も回していかないといけないのですから、今は細心の感染予防を心がけて日々を過ごすしかないのでしょうね。 とはいえ、この暑さでマスクの着用や換気は本当につらいです。早くコロナが終息するよう祈るばかりです。

8月コロナ禍のビジネスレター/フォーマルな書き出し

拝啓 立秋の候、ΟΟ様にはコロナ禍にも一層ご活躍のこととお喜び申し上げます。
拝啓 残暑の候、貴社にはコロナ禍にあっても益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。
拝啓 秋暑の候、貴社におかれましては未曾有の災禍とはいえ、(会社一丸となって/一致団結して)この難局に立ち向かわれていることと存じます。
(拝啓/急啓) 貴社におかれましても大変なご苦労をされておられれことと案じております。
(拝啓/急啓) ΟΟ様におかれましては、この災禍にあってご苦労も多いかと拝察いたしております。

8月コロナ禍での結び文例

コロナが拡大しておりますので、くれぐれも感染されないよう注意されてお過ごしください。
皆様が健やかにお過ごしになれますようお祈り(いたします/するばかりです。
コロナと共存する生活様式は不便さも多々ありますが、お互い気をつけましょう。
【コロナを題材としたやや長い挨拶文の例文】
コロナと共存する生活様式は不便さも多々ありますが、お互い気をつけましょう。
コロナの勢いが増してきましたが、ΟΟ様におかれましてもどうかお気をつけてご過ごしください。
私は持病もありますので、感染予防に細心の注意を払い過ごしておりますが、ΟΟ様にもくれぐれもお気をつけください。
(感染の不安が/新たな生活様式への戸惑いも)あると存じますが、くれぐれも(お体ご大切にされて/ご自愛)ください。
コロナの影響でいろいろ大変だとは思いますが、もうしばらくです。皆で気を緩めず過ごしていきましょう。

8月(上旬/中旬/下旬)カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文

8月上旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
残暑お見舞い申し上げます。
御地は、記録的(猛暑/豪雨)にみまわれているとのこと、お見舞い申し上げます。
冷夏とのことで、例年より過ごしやすいですが、皆様お変わりありませんか。
今年は(空梅雨で/梅雨明けが早やく)、当地では水不足が心配されてますが、御地は大丈夫でしょうか。
立秋とは名ばかりの酷暑でありますが、いかがお過ごしでしょうか。
暑い日がつづいてますが、いかがお過ごしですか。
今年は特に残暑が厳しいようですが、お元気にお過ごしですか。
暦の上では立秋ですがまだまだ暑さが厳しいですね。
夏休みの予定は立てましたか。
今年のお盆休みは、(どこか旅行にいか/帰省さ)れるのでしょうか。
8月中旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
残暑のみぎり、健やかなる日々をお過ごしのことと存じます。
今日は夕立がありました。今夜は少し涼しく感じられます。
あれをゲリラ豪雨というのでしょうか、まさにバケツをひっくり返したような雨が降りました。
にわか雨に洗われて都会の景色が少し清々しく感じられます。
蒸し暑い日が続いてるけど夏バテなんかしてないか。(私/僕)はとても元気にしてます。
残暑厳しきの日々、ひたすら秋の訪れを待ちこがれております。
夏休みを楽しんでますか。
夏休みですね、もうどこかいきましたか。
先日、ΟΟ渓谷へ行ってきました。とても涼しくていい所でした。ΟΟ様も何処かいかれましたか。
庭のひままわりは、太陽に向かってすくすく背を伸ばし、いまでは2メートル越えです。
花もしおれるほどの暑さなのに夏草はなぜなれぼど勢いをますのでしょうか。
8月下旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
朝夕は少しばかりしのぎやすくなりましたが、いかがお過ごしですか。
地蔵祭りではしゃく子供らの元気な声に夏の終わりを感じます。
空の青さにいくぶん秋の気配が感じられます。
夏も終わりと申しながらまだまだ暑い日がつづいております。
虫の音に秋の気配を感じるこのごろです。
さすがに朝夕は暑さもやわらいだように思えます。
夏も終わりにさしかかりましたが、疲れは溜まっていませんか。
つくつくぼうしの鳴き声に夏の終わりを感じれる季節となりました。
久しく会わないうちに八月も終わろうとしてますが、皆さんお元気ですか。
夏も終わりがみえてきました。子供たちは夏休みの宿題に大忙しです。
八月も残すところわずかとなり、稲穂も心なしか色づきはじめているようにみえます。
もう半月もするとОΟの収穫がはじまるころですね。今年のできはいかがでしょうか。

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

8月 手紙/ビジネスレターの締めくくり▲

8月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項