時候の挨拶/季節の挨拶文/季語 8月(上旬/中旬/下旬) 書き出し/結び

時候の挨拶/季節の挨拶文/季語 8月(上旬/中旬/下旬)手紙の書き出し/結び -8月を上旬、中旬、下旬及びビジネス/フォーマル/カジュアルに分けて時々に合う時候の挨拶/季節の挨拶文と手紙の締めくくりである結びの例文を多数を掲載ていますので、状況や心情に応じた例文をコピー&ペーストして利用ください。
また、オリジナルで時候の挨拶/季節の挨拶文を書く場合に役に立つ8月の別名、季語、気候、草木、行事、風物詩などもまとめてありますので、参考にされてください。

8月(上旬/中旬/下旬) 時候の挨拶/季節の挨拶文-手紙の書き出し/結び

8月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

8月上旬 (季夏/残暑/残夏/残炎)の(候/みぎり)
立秋とは名ばかりの暑さがつづいておりますが、・・
8月中旬 (避暑/新涼/納涼)の(候/みぎり)
まだまだ残暑が厳しいですが、・・
8月下旬 (暮夏/晩夏/秋暑/立秋/向秋)の(候/みぎり)
朝夕は少しばかりしのぎやすくなりましたが、・・

8月 手紙の時候の挨拶文/書き出し 文例

ビジネスレター(会社宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 残暑のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。
拝啓 新涼の候、貴社ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 立秋の候、貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 残暑のみぎり、いよいよご壮健の由、大慶に存じ上げます。
拝啓 新涼の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 立秋の候、ますますご活躍のこととお喜び申し上げます。

時候の挨拶/季節の挨拶文-カジュアルな例文

8月上旬
残暑お見舞い申し上げます。
御地は、記録的(猛暑/豪雨)にみまわれているとのこと、お見舞い申し上げます。
冷夏とのことで、例年より過ごしやすいですが、皆様お変わりありませんか。
今年は(空梅雨で/梅雨明けが早やく)、当地では水不足が心配されてますが、御地は大丈夫でしょうか。
立秋とは名ばかりの酷暑でありますが、いかがお過ごしでしょうか。
暑い日がつづいてますが、いかがお過ごしですか。
今年は特に残暑が厳しいようですが、お元気にお過ごしですか。
暦の上では立秋ですがまだまだ暑さが厳しいですね。
夏休みの予定は立てましたか。
今年のお盆休みは、(どこか旅行にいか/帰省さ)れるのでしょうか。
8月中旬
残暑のみぎり、健やかなる日々をお過ごしのことと存じます。
今日は夕立がありました。今夜は少し涼しく感じられます。
あれをゲリラ豪雨というのでしょうか、まさにバケツをひっくり返したような雨が降りました。
にわか雨に洗われて都会の景色が少し清々しく感じられます。
蒸し暑い日が続いてるけど夏バテなんかしてないか。(私/僕)はとても元気にしてます。
残暑厳しきの日々、ひたすら秋の訪れを待ちこがれております。
夏休みを楽しんでますか。
夏休みですね、もうどこかいきましたか。
先日、ΟΟ渓谷へ行ってきました。とても涼しくていい所でした。ΟΟ様も何処かいかれましたか。
庭のひままわりは、太陽に向かってすくすく背を伸ばし、いまでは2メートル越えです。
花もしおれるほどの暑さなのに夏草はなぜなれぼど勢いをますのでしょうか。
8月下旬
朝夕は少しばかりしのぎやすくなりましたが、いかがお過ごしですか。
地蔵祭りではしゃく子供らの元気な声に夏の終わりを感じます。
空の青さにいくぶん秋の気配が感じられます。
夏も終わりと申しながらまだまだ暑い日がつづいております。
虫の音に秋の気配を感じるこのごろです。
さすがに朝夕は暑さもやわらいだように思えます。
夏も終わりにさしかかりましたが、疲れは溜まっていませんか。
つくつくぼうしの鳴き声に夏の終わりを感じれる季節となりました。
久しく会わないうちに八月も終わろうとしてますが、皆さんお元気ですか。
夏も終わりがみえてきました。子供たちは夏休みの宿題に大忙しです。
八月も残すところわずかとなり、稲穂も心なしか色づきはじめているようにみえます。
もう半月もするとОΟの収穫がはじまるころですね。今年のできはいかがでしょうか。

8月 手紙の締めくくり/結び(カジュアル/改まった)

[ビジネスレター締めくくり]
末筆ながら、貴社のますますのご発展を衷心より祈念しております。
末筆ながら、貴社の一層のご繁栄を心より申し上げます。
末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
ΟΟ様の一層のご発展とご活躍をお祈りいたしております。
社業が更にご発展されますよう心よりお祈り申し上げます。
稲穂がたわわに実るがごとく、社業がますますご発展されますようお祈り申し上げます。
何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。
ΟΟは何かと忙しいでしょうが、体にだけは気をつけて頑張ってください。
ΟΟ様の一層のご活躍をお祈りいたしております。
[個人宛カジュアルな手紙の締めくくり]
まずは、残暑のお見舞いまで申し上げます。
時節柄、お身体ご自愛下さい。
今しばらくは残暑がつづきそうです。体にはくれぐれもお気をつけください。
まだまだ暑さが厳しいようです。体調をくずされませんようお気をつけてでお過ごしください。
ひところよりは涼しくなったとはいえ、まだ暑い日もあります。くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。
残暑厳しき折、くれぐれも無理などされずお過ごしください。
昨今の暑さは昔とは違うみたいです。我慢せずクーラーを使ってくださいね。
この暑さだと室内でも熱中症の危険があるそうです。水分をこまめに取るようしてください。
夏の疲れがでるころです。無理しないでください。
(帰省した時に/近いうち)にお会いできますのを心待ちにしておきます。
(もう少し涼しくなったら/夏休みには)家でBBQをしようと思います。その時は来てください。
これからの季節、思いがけず朝方冷え込む日もあります。体調を崩されないようお気をつけください。
午前中は少し涼しくなりましたので、散歩がてらお出かけになるのもよいですよ。
(稲刈り/収穫期)を向かえる準備でお忙しいこととは存じましたが、筆を取らせていただきました。
まだまだ暑いけど、元気で頑張いきましょう。
今後の活躍を楽しみにしておきます。
頼りないぼくですが、どうか暖かく見守ってください。
これからもどうかよろしくお願いします。
乱筆乱文失礼いたします。

8月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文

最近の個人的な出来事を題材とした挨拶文の例文
 お盆休みに家族をつれて私の実家のあるООへ帰省しました。 元気そうな親の顔をみられて安心したし、 普段はあまり外で遊ばない子供たちが、昆虫採集にいったり、川遊びをしたりと 私がしていたのと同じことを楽しくしていたのが、なんとも嬉しかったです。 (ОΟさんは、最近ご実家へ帰省されましたか/皆さんお元気にされていますでしょうか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
相手との共通の趣味や思い出、出来事を題材にしたた挨拶文の例文
 この時期になると君と(高校/大学)最後の夏だから何か思い出をつくろうといって、ООへООをしに行ったのを思い出すよ。 暑い盛りだったね。あれからもうО年もたったというのに、なぜか思い出すんだよね。 (あの頃はよかったな/元気にしてうか/調子はどうだい)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
最近のニュースや出来事を題材とした挨拶文の例文
 今年はО万人がこの夏休みのに海外へ出国するというニュースをみました。 旅行好きの私としてもどこ海外へ行きたかったんですが、今年はどうしても長い休みがとれなくて断念しました。 来年は、絶対ООへいくぞ!と(心に決めて/今から計画をたてて/気持ちを奮い立たせて)頑張っています。 (ОΟさんは、夏休みはどうしますか/暑いけど元気にしてる/君は、休めそうですか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
故事やことわざ、言い伝えなどを題材とした挨拶文の例文
 この前、夏らしい真っ青な空に緑や赤に彩られた雲をみつけました。写真に撮って友達にみせたら、彩雲(さいうん)と、教えてくらました。 この雲はよいことがおこる前触れなだそうです。(まだなにもないけど、何かいいことおこるのを楽しみに過ごしてます/それを信じて、いつかいつかと待ってるこのごろです)。 (最近なにかいいことありましたか/皆さん元気にしてますか/お元気ですか)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・

8月の季語/別名/歳時記/行事-挨拶文作成の参考

 手紙の書き出し(時候の挨拶/季節の挨拶文)は、定型の慣用句を使うことでとこは足りますが、手紙の内容を読み手により印象に残させたいと望むなら読み手を引き付ける独自の書き出しを書くのが効果的です。 とはいえ、カジュアルな手紙ならともかく、目上の方への便りや改まった内容であれば、時候の挨拶に季節感は不可欠です。しかし、現代の生活では季節感を想起しづらいのもです。
 ここでは、歳時記や季節の行事、草花、動植物、旬の食べ物を紹介しますので自身で書き出しを考える参考にされてください。

8月 上旬の歳時記

8/1 八朔
八月朔日(ついたち)旧暦の8月1日のことで、早稲の穂が実るころとされ、「田の実の節句」ともよぶ。
8/2-7 青森ねぶた祭り
8/6-8 仙台七夕祭り
8/8 立秋
二十四節気-この日から暦の上では秋。
8/6 広島原爆の日

8月 中旬の歳時記

8/9-12 よさこい祭り
8/9 長崎原爆の日
8/11 山の日
8/15 終戦記念日
8/15 旧盆/月遅れ盆/盂蘭盆会
8/16 京都五山送り火

8月 下旬の歳時記

8/23 処暑
二十四節気-暑さがおさまる頃。
8/24 地蔵盆
8/26 吉田の火祭り

8月を感じる言葉/行事/風習

山の日
山の日は、2014年(平成26年)に制定され国民の祝日です。「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としています。
仙台七夕祭り
仙台七夕(せんだいたなばた)は、五節句の1つ「七夕」に因んで毎年行われている年中行事です。仙台七夕は月遅れの8月6日から8日の3日間にわたって行われます。
終戦記念日
昭和20年(1945)8月15日に日本は米英中3国によるポツダム宣言受諾を申し入れ、15日無条件降伏し、第二次世界大戦が終結しました。戦争の誤りと惨禍を反省、平和を誓うため、全国戦没者追悼式が行われていましたが、82年4月、戦争を知らない世代に戦争の経験と平和の意義を伝えるため、この日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることが閣議決定されました。
盂蘭盆会
旧暦の7月15日から16日は、祖先を供養する日です。 13日には、「迎え盆」で祖先を迎える棚やキュウリやナスで作った精霊馬を飾ります。16日は、「送り盆」で、祖先が迷わず戻れるように送り火を焚いて送り出します。
京都五山送り火
五山送り火(ござんのおくりび)は、8月16日に京都の如意ヶ嶽(大文字山)など京都を囲む五山で行われるかがり火のことです。「大文字の送り火」とよばれることがあります。京都の夏の終わりを告げる風物詩です。
地蔵盆
地蔵盆(じぞうぼん)は、地蔵菩薩の縁日ことです。厳密には毎月24日ですが、その中で特にお盆にも近い旧暦7月24日のものをいい、各地の地区でお地蔵さんを祀るお祭りが開催されます。
暑気払い
暑気払い(しょきばらい)とは、冷たい食べ物や体を冷やす食品などで体に溜まった熱気を取り除こうとすることです。「暑さをうち払う」という意味があります。

8月の動植物/食べ物/自然/季語

スイカ
スイカはつる性の瓜科植物なので、本来であれば野菜ですが、夏を象徴する果物といっても過言ではないでしょう。スイカは、赤肉種、黄肉腫、球形、長楕円形、表皮の模様などざまざまあります。
ヒマワリ
真夏を象徴する花。太陽に向かって伸びていく性質がります。原産は北米で栽培されているものはヒマワリ油を取るためです。
蓮(はす)
夏の終わり、夜明けに花を開く。開花を鑑賞することを「蓮見」という。(七十二候次候-はすはじめてひらく) 金魚
金魚は夏祭りの露店の定番金魚すくいでおなじみですが、原産は中国です。鑑賞魚として和金、琉金、出目金などの種類があります。
カブトムシ
夏休みの昆虫採集のお目当てとしてクワガタに並んで人気の虫。
秋のセミ
夏の終わりに鳴くセミを「秋告げ蝉」といいます。蜩(ヒグラシ)(七十二候の三十八候/立秋の次候-「寒蝉(ヒグラシ)なく」)やツクツクボウシがそれにあたります。
夕立
夏の午後、急に入道雲が現れ、雷をともないながら激しく降る雨。暑い日の夕刻、一瞬の涼風をもたらし、虹がみられることも多くあります。
鰯(イワシ)雲
正式には、巻積雲、鱗雲(ウロコ雲)です。夕暮れどき、小さな雲が群れをなし広く浮かんでいるようすが鰯の大群を思わせます。秋を訪れを告げる雲といえます。
暦/季節の行事/旬の食材/自然/動植物を使った定番の言い回し
ОΟを迎え、(いよいよ/やっと/早くも)・・
暦のうえではОΟと申しましましても・・
今年初めてОΟをОΟしました。
ОΟ(の声を聴きました/が咲いていました)。もうОΟですね。
ОΟを(食べると/みると/迎えると)ОΟの訪れを感じます。
ОΟが終わると(本格的な/いよいよ)ОΟを迎えます。
ОΟにОΟの訪れを感じるこのごろです。

暑中見舞い/残暑見舞いの時期

 小暑(7/7)と大暑(7/23)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、一般的には、梅雨明けから立秋(8/8)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。なお、残暑見舞いは処暑(8/23)までに送ります。

お中元の時期

 中元の起源は中国で、「三元」の風習があり、1月15日を初元、7月15日を中元、10月15日を下元としてお祝いします。その風習が日本に伝わり、親戚や取引先に仏様へのお供え物としてお中元を贈るようになりました。よって、お中元はお盆の頃に贈るのが本来の意味でよいといえます。
 ここで注意したいのは、お盆は地域よって7月盆と8月盆で異なります。また、習慣的にその時期が決まっている地域もあります。一般的に7月盆の場合、7月初旬から15日まで、8月盆の場合は、8月初旬から15日までとなります。
 なお、7月盆で7月15日より後に贈る場合は「暑中お見舞い」、目上の方宛は「暑中お伺い」。立秋(8/8頃)より後にあった場合は「残暑お見舞い」、「残暑お伺い」として贈るのがよいでしょう。

8月の別名

秋風月(あきかぜづき)/雁来月(かりきづき)/観月(かんげつ)/建酉月(けんゆうげつ)/木染月(こぞめつき)/壮月(そうげつ)/竹春(ちくしゅん)/仲秋(ちゅうしゅう)/月見月(つきみつき)/燕去月(つばめさりづき)/葉月(はづき)/紅染月(べにそめづき)

8月の俳句に用いる季語

原爆忌/立秋/初秋/天の川/盆花/盆休/中元/盆竈/墓参/終戦記念日/大文字/処暑/稲妻/芭蕉/稲の花/不知火/鳩吹く

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項