宛名の書き方

宛名の書き方--ここでは、封筒、社用封筒やハガキへの縦書/横書の宛名の書き方と宛名に付ける敬称について詳細に解説します。

和封筒宛名(縦書)の書き方

和封筒宛名(縦書)の書き方

 切手 100-1000

東京都令和区令和一の五十番
 令和マンション 一号

令和元男様

親展

和封筒宛名書きで注意すること

1.宛先住所は郵便番号欄から1cm下げ、右から1.5文字分あける。全体の1/3(郵便番号下4桁の欄が目安)のスペース内に収まるよう意識して、1行の文字数は15文字程度とし、2行目(地番やマンション名)を書くときは、1行目より若干小さい文字で書く。
また、「ОΟ方」と書くときは、行の最上部にくるよう改行して書く。
なお、住所が長くなる場合、都道府県を省いて書いてもよく、番地、部屋番等の数字は英数字でよい。
2.宛名は全体の中央に住所より大きい文字で、住所の書き出し文字の位置から1文字分下げて書く。
敬称は、手紙の後付けに書いたものと同じにし、連名の場合は各々に付ける、また、「様」の字が、住所の末尾より下にくるように配置するとバランスがよくなる。
[会社宛の場合]
営業部第二営業課
課長 令  和  元  男  様
1)全体の1/3のスペースに入るように書く。
2)[会社名と部署名]を一行目、二行目は[役職、名前、敬称]の順に書く。
3.表面のその他表記
脇付けや内容物の説明は、宛名より下の左下に朱書きします。
1.脇付けの意味
昔から定型郵便物の表面には5文字以内の文字を書いてよかったため、2文字で以下の意味をもたせ言葉を書く習慣があります。これを脇付けといいます。
「親展(しんてん)」-宛名人が開封してくださいの意
「重要」-内容が重要事項にかかわるので、慎重に扱ってくださいの意
「至急」-特に急を要する書類ですの意
「社用」-宛名人が不在/異動でも当該業務の担当者宛の意
2.内容物の説明
脇付け以外には、定型郵便物の表面には内容物の説明を記載できます。
それに用いるのが、「・・・在中」です。脇付けと違い文字数制限はありあせんが、「在中」は必須です。
例えば「写真在中」「申し込み用紙在中」など朱書きして注意喚起の意味をもつ。
2.速達の表示は、縦長の郵便物/ゆうメールなら表面の右上部に、横長の郵便物/荷物なら右側部に、赤い線(太マジック5〜6mm程度)を表示する。速達に相当する郵便切手を貼ればそのままポストに投函してよい。
4.切手の貼り方
切手は真っすぐに貼る。儀礼的な格式高い場合は料金に相当する1枚を貼る。他の場は多数にならない範囲なら問題ない。

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

洋封筒宛名(縦書/横書)の書き方 ▼

社用封筒の印刷/書き方 ▼

ハガキ宛名の書き方 ▼

宛名の敬称の書き方 ▼

手紙/ハガキ/宛名/封筒/ビジネスレターの書き方 目次

文例一覧policy運営者情報免責事項文例の転載について