季節の挨拶文の書き方

季節の挨拶文の書き方-日本は四季折々の自然の装いや行事があり、古来より季節感を大切にしてきました。 ここでは、季節の様子をよく表しおり、手紙の時候の挨拶に使われる二十四節気や雑節、五節句、旧暦と新暦の違いと時候の挨拶で書き出す理由についても考察します。

時候の挨拶/季節の挨拶文/手紙の書き方

季節の挨拶文のヒント

 日本は四季折々の自然の装いや行事があり、古来より季節感を大切にしてきました。 ここでは、移ろいゆく季節の様子をよく表しおり、手紙の時候の挨拶に使われる二十四節気や雑節、五節句について解説します。

旧暦と新暦

 暦には、太陽の運行をもとにした「太陽暦」、月の満ち欠けをもとにした「太陰暦」、太陽と月の両方を取り入れた「太陰太陽暦」があります。日本は、太陽暦(グレゴリオ暦)です。
 日本は、明治6年(1873年)に太陽暦が採用しました。それ以前は長らく太陰太陽暦を使っていたため、新しく採用された暦を「新暦」、古い暦を「旧暦」とよぶようになりました。
 旧暦から新暦への移動により、旧暦の明治5年12月3日が新暦の明治6年1月1日になりました。このため、新暦では約1カ月季節が早くなり、ズレが生じるようになりました。そこで、30日遅れで行事をしたり、旧暦の日付で考えたりしました。

二十四節気と七十二候

 二十四節気(にじゅうしせっき)は、春分の日と秋分の日を各々十二等分(一節気は15日)したのもです。
さらに一節気は15日を5日ずつに3等分したものが七十二候(こう)です。二十四節気は、太陽の運行をもとにしているため、毎年同じ時期に同じ節気が巡ってきますし、前述の新暦と旧暦ズレにも関係しません。そのため、現代でも移ろいゆく季節の様子をよく表しおり、手紙の時候の挨拶に使われるのです。
 
2/4頃 立春
二十四節気-この日から暦の上では春。
2/19頃 雨水
二十四節気-雪から雨へと変わり、降り積もった雪も溶けだす頃。
3/6頃 啓蟄(けいちつ)
二十四節気-大地が温まって冬ごもりから目覚めた虫が、穴から顔を出す頃。
3/21頃 春分の日
二十四節気-昼夜の長さが同じになる日で、この日を境に陽が長くなる。
4/4頃 清明
二十四節気-清明は「清浄明潔」の略で、万物がけがれなく清らかで生き生きしている頃。
4/19頃 穀雨
二十四節気-百の穀物を潤す暖かい雨が降って芽が伸びてくる頃。
5/5頃 立夏
二十四節気-春が極まり夏の気配が立ち始める日とさあれています。
5/2頃0 小満
二十四節気-草木が次第に成長して、一定の大きさに達し、麦畑は緑黄色に色付き始める頃です。
6/5頃 芒種(ぼうしゅ)
二十四節気-梅雨に入るころで、田植えがはじまります。米農家はこの時期に代かきや苗床、田植えなどと忙しく、農繁期を迎えます。
6/21頃 夏至
二十四節気-北半球では1年で昼間の時間が最も長い日です。暦のうえでは、本格的な夏になります。
7/7頃 小暑
二十四節気-暑さがどんどん強くなっていくころとされています。
7/23頃 大暑
二十四節気-夏の暑さが本格的になる頃です。)
8/7頃 立秋
二十四節気-この日から暦の上では秋。
8/23頃 処暑
二十四節気-暑さがおさまる頃。
9/7頃 白露(はくろ)
二十四節気-秋が深まり、草花に朝露がつきはじめる頃。
9/22頃 秋分/秋分の日
二十四節気-昼夜の長さが同じになる日で、この日を境に日が短くなります。
10/8頃 寒露
二十四節気-晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露。本格的秋の始まる頃。
10/23頃 霜降
二十四節気-早朝に霜が降りはじめる頃。
11/8頃 立冬
二十四節気-この日から立春の前日までが暦の上では冬。
11/22頃 小雪
二十四節気-木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃。
12/7頃 大雪
二十四節気-山の峰々は雪をかぶり、平地にも雪が降る頃。
12/22頃 冬至
二十四節気-太陽が最も低い位置にあり、1年で最も夜が長く、昼が短い日。
1/6頃 小寒
二十四節気-池や川の氷も厚みを増し、寒さが厳しくなる頃。
1/20頃 大寒
二十四節気-冷え込みが強く、寒さが最も厳しい頃。

雑節とは

 雑節(ざっせつ)とは、二十四節気/五節句などのほかに季節の移り変りをあらわず日のことで、 節分/彼岸/社日/八十八夜/入梅/半夏生/土用/二百十日/二百二十日の九日あります。これに、初午/上元、中元、下元/大祓を加える場合もあります。

五節句とは

 節句(せっく)は、中国に由来して日本に定着した伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日で、宮中では祝宴が催され節句料理が作られました。現在残る五節句は江戸時代に幕府が公的な行事として祝日に定めたものです。

季節の挨拶文で書き出す理由の考察

 現代において手紙を時候の挨拶からはじめる理由は、いくつかの文献を調べてもわかりませんでした。
 しかし、平安時代には、貴族が和歌をおくるときにそ季節またはその歌に合った木や花の枝を折り(そのことを「折枝(おりえだ)」といいます)、その歌に添えておくるのが作法とされていたとの記述がありました。このような礼法から古来において手紙と季節は深く結びついていたたことがうかがえます。
 現代において手紙を時候の挨拶ではじめるのは、季節感を大切にする日本人として「折枝」にかえて、今できる作法と捉えることもできると考えます。
 また、日本では古来(古今集の頃)より人間関係が「季節」に関する共感を媒介として成り立っていたとため、手紙においても、時候の挨拶からはじめる習俗がいつのまにか始まり、 「拝啓」(あいさつ)、「・・候」(時候の挨拶)そして、時候の挨拶で締める(・・折からご自愛ください)と書くのが皆に支持され、徐々に知られるようになると、 この型に当てはめると、あれこれ考えなくても簡単に手紙が書ける利点があったため、皆が踏襲して今日に至るまで残ったのではないかという主張があります。
いずれにせよ。時候の挨拶を最初に書くことは、
1.必ずしもそうしないといけない決まりごとではない
2.日本人の季節感を大切する民族性に根差した習俗と関係している。
3.相当昔から習慣となっている。
といえそうです。
【参考文献】
小松茂美著 1976年 [手紙の歴史] 岩波書店
安田武著 1978年 [手紙の書き方] 講談社

季節の挨拶文のヒント(風物詩/季語/季節の動植物)

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項