手紙の書き方

手紙の書き方-ここでは手紙の基本構成をもとに手紙の書き出し(前文)から、主文、終わり(末文)、後付け/副文までの書き方と手紙を書くとき心がけるすべきこととを詳細に説明します。 また、語句や慣用句を流れに沿って列挙してありますので、語句の選択に迷ったときの参考にされてください。

手紙の構成と基本ルール

手紙の基本構成

手紙は、形式に即して書くことが求められます。特に儀礼的で改まった手紙でその形式が重んじられます。
ここでは、手紙の基本構成についての説明と注意すべきことを述べます。

前文-主文-末文-後付け

手紙の構成は、前文-主文-末文-後付けの4パートでなります。以下は横書きの例です。

ΟООΟ 様

【前 文】
謹啓 新春のみぎり、ОΟ様におかれましてはいよいよご壮健の由、大慶の至りと存じます。
 ・・・・ 
【主 文】
さて、・・・・・
 
【末 文】
今後とも倍旧のご高配を賜りますようお願い申し上げます。
略儀ながら書中にてご挨拶まで申し上げます。

敬 具

【後付け】

令和Ο年Ο月Ο日 (2)

ΟООΟ

- ▲ [クリック-表示/非表示] -

頭語/結語の書き方 ▲

前文の書き方▲

主文の書き方▲

末文の書き方▲

後付けと副文の書き方▲

手紙を書くとき心がけるすべきこと▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項