7月[上旬/中旬/下旬]_ 時候の挨拶/季節の挨拶文/コロナ時/書き出し/結び

7月[上旬/中旬/下旬]_時候の挨拶/季節の挨拶文/コロナ時/手紙の書き出し/結び -7月を上旬、中旬、下旬及びカジュアル/フォーマル/ビジネス等に分けて時々の時候の挨拶/季節の挨拶文と手紙の締めくくりである結びの例文を多く掲載ていますので、心情や状況に応じた例文をコピー&ペーストして利用されてください。

季節の挨拶文のヒント(風物詩/季語/季節の動植物)

7月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

7月上旬 (梅雨明け/向暑/仲夏)の(候/みぎり)
梅雨が明けも間近、木々の葉が生い茂る季節となりました。
7月中旬 (盛夏/極暑/大暑)の(候/みぎり)
冷えた(ビール/スイカ)がひときわ美味しいこのごろ、
7月下旬 (灼熱/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
今年の暑さはまた格別ですが、

7月 ビジネスレター -改まった書き出し/挨拶文

謹啓 向暑のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由、大慶の至りと存じます。
拝啓 盛夏の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 大暑の候、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

7月 ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 向暑のみぎり、いよいよご壮健の由、大慶に存じ上げます。
拝啓 盛夏の候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 大暑の候、ΟΟ様におかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。

7月コロナ禍の時候の挨拶/挨拶文/書き出し/結び/締め文例

7月コロナ禍の書き出し/時候の挨拶文 文例/例文

早くも梅雨も明ける季節となりましたが、本格的な暑さの中(で如何にして3密避けるか試行錯誤しながら過ごしております/換気もにも気を使わざるを得ず、悩ましいばかりです)。
拝啓 仲夏の候、コロナと共存する生活様式にはまだまだ戸惑いもありますが、身の安全は何物にも代えられないと肝に銘じて過ごすこの頃でありますが、(皆様/ΟΟ様)にはいかがお過ごしでしょうか。
拝啓 盛夏の候、(皆様/ΟΟ様)にはウイズコロナもものともせず益々ご(健勝/活躍)のこととお喜び申し上げます/お元気ににされているとのことで何よりに存じます)。
徐々に日常が戻ってきているように思えてきましたが、それに合わせて暑さが身にこたえる季節となりましたね。 できることなら、ずっとクーラーをきかせていたところですが、昨今は3密を避けてまめに換気もしないといけないし、コロナは本当に悩ましいですね。早く終息してもらいたいものです。
(御地/そちら)もここのところ感染者が確認されていないようで、ひとまずは安心ですね。

7月コロナ禍のビジネスレター/フォーマルな書き出し

拝啓 向暑の候、ΟΟ様にはコロナ禍にも一層ご活躍のこととお喜び申し上げます。
拝啓 盛夏の候、貴社にはコロナ禍にあっても益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。
拝啓 炎暑の候、貴社におかれましては未曾有の災禍とはいえ、(会社一丸となって/一致団結して)この難局に立ち向かわれていることと存じます。
(拝啓/急啓) 貴社におかれましても大変なご苦労をされておられれことと案じております。
(拝啓/急啓) ΟΟ様におかれましては、この災禍にあってご苦労も多いかと拝察いたしております。

7月コロナ禍での結び文例

人の行き来も徐々に増えてきている昨今、第一波を超える第二波がこないことを祈るばかりです。
従前の日常が戻りつつありますが、コロナがなくなった訳ではないので感染予防に注意されてお過ごしください。
コロナと共存する生活様式は不便さも多々ありますが、お互い気をつけましょう。
コロナの勢いは弱まってきたとはいえ、この闘いに勝利するまでは気を緩めてはいけないと心得て過ごして日々でありますが、ΟΟ様におかれましてもどうかお気をつけてご過ごしください。
私は持病もありますので、感染予防に細心の注意を払い過ごしておりますが、ΟΟ様にもくれぐれもお気をつけください。
(感染の不安が/新たな生活様式への戸惑いも)あると存じますが、くれぐれも(お体ご大切にされて/ご自愛)ください。
コロナの影響でいろいろ大変だとは思いますが、もうしばらくです。皆で気を緩めず過ごしていきましょう。

7月[上旬/中旬/下旬]_カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文

7月上旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
仲夏の候、(皆様方/ОΟ様)には、ご機嫌いかがでしょうか。
梅雨明けのみぎり、(皆様方/ОΟ様)には、ご機嫌うるわいくお暮しのことと存じます。
こちらでは、(やって/早くも)梅雨明け宣言がありましたが、いかがお過ごしでしょうか。
待ち遠しかった梅雨もやっと明けました。
梅雨明け宣言とともに猛暑がやってきました。
梅雨も明け、本格的な夏を迎えましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。
こちらは梅雨が明けと同時に猛暑が続いておりますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。
雨がつづく日々、ひたすら梅雨明けを待ちこがれております。
今年の梅雨はなかなか明けませんね。
この梅雨が明けるといよいよ夏本番の到来ですね。
7月中旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
梅雨明けの暑さはひとしおですが、お元気にされてますか。
暑中お見舞い申し上げます。
青空がまぶしい季節、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
今シーズンはじめてのスイカを食べました。旬だけいに美味しかったですよ。
冷えたビールがなんとも美味しい季節になりました。
梅雨が明けたとたんに蝉の大合唱がはじまり、本格的な夏に入ったのを感じています。お元気ですか。
暑さ厳しき折、その後お変わりございませんか。
蝉に鳴き声が暑さをいっそう増幅しているようです。
涼しげな風鈴の音が聞こえる季節となりましたが、ご一同様はお元気にお過ごしですか。
久しく会わないうちに季節は夏となりまたね。お元気にされてますか。
夏休みも間近となりました。皆様お元気にお過ごしですか。
暑さにまだ体がなれていないせいか、この暑さはこたえます。
子供たちは夏休みが待ちきれないようで、今年はディズニーランドに行きたいとせがまれているこのごろです。
真っ青な空にむくむくと上り立つ入道雲、夏も盛りを迎えました。
7月下旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
さっとひと雨ほしいこのごろです。
今年の夏は格別暑いですね。
夜空の花火がひとときの涼を感じさせます。
毎日猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしですか。
連日厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしですか。
ひまわりが日に日に背を伸ばすこのごろ、ご家族の皆さんはお元気でようか。
蒸し暑い日が続いてるけど夏バテなんかしてないか。(私/僕)はとても元気にしてます。
早くも夏バテきみです。ΟΟさんは大丈夫ですか。
そろそろ、夏休みだけど予定は立てましたか。
マリンスポーツの季節になりましたが、もう海にはいきましたか。
先日、ΟΟ渓谷へ行っきました。とても涼しくていい所でしたので、こんどご一緒しませんか。
子供をつれて(海/プール)にに行ってきました。ОΟさんはどこか行きましたか。
夏の夜空を彩る大輪の花火が夏の盛りを感じさせます。
暑い日ばかりでバテていたので、かなり奮発してうなぎで元気をつけてみました。

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

7月 手紙/ビジネスレターの締めくくり▲

7月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項