5月(上旬/中旬/下旬) 時候の挨拶/季節の挨拶文/コロナ時/書き出し/結び

5月(上旬/中旬/下旬)時候の挨拶/季節の挨拶文/コロナ時/手紙の書き出し/結び -5月を上旬、中旬、下旬及びビジネス/フォーマル/カジュアルに分けて時々に合う時候の挨拶/季節の挨拶文と手紙の締めくくりである結びの例文を多数を掲載ていますので、状況や心情に応じた例文をコピー&ペーストして利用ください。

季節の挨拶文のヒント(風物詩/季語/季節の動植物)

5月の時候の挨拶文/書き出し(定型の慣用句)

5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
風にそよぐ木々の緑もまぶしい季節を迎え、・・・
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
風薫緑樹を渡る好季節となりました。
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
澄み渡る五月晴れの爽やかな日がつづくこのごろですが、

5月 ビジネスレター -改まった書き出し/挨拶文

謹啓 薫風のみぎり、貴社におかれましてはいよいよご隆盛の由大慶の至りと存じます。
拝啓 新緑の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。
拝啓 青葉の候、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は格別のお引き立てにあずり、心よりお礼申し上げます。

5月 ビジネスレター(個人宛)-改まった書き出し/挨拶文

謹啓 薫風のみぎり、いよいよご壮健の由大慶に存じ上げます。
拝啓 新緑の候、ΟΟ様におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
拝啓 青葉の候、ΟΟ様におかれましては益々活躍のこととお喜び申し上げます。

5月コロナ禍の時候の挨拶/挨拶文/書き出し/結び/締め文例

5月コロナ禍の書き出し/時候の挨拶文 文例/例文

【コロナ禍での結び文例】
早くも昼間は汗ばむほどになりましたが、コロナはいまだ終息しておらずしばらくは注意を払て生活していく必要がありますね。
拝啓 薫風の候、緊急事態宣言も解除となり、少しばかり明るさも感じられるようになりましたが、(皆様/ΟΟ様)にはいかがお過ごしでしょうか。
拝啓 軽暑の候、(皆様/ΟΟ様)には不自由な生活の中にもご健勝のこととお喜び申し上げます/お元気ににされているとのことで何よりに存じます)。
(当地/こちら)では緊急事態宣言の解除を受けて、感染への注意は必要なものの以前と同じ日常が少しずつながら戻りつつあります。
やっと外出自粛の要請が緩和されて、(昨日/先日)子供たちとサッカーをしました。外で体を動かすことはストレス発散に本当にいいですね。
そちらは自粛の措置が緩和されたようで良かったですね。

5月コロナ禍のビジネスレター/フォーマルな書き出し

拝啓 青葉の候、ΟΟ様におかれましてはこのコロナ禍にあっても一層ご活躍のことと存じます。
拝啓 立夏の候、貴社ににおかれましてはこのコロナ禍にあっても益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。
拝啓 新緑の候、貴社ににおかれましてもこの未曾有の災禍とはいえ、(会社一丸となって/一致団結して)この難局に立ち向かわれていることと存じます。
(拝啓/急啓) 貴社におかれましても大変なご苦労をされておられれことと案じております。
(拝啓/急啓) ΟΟ様におかれましては、この災禍にあってご苦労も多いかと拝察いたしております。

5月コロナ禍での結び文例

今はコロナが早く終息する(よう祈るばかりです/のを願っております)。
御地は非常事態宣言が解除されなかったようですが、もうしばらくの辛抱と信じて頑張られてください。
自粛が長くなり、気も滅入りがちですが、もう一息だと信じ、踏ん張っていきましょう。
今はコロナとの闘いに勝利するために踏ん張り時と心得て過ごしておりますので、(ΟΟ様にも心落としのないようご過ごしください/ご安心ください)。
私は持病もありますので、感染予防に細心の注意を払い過ごしておりますが、ΟΟ様にもくれぐれもお気をつけください。
(感染の不安/ (コロナ/自粛)疲れ)があると存じますが、くれぐれも(お体ご大切にされて/ご自愛)ください。
コロナの影響でいろいろ大変だとは思いますが、もうしばらくです。皆で気を緩めず過ごしていきましょう。

5月(上旬/中旬/下旬)カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文

5月上旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
青葉の候、皆々様お健やかにお過ごしのご様子でなによりと存じます。
立夏の候、皆様お元気にお過ごしと存じます。
青葉が目にまぶしいこのごろ、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
晴れ渡った空に心も晴れやかな気分です。
五月晴れの空に鯉のぼりが悠々と舞い踊るこのごろ、皆様にはますますご壮健のことと存じます。
五月だというのにもう汗ばむほどの暖かさですが、いかがお過ごしですか。
五月というのにここのところ肌寒い日がつづいてますが、お元気になさってますか。
久しく会わないうちに季節は立夏を迎えましたね。お元気ですか。
暦の上ではもう夏となりましたが、お元気にお過ごしですか。
はや立夏を迎え、足早にすぎ去る春が惜しまれるこのごろです。
5月中旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
風薫る新緑の季節、皆様におかれましてはお変わりございませんか。
新緑のみぎり、つつがなく学業に励んでいる様子で何よりです。
新緑の青葉が繁れる季節を迎え、皆様におからましてはお変わりございませんか。
若葉が薫るころとなりましたが、いかがお過ごしですか。
清々しい五月晴れが快い季節となりましたが、皆様におけらましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。
穏やかで過ごしやすい季節となりましたが、元気ですか。(私/僕)はとても元気にしています。
ゴールデンウイークは楽しく過ごしましたか。私は近所の公園で子供たちとキャッチボールをしました。
先日の休み、家族で久しぶりに潮干狩りに行ってきました。ОΟ様はどこかお出かけになりましたか。
新緑の若葉がお美しく輝く季節になりましたが、いかがお過ごしですか。
花屋の店先には色とりどりのカーネーションが並ぶころとなりましたが、ご家族の皆様もお変わりございませんでしょうか。
5月下旬 カジュアルな時候の挨拶/季節の挨拶文
残春のみぎり、社会人としての生活にも慣れてきたころではないでしょうか。
軽暑の候、日ざしに初夏を思わせるこのごろです。
吹く風が心地よく感じられるこのごろですが、その後お変わりありませんか。
街路樹の若葉はすっかり生えそろい、緑が一層深くなりました。
いつの間にか日中は汗ばむような季節となりましたが、皆様お変わりございませんか。
日中は少し汗ばむほどの季節となりましたが、皆様その後いかがお過ごしですか。
まだ五月というのに真夏のような強い日差しで、今年も猛暑の予感がします。
紫陽花の蕾がすっかり大きくなって、五月の終わりを告げているようです。
今年は季節が早く移ろいでいるようです。早くも半袖姿の人をみかけるようになりました。
もう半月もすると梅雨入り、田植えの準備にお忙しいことでしょうね。

- ▲をクリックで表示/非表示切替 -

5月 手紙/ビジネスレターの締めくくり▲

5月 やや長文で書く時候の挨拶文 例文▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項