快気祝い お祝いメール 文例,例文,書き方

快気祝い お祝いメール 文例,例文,書き方-時候の挨拶文や文例/例文/書式,テンプレートはコピー&ペーストして利用いただけます。 その多くの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。

退院 お祝いメールのお祝い 文例(知人宛)


件名:(全快のお祝い/退院おめでとうございます/退院のお祝い)


ΟООΟ 様
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
ご退院おめでとうございます。心からお祝いい申し上げます)。
 
入院中は、何かとご不自由な生活でお辛いこともあったのしょうが、無事にご回復されたて本当に良(かったですえ/うございました)。
 
ОΟ(様/さん)が入院されとお聞きし、私も心配してましたが、退院のお知らせに安心いたしましいた。
 
無事に退院されたとはいえ、くれぐれも最初から無理はせず、少しずつ体を慣らして普段の生活に戻されてください。
 
取り急ぎ、ご(退院/全快)のお祝いまで申し上げます。
 
末筆ではありますが、ご家族の皆様にも(ご心労/看護のお疲れ)があるかと存じます。くれぐれもご自愛いただくようお伝えください。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例/例文一覧

快気祝い お祝いメール 文例(知人宛)


件名:(全快とのこと、心よりお祝い申し上げます/晴れて全快とのこと、何よりです)


ΟООΟ 様
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
この度は、ご病気が全快されたとのことで、(たいへん喜んでおります/心からお祝いい申し上げます)。
 
(長い闘病生活/療養中/重篤な状態からご回復されるに)は、(ご苦労が/お辛いことも)あったこととお察しいたします。 この度、晴れて(全快/快癒)されまして(何よりでした/本当にご苦労様でした)。
 
ОΟ(様/さん)がご病気と知りまして、私もどうしたものかと案じておりましたが、これで安心いたしましいた。
 
(しかしながら/とは申しましても/ですが)、(当面は/暫らくは)(ゆっくり静養されてください/最初から無理はなさらないでください/予後を大事にされてください)。
 
また、結構な快気のお祝いをお送りいただき、ありがとうございまました。
(近いうちに/時期をみて)、お元気になられたΟΟさんの(姿/お顔)を拝見し、お祝いを申し上げたいと思っております。
 
末筆ではありますが、ご家族の皆様にも(ご心労/看護のお疲れ)があるかと存じます。くれぐれもご自愛いただくようお伝えください。
 
*************************
      署名
*************************

快気祝い お祝いメール 文例(友達宛)


件名:(全快おめでとう/晴れて(退院/全快)とのこと、(何よりです/良かったね)/元気になったようで(私/僕)も嬉しいよ/もう大丈夫そうだね)


ΟООΟ (君/さん)
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
(すっかりご回復したと聞いたよ。おめでとう/退院、本当におめでとう。心からお祝いするよ/退院したとのお知らせをとても嬉しく聞きました。/早々に退院できてよかったな)。
 
(入院中/闘病中/療養中)は、(何かと/体の自由きかなくて/不自由な生活で)(苦労があったん/辛かったん)どろうね。でも(無事に治って/全快して/大事に至らなくて)、(何よりだったね/本当に良かった)。
 
(お前/君/あなた/ΟΟ/ΟΟさん)が(入院した/病気だ)と(聞いた/知らせを受けた)ときは、(私/僕/俺)もとても心配(した/してた)けど、これでやっと安心でき(たよ/ました)。
 
でも、(無事に退院したとはいえ/全快したとはいえ)、(ぶり返すといけないから/折角治ったのにまた悪くなるといけないから)(当面はゆっくり静養しろよ。/最初から無理はしないで、少しずつ体を慣らしていけよ/入院で体力も落ちているだどうから、無理は絶対にするなよ)。
 
(快気祝いをいただいた場合)
それと、(結構/素敵/立派)な(快気のお祝い/内祝いの品)をお送てくれてありがとう。ありがたくいただくよ。
 
簡単だけど、(快気祝いのお礼方々)(退院/全快)のお祝いまで。
 
最後になったが、(ご家族の皆様/奥さん)も(看病でお疲れている/心労があった)だとうから、お大事にと伝えください。
 
または
 
(退院、本当におめでとう。心からお祝いするよ/すっかり回復したと聞いたよ。本当におめでとう/やっと退院したんだって、本当によかった)。
 
(ОΟの入院生活/長い闘病生活/療養中/良くない状態から回復するまでに)は、(何かと/大変/いろいろ/人に云えない)(苦労が/辛いことも)あっただろうけど、(晴れて/無事に)(退院/回復/全快)できて(何よりだよ/本当に良かったね/本当にご苦労様)。
 
(お前/君/あなた/ΟΟ/ΟΟさん)が(入院した/病気だ/大怪我をした)と(聞いて/知らせを受けて)(以来/ずっと/から)、(私/僕/俺)も心配してたけど、これでやっと安心でき(たよ/ました)。
 
でも、(無事に退院したとはいえ/かなり良くなったといっても)、(ぶり返すといけない/折角治ったのにまた悪くなるといけない/長い入院で体力も落ちているだどう)から、(暫らくはゆっくり静養しろよ/絶対に無理はするなよ)。
 
近いうちに快気祝いがてら(お前/君/あなた/ΟΟ/ΟΟさん)の元気な(顔/姿)を見に行こうと思って(ます。/るから、)その時には、(酒でも飲んで/美味いものでも食べて)快気祝いをしような。
 
(快気祝いをいただいた場合)
それと、(結構/素敵/立派)な(快気のお祝い/内祝いの品)をお送てくれてありがとう。ありがたくいただくよ。
 
最後になったが、(ご家族の皆様/奥さん)も(看病でお疲れている/心労があった)だとうから、お大事にと伝えください。
 
*************************
      署名
*************************

快気祝い お祝いメール 文例(親戚宛)


件名:(ΟΟ様のご(快気/退院)、心よりお祝い申し上げます/ご退院おめでとうございます/晴れて(ご退院/全快)とのこと、何よりに存じます/お元気になられたとお聞きし、私共も嬉しく思っております)


ΟООΟ 様
 
(何々の名前)(です/でございます)。
 
(この度は、病気全快にてご退院とのこと、心よりお慶び申し上げます/すっかりご回復されたとお聞きして、たいへん喜んでおります/この度は、ご退院おめでとうございます。心からお祝いい申し上げます/叔母様が無事ご退院されたとのお知らせを嬉しく拝読しました。/叔父様には、早々のご退院おめでとうございます)。
 
(入院中/闘病中/療養中)は、(何かと/体が自由にならず/不自由な生活で)(ご苦労があったの/お辛かったで)しょうが、(無事にご回復されたて/全快されたとのことで/大事に至らずにすみ)、(何よりでした/本当に良うございました)。
 
(私たちには、何もできませんでした/お見舞いにもお伺いする間もなく/お見舞いにお伺いしなければと考えておりました)が、早々に(退院された/快癒された/お元気になった)とのことで(何よりです/安心しました/私どもも嬉しく思っております)。
 
(叔父様/叔母様/ΟΟさん)(には/おかれましては)、(無事に退院されたとはいえ/全快したとはいえ)(当面はゆっくり静養されてください/最初から無理はせず、少しずつ体を慣らして普段の生活に戻されてください/入院で体力も落ちていることでしょうから、無理だけはなさらないでください)。
 
(快気祝いをいただいた場合)
また、(結構/素敵/立派)な(快気のお祝い/内祝いの品)をお送りいただき(ありがとうございまました)。ありがたく頂戴いたします。
 
末筆ではありますが、(ご家族の皆様/叔母様/ΟΟさん)も(ご心労/看護のお疲れ)があることでようから、くれぐれもお大事にとお伝えください。
 
または
 
(この度は、叔父様には無事ご退院とのこと、心よりお慶び申し上げます/退院、おめでとうございます。心からお祝いい申し上げます/叔父様がご退院されたとのお知らせに私どもも喜んでいます)。
 
(ОΟに及ぶ入院生活/長い闘病生活/療養中/重篤な状態からご回復されるに)は、(何かと/大変/人は云えない)(ご苦労も/お辛いことも)あったのしょうが、(晴れて/無事に)(ご退院/ご回復/全快/快癒)されまして(何よりでした/本当に良うございました/お疲れ様でした)。
 
(叔父様/叔母様/ΟΟさん)が(入院され/ご病気)と(お聞きして/知りまして)(ずっと/から)、(私/私ども)も(心配して/案じて/心を痛めて)いましたが、(これで/まずは/取りあえずは)(安心/安堵)(し/でき)ました。
 
(しかし/とは申しましても/ですが/退院されたとはいえ/かなり回復されたとはいへども)、(当面は/暫らくは/くれぐれも/絶対に)(ゆっくり静養されてください/最初から無理はさらないでください/予後も大事にされてください)。
 
(略儀ではありますが/遠方のためお伺いませんので)、メールで失礼ながらご(退院/全快/快癒)のお祝いを申し上げ(ます/ました)。
 
(快気祝いをいただいた場合)
また、(結構/素敵/立派)な(快気のお祝い/祝いの品)をお送りいただき(ありがとうございまました)。ありがたく頂戴いたします。
 
末筆ではありますが、(ご家族の皆様/叔母様/ΟΟさん)も(ご心労/看護のお疲れ)があることでようから、くれぐれもお大事にとお伝えください。
 
*************************
      署名
*************************

快気祝い お祝いメール 文例(同僚宛)


件名:(全快おめでとうございます/(退院/全快)したそうですね。おめでとうございます/お元気になったようで、皆も喜んでいます/もう大丈夫そうで何よりです)


(部署名/役職)ΟООΟ (様/君/さん)
 
(退院、本当におめでとうございます/退院したとのお知らせに皆で喜んでいます/すっかりご回復したと聞き、とても喜んでいます)。
 
(入院中/闘病中/療養中)は、(何かと/体が自由にならず/不自由な生活で)(苦労が/辛いことも)あったでしょうが、まずは(無事に回復できて/全快したとのことで/大事に至らずにすみ)、(何より/本当に良かった)(です/ですね)。
 
(私たちには、何もできませんでした/お見舞いにも行けませんでした/お見舞いに行こうかと考えていました)が、早々と(退院した/全快した/元気になった)とのことで、(安心しました/皆が喜んでいます)。
 
ОΟ(君/さん)の担当に関しては、皆で分担しながらやってますので、(心配/気に/遠慮)しないで、(当面はゆっくり静養してください/最初から無理はしないで、少しずつ体を慣らして普段の生活に戻してください/入院で落ちた体力を労わってくださいね)。
 
近いうち、(有志の皆で/部上げて/同期で)ОΟ(君/さん)の快気祝いをしようと計画してますので、日時など決まったらまた連絡(するから、それまでに体調を整えておいてください/します。元気になったОΟ君に会えるのを楽しみにしときます)。
 
(まずは/ともあれ)、無事の(退院/全快)おめでとう(ございます)。
 
または
 
(退院、本当におめでとうございます/退院したとのお知らせに皆で喜んでいます/すっかりご回復したと聞き、とても喜んでいます)。
 
(ОΟの入院生活/長い闘病生活/療養中/良くない状態から回復するまでに)は、(何かと/大変/いろいろ/人に云えない)(苦労が/辛いことも)あったでしょうが、(晴れて/無事に/まずは)(退院/回復/全快)できて(何よりです/本当に良かたですね/本当にお疲れ様でした)。
 
ОΟ(君/さん)が(入院した/病気だ/大怪我をした)と(聞いて/知らせを受けて)(以来/ずっと/から)、(私も/僕らも/会社の皆なが)とても心配してましたが、(これでやっと安心しました/ΟΟさんのОΟを皆が喜んでいます)。
 
(でも/とはいっても/無事に退院したとはいえ/かなり良くなったといっても)、(ぶり返すといけない/折角治ったのにまた悪くなるといけない/長い入院で体力も落ちているだどう)から、仕事のことは(心配/気に)しないで(暫らくはゆっくり静養してください/絶対に無理はしないでください)。
 
近いうち、(有志の皆で/部上げて/同期で)ОΟ(君/さん)の快気祝いをしようと計画してますので、日時など決まったらまた連絡(するから、それまでに体調を整えておいてください/します。元気になったОΟ君に会えるのを楽しみにしときます)。
 
(まずは/ともあれ)、(退院/全快)(おめでとうございます/のお祝いまで)。
 
*************************
      署名
*************************

快気祝い お祝いメール 文例(上司宛)


件名:(ご(快気/退院/快癒)、心よりお祝い申し上げます/晴れて(ご退院/全快)とのこと、誠におめでとうぞざいます/お元気になられたとお聞きし、(皆も/私も/皆が)安心いたしました)


ΟООΟ (様/部長 殿)
 
(何々/部署名)のΟООΟ(名前)(です/でございます)。
 
(この度は、病気全快にてご退院とのこと、心よりお慶び申し上げます/すっかりご回復されたとお聞きして、皆でたいへん喜んでおります/ご退院おめでとうございます。心からお祝い申し上げます/ΟΟ部長には、早々のご退院おめでとうございます)。
 
(入院中/闘病中/療養中)は、(何かと/体が自由にならず/不自由な生活で)(ご苦労があったの/お辛かったで)しょうが、(無事にご回復されたて/全快されたとのことで/大事に至らずにすみ)、(何よりでした/本当に良うございました)。
 
ОΟ(部長/課長)が(入院され/ご病気/倒れられた)とお聞きし、(私/私ども/僕たち/皆)(もたいへん心配しまし/があまりにもΟΟ部長に無理をさせてしまったのではないかと(心を痛め/案じ)てました)が、(良い/快癒の/ご回復の/全快の)知らせに(安心/安堵)いたしましいた。
 
重責を担われておられるОΟ(部長/課長)のことですから、(何かとご心配もあろう/仕事のことが気になる)かとは思われますが、暫らくの間は部内一丸となって(頑張ります/この状態を乗り越えます/努力する所存です)ので、(当面はゆっくり静養されてください/最初から無理はせず、少しずつ体を慣らして普段の生活に戻されてください/無理だけはなさらないようお願いします)。
 
(また/なお)、晴れてΟΟ部長が、職場復帰された折には、部上げて快気祝い催す計画を立てておりますので、お元気なΟΟ部長に(お目にかかる/お会いする/お迎えする)のを皆で(心待ち/楽しみ)にしておきます。
 
(まずは/取り急ぎ)、(ご退院/快癒/全快)のお祝いまで。
 
または
 
(この度は、無事ご退院とのこと、心よりお慶び申し上げます/退院、本当におめでとうございます。心からお祝いい申し上げます/ご退院されたとのお知らせをいただき、皆でたいへん喜んでおります)。
 
(ОΟに及ぶ入院生活/長い闘病生活/療養中/重篤な状態からご回復されるに)は、何かと(ご苦労があった/お辛があった)のではないかと、ご心中お察ししておりましたが、この度(晴れて/無事に)(ご退院/ご回復/全快/快癒)されて(何よりでした/本当に良うございました/本当にご苦労様でした)。
 
重責を担われているОΟ(部長/課長)のことですから、(何かとご心配もあろう/仕事のことが気になる)かとは思いますが、(どうか/何卒)(暫らくはゆっくり静養されてください/最初から無理は絶対になさらないでください/予後を大事にされてください)。
 
また、晴れてΟΟ部長が、職場復帰された折には、部上げて快気祝い催す計画を立てておりますので、お元気なΟΟ部長に(お目にかかる/お会いする/お迎えする)のを皆で(心待ち/楽しみ)にしておきます。
 
(まずは/取り急ぎ)、ご(退院/全快/快癒)のお祝い(まで/を申し上げます/を申し上げた次第です)。
 
*************************
      署名
*************************

快気祝い お祝いメール 文例(取引先担当宛)


件名:(ご(快気/退院)、心よりお祝い申し上げます/ご退院おめでとうございます/晴れて(ご退院/全快)とのこと、何よりに存じます/お元気になられたとお聞きし私(共)も安心いたしました)


株式会社 ΟОΟО
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
(平素は、大変お世話になっております。株式会社 ΟОΟОのОΟです。
 
(この度は、晴れてご快癒とのこと、心よりお慶び申し上げます/病気全快にてご退院とのこと、心よりお祝い申し上げます/すっかりお元気になられたとお聞きして、皆で喜んでおります/ΟΟ様には早々にご退院されたとのことで、何よりに存じます)。
 
(入院中/闘病中/療養中)は、(何かと/不自由な生活で)(ご苦労があったの/お辛かったで/ご心配なこともおありでしたで)しょうが、(無事にご回復されたて/快癒されたとのことで/大事に至らずにすみ/早期に職場復帰されましたことは)、(何よりでした/誠に良うございました)。
 
ОΟ(様/主任/店長/さん)が(入院され/ご病気/倒れられた)とお聞きし、(私/私ども/弊社で)(もたいへん心配しておりました/も心を痛めていました)が、(良い/快癒/ご退院の/職場復帰の)知らせに(安心/安堵)いたしました。
 
(重責を担われておられる/日々忙しくされている)ОΟ(様/主任/店長/さん)のことですから、(仕事のことが気になる/お休みされた分を取り戻そうとされる)かとは思いが、暫らくの間は(ゆっくり静養されたらいかがでしょうか/最初から無理はなさらず、体を慣らされるのが良いかと存じます/無理をなさらないようお気をつけください)。
 
(また/なお)、(晴れてΟΟ様が、職場復帰された折には、/近い内にも)ご挨拶がてらお伺いし、(お元気なお姿を拝見いたしたく/拝顔にてお祝いを申し上げたたく)存じます。
 
(寒し日が続いておりますので/時節柄)、予後をお大事にされてください。
 
(まずは/取り急ぎ)、(ご退院/快癒/職場復帰)のお祝いまで。
 
または
 
(平素は、大変お世話になっております。株式会社 ΟОΟОのОΟです。
 
(この度は、晴れてご快癒とのこと、心よりお慶び申し上げます/病気全快にとのこと、心よりお祝い申し上げます/すっかりお元気になられたとお聞きして、皆で喜んでおります)。
 
(ОΟに及ぶ入院生活/長い闘病生活/療養中)は、(何かと/大変/いろいろ)(ご苦労が/お辛いことも)あった(と思いますが/のでしょが/とお察ししておりましたが)、(晴れて/無事に)(ご退院だれ/全快されまして)(何よりに存じます/本当に良うございました/本当にお疲れ様でした)。
 
ОΟ(様/主任/店長/さん)が(入院され/ご病気/倒れられた/大怪我をされた)とお聞きし、(私/私ども/弊社で)(もたいへん心配しておりました/も心を痛めていおりました)が、(良い/快癒/ご退院の/職場復帰の)知らせに(安心/安堵)いたしております。
 
(重責を担われておられる/日々忙しくされている)ОΟ(様/主任/店長/さん)のことですから、(何かとご心配もあろう/仕事のことが気になる)かとは(思われます/存じます)が、暫らくの間は(ゆっくり静養されたらいかがでしょうか/最初から無理はなさらず、体を慣らされるのが良いかと存じます/無理をなさらないようお気をつけください/予後をお大事にされてください)。
 
(また/なお)、(晴れてΟΟ様が、職場復帰された折には、/近い内にも)ご挨拶がてらお伺いし、(お元気なお姿を拝見いたしたく/拝顔にてお祝いを申し上げたたく)存じます。
 
(まずは/取り急ぎ)、(ご退院/快癒/職場復帰)のお祝いまで。
 
*************************
      署名
*************************

快気祝い お祝いメール 文例(取引先宛)


件名:(ОΟ(会長/社長/専務)のご(快気/退院/快癒)、心よりお祝い申し上げます/ΟΟ(会長/社長/専務)様のご退院、誠におめでとうございます/ΟΟ(会長/社長/専務)様が晴れて(ご退院/全快)されたとのこと、何よりに存じます/ΟΟ(会長/社長/専務)様が、お元気になられたとお聞きし(安心/安堵)いたしました)


株式会社 ΟОΟО
代表取締役社長 ΟООΟ 様
または
(部署名/役職)ΟООΟ 様
 
(平素は、大変お世話になっております。株式会社 ΟОΟОのОΟです。
 
この度は、ОΟ(会長/社長/専務)様におかれましては、(晴れて/早々の/早期の)(ご快癒/全快/ご退院)とのこと、心より(お慶び/お祝い)申し上げます。
 
ОΟ(会長/社長/専務)様(、突然の/の思いもよらぬ/、不慮の)(入院/ご病気/事故/怪我/療養)の知らせに(私/私ど/弊社で)も(心配/心を痛めて/その後の経過を案じて)おりましたが、(このように、早い(退院/回復/快癒)に/これで/良い知らせに)(安心/安堵)いたしましいた。
 
(ОΟという重責を担われておられる/日々ご多忙な)ΟΟ様のことですから、(会社/仕事/職務)のことが(ご心配で/気になり)直ぐにでも激務に戻られるやもしれませんが、暫らくの間は(ゆっくり静養されます/最初から無理はなさらず、体を慣らされる/無理をなさらない)よう、ぐれぐれもお伝えください。
 
(また/なお)、(晴れてΟΟ様が、職場復帰された折には、/近い内にも)ご挨拶がてらお伺いし、(お元気なお姿を拝見いたしたく/拝顔にてお祝いを申し上げたたく)存じます。
 
(改めてお伺いしますが/簡単ではありますが)、(まずは/取り急ぎ)(ご退院/快癒/職場復帰)のお祝いまで。
または
(甚だ略儀ではありますが/メールで失礼とは存じましたが)、(ご退院/快癒/職場復帰)のお祝いを申し上げ(ます/る次第です)。
 
または
 
ОΟ(会長/社長/専務)様におかれましては、晴れて(ご快癒/全快/ご退院)とのこと、心より(お慶び/お祝い)申し上げます。
 
ОΟ(会長/社長/専務)様(、突然の/の思いもよらぬ/、不慮の)(入院/ご病気/事故/怪我/療養)の知らせに(私/私ど/弊社で)も(心配/心を痛めて/その後の経過を案じて)おりましたが、この度(ご退院/ご回復/快癒)とのことで私どもも(安心/安堵)いたしましいた。
 
ОΟ(会長/社長/専務)様には、重責を担われておられて(会社/仕事/職務)のことが(ご心配/気になられる)ことでしょうが、暫らくは(ゆっくり静養されます/無理をなさらない/予後をお大事にされる)よう、ぐれぐれもお伝えください。
 
(また/なお)、(晴れてΟΟ様が、職場復帰された折には、/近い内にも)ご挨拶がてらお伺いし、(お元気なお姿を拝見いたしたく/拝顔にてお祝いを申し上げたたく)存じます。
 
(甚だ略儀ながら、メールにて/メールで失礼ながら/まずは、メールにて)ОΟ(会長/社長/専務)様(ご退院/快癒/職場復帰)のお祝いを申し上げ(ます/た次第です)。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項