融資のお断り 文例(会社宛)

融資のお断り 文例(会社宛)

〇〇〇〇株式会社
代表取締役社長
〇〇〇〇 様

令和〇年〇月〇日
〇〇〇〇株式会社
代表取締役社長
〇〇〇〇 印

前略 先般ご(相談/打診/依頼)のありましたご融資の件、 誠に(申し訳ございません/不本意ではあります)が、ご要望にお応えできませんことをお知らした次第です。
弊社としても貴社たってのお願いでもあり、何とか力になりたいのは山々です。 しかしながらお恥ずかしい話し、弊社にもご融資できる程の余裕がありませず、 (已む無く/断腸の思いで)ご融資のお断りを申し上げるに至りました。
ご要望に添えないこととなりましたこと、深くお詫びいたすとともに、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。
つきましては、(ご送付いただき/お預かりし)は本状に同封して返却いたしますので、ご査収ください。
末筆ではありますが、現在の状況が早期に好転されますことを衷心よりお祈りいたします。

草 々

 

融資のお断り文例(会社宛)

〇〇〇〇株式会社
代表取締役社長
〇〇〇〇 様

令和〇年〇月〇日
〇〇〇〇株式会社
代表取締役社長
〇〇〇〇

前略 先般ご(相談/打診/依頼)のありましたご融資の件ですが、ご期待にお応えできませんことをお知らせいたします。
貴社のご事情察するに余りあり不本意ではありますが、 ご融資がかないませんこと、悪しからずご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
つきましては、ご(送付/預かり)いただきました書類は本状に同封して返却いたしますので、ご査収ください。

草 々

 
 
 
文例一覧policy運営者情報免責事項