就職でお世話になった お礼メール 文例と書き方

就職でお世話になった お礼メール 文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例又は例文には書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

就職でお世話になった お礼メール 文例(助言/目上の方宛)


件名:(ご助言ありがとうございました/貴重なお話しありがとうございました/昨日のお礼)


ΟО(様/さん)
 
(ОΟ大学ОΟ学部О年 /ΟΟの)ОΟです。
 
(ОΟの(折/とき)には/先日は)、(いろいろ貴重なご助言を/(ご親切にОΟ業界/ΟΟ)のことのことをご教示)いただき、ありがとうございました。
 
先日までОΟ業界へ進むことに関して迷いがあり、決めきれずにいましたが、ОΟ(様/さん)(が後押ししていただいたので/よりお聞きしたお話しで)第一志望をОΟ業界にすることにしました。
または
就職活動は初めてのことで、どのような心がまえで挑むべきか不安でいっぱいでしたが、ОΟ(様/さん)の(ご助言/アドバイス)で(少し気が楽になりました/吹っ切れました)。
または
ОΟ(様/さん)が、いうとおり(考えが甘かったと/ここでどの方向に進むかで自分の人生が変わる大きな岐路であることに今更ながら)(着付かされ、(昨晩、/もう少し真剣に)自身の(適性/やりたいこと/進路)を考(えてみました/ることにしました)。
 
これから厳しいい就職活動が始まりますが、どうか今後ともご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
または
今回の(ご助言/アドバイス)を(胸に/忘れず/糧に/ΟΟにして)内定を勝ち取るまで(鋭意努力します/頑張りたいと思います)ので、ご迷惑で(しょうが/なければ)今後とも(ご指導/ご相談に乗って)いただ(ければ幸いです/きますようお願いいたします)。
 
取り急ぎ、昨日のご助言のお礼まで申し上げます。
または
本当にありがとうございました。
 
*************************
      署名
*************************

就職でお世話になった お礼メール 文例(助言/先輩宛)


件名:(アドバイスありがとう/ご助言ありがとうございます/貴重なお話しありがごうございます/就職活動頑張ります/昨日のお礼)


ΟО(先輩/さん/君)
 
ОΟです。
 
(この前/先日)は、(ためになる話/就職のことで相談に乗ってくれて/いろいろ教えてくれて)ありがとう。
(君のアドバイス/ΟΟ君)(のお蔭で/を聞いて)(迷いが消えました/もう少しОΟしてみようと思いした/自分の本当にやりたいことをもう一度考え直そうと思うます)。
就職活動も(始まったばかりでまだ方向転換もできそうなので、じっくり自分の将来を考えて就職活動頑張ります/中盤戦なので、(本気モード/全力をだして)就活に専念するつもりです/終盤にさしかかって焦りもありますが、妥協すうのではなく、自分の将来を見据えた就職先を見つけられうよう頑張ります)。
また、いろいいろ(聞くかもしれませんが/相談にのってもらうとおもいますが)、よろしく(お願いします/ね)。
(昨日は、/ためになる話してくれて/時間作ってくれて)本当にありがとう。
 
または
 
ОΟ(さん/先輩)、(この前のお話/就職のことで相談に乗っていただき)ありがとうございました。
(あの後、/先輩にアドバイスどおり)(もう一度自分のやりたいことを考え直してみました/ΟΟについても調べてみましした/ΟΟも検討することにしました)。
 
本当にありがとうございます。
(これからも/就職活動はまだまだ続きますので)、どうかいろいろ相談に乗ってください。
または
(就活につていまだまだ勉強不足なので/君には心配ばかりかける(僕/私)ですが)、どうかこれからもよろしくお願いします。
 
昨日のお礼まで。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について