y 進退伺 書式/文例/例文/書き方[置き換え文言/宛先/状況別,多数の例文]

進退伺 文例,例文,書き方

ビジネスや個人で使用する進退伺の文例インデックスです。当サイトでは、手紙やメール、ビジネス文書の文例を数多く提供しています。 掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例は状況や宛先などから選び、テンプレートとしてカット&べーストしてご利用ください。

進退伺 文例一覧

進退伺 文例/書式/テンプレートと書き方

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

令和Ο年Ο月Ο日
営業部 ΟООΟ 印

進退伺

令和Ο年Ο月Ο日Ο時頃、・・・を起こしました。(不始末の具体的な状況を説明する文章)
・・・・のため起こりました。(不始末が発生した原因を書く)
・・・・となりました。又は、下記の損害が発生しました。(結果としてどうなったかを書く)
このことは、ひとえに私の・・・・が原因であり、深くお詫び申し上げます。(自己の責任を認め、謝罪の意を書く)
<辞表を添付しない場合>
この度の不始末は、全てΟΟ担当者である小職に原因があるのは明白であり、 その責任を負いたいと存じますので、進退についての指示を賜りたくお願い申し上げます。
<管理者の辞表を添付しない場合>
この度のΟΟによる不始末は、私の指導監督不足であり、その責任の重さを痛感しております。 つきましては、今後の進退についてのご指示をお待ち申し上げます。
<辞表を添付する場合>
つきましては、いかなる処分であれ、謹んで服する覚悟でございますので、 ここに辞表を添えて、今後の進退についてのご決裁をお待ち申し上げます。
<管理者の辞表を添付する場合>
本件につき、管理者として全責任を負いたく存じますので、ここに退職願を添えて、ご指示をお待ち申し上げます 。

以 上

進退伺の本来の意味からすると矛盾しますが、個人的な所見として、進退伺に辞表(退職願)を添付するかの判断は、その事案が社会通念上「懲戒解雇」に該当するのかを基準とするのがよいと考えます。つまり、辞表(退職願)を添付する場合は、「懲戒解雇」を回避するためのに、自らの意思で退職を選択するのです。それができれば再就職にも都合がよいいでよう。
一方、懲戒による「解雇」では重過ぎる処分だと考えられる場合、辞表(退職願)は添付しないのがよいでしょう。それが添付されていなければ、会社は「懲戒解雇」を決定するしか、その当人を辞めさせることができません。それでも、会社が「解雇」を決定したり、「辞職」を促したりする場合、不当解雇(行為)となる可能性もあります。
以上のことを踏まえて、文末の表現は慎重に記載してください。

進退伺とは

進退伺とは、自身または部下の重大な過失/ミス等により、会社に多大な損失を与えてしまった場合に自身の責任(部下の場合は管理責任)を認め、それに対する処遇/処罰を会社や組織に委ねる旨を記す文書です。

進退伺と始末書などの文書との違い-

その他の文書と違いは以下の通りです。
始末書は、当事者に重大な責任あり、相手方にそのことに関して許しを乞うための文書。
反省文は、当事者に責任あり、自身の行いを反省し、再度同様の行為をしない旨の誓いを記す文書。
顛末書は、主に第三者が客観的立場で事件や事故、トラブル、不祥事などの一部始終を記録する文書。
理由書は、当事者には責任はなく、不可抗力や主に相手方に責任がある場合、事情を説明をするための文書。

5月季節/時候の挨拶(NEW-コロナ時追加)

【コロナ禍での書き出し】
前略 早くも梅雨入りを迎える季節となりましたが、これで雨が続くと(3密をどうしたらさけられるか/窓を開けたままにもできずどうしたものか)と案じているこの頃です。
拝啓 入梅の候、コロナと共存する新たな生活様式の実践は不自由さもありますが、身の安全は何物にも代えられないと心得て過ごしておりますが、(皆様/ΟΟ様)にはいかがお過ごしでしょうか。
拝啓 梅雨の候、(皆様/ΟΟ様)にはコロナとの共存する新たな生活様式のでも益々ご(健勝/活躍)のこととお喜び申し上げます/お元気ににされているとのことで何よりに存じます)。
【コロナ禍での結び文例】
今は第二波、三波に見舞われないように望むばかりです。
外出自粛は解除されたとはいえ、コロナがなくなった訳ではないので感染予防に注意されてお過ごしください。
コロナと共存する生活様式は不便さも多々ありますが、お互い気をつけましょう。
【6月時候の挨拶】
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
梅雨の晴れ間にのぞく青空がまぶしく、夏を感じるこのごろです。
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
青田をわたる風もさわやかな頃となりました。
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
梅雨明けが待ち遠しいこのごろですが、
コロナを題材とした挨拶文の例文
やっと外出自粛も解除されたのもつかの間で梅雨入りの季節となり、(しばらくは巣ごもりがつづきそうです/野外で思いっきり体を動かすこともままなりません)が、 こんな時こそと思い(積読していた本をめくる毎日です/初めて梅を漬けてみました/断捨離をしてみました)。 ΟΟさんはいががお過ごしでしょうか。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
6月を感じる言葉
梅雨/梅雨入り/夏至/父の日/衣替え/沖縄慰霊の日/夏越しの祓(なごしのはらえ)/田植え
【動植物】
紫陽花/花菖蒲/なでしこ/若竹/カタツムリ/ほたる/鮎/イサギ
詳細は、時候の挨拶/季節の挨拶/挨拶文/季語-書き出しと結び
文例一覧policy運営者情報免責事項