叙勲/受勲 お祝い状/お祝いメール 文例

叙勲/受勲 お祝い状/お祝いメール 文例 - 文例は、コピーしてご利用いただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

叙勲/受勲 お祝いメール 文例


件名:(勲〇等瑞宝章をご受章お祝い/〇〇謹んで出席させていただきます)


〇〇〇〇
〇〇〇〇 様
 
〇〇〇〇株式会社
〇〇〇〇
 
〇〇(様/先生)にはいよいよご活躍のご様子で何よりに存じます。
 
この度は、勲〇等瑞宝章をご受章されるとのこで私としましても誠に喜ばしく、心よりお祝い申し上げます。
 
〇〇(様/先生)のご受章は間違いないとは思っておりましたが、このほどまでに早く喜ばしい知らせをきけまして、(同慶の至りに存じます/自身のこのとのように嬉しく思っております)。
 
ご案内を頂戴しました、勲〇等瑞宝章ご受章(祝賀パーティー/お祝いの宴)には、(謹んで列席させていただきます/何を差し置いても参上いたします)。
 
まずは、ご受章のお祝いまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

叙勲/勲章/受章/受勲の言葉の意味

叙勲-国や公共の場において功労を挙げた人を表彰して勲章を授けること
勲章-国家や公共に長年に渡って貢献してきた人や、顕著な功績を挙げた人に授与されるもので、70歳以上、または所定の条件に該当する55歳以上の対象者に贈られれる。
褒章とは、文化や社会の福祉など、特定の分野の発展に多大な貢献や功績が認められた対象者に対して授与される。褒賞に年齢制限はなく、団体や外国人も対象となる。
受章-勲章などを受けること
受勲-勲章をもらうこと

関連文例一覧

叙勲/受勲 お祝い状 文例

謹啓 〇〇の候、〇〇(様/先生)におかれましてはますますご(壮健/活躍)のこととお慶び申し上げます。
この度は、勲〇等瑞宝章をご受章なされましたこと、謹んでお祝い申し上げます。
 
〇〇〇市議会議員として永年にわたり地方自治へご尽力されたご功績が、叙勲の栄誉として認められましたことは、私ども市民にとりましても、大きな喜びであり、誇りでもあります。
または
〇〇県〇〇業組合会長として永年にわたり〇〇〇業の発展と社会貢献にご尽力されたご苦労を察しますれば、甚だ感服いたすばかりでます。これまでのご功績が、叙勲の栄誉として認められましたことは、私どもとしましても大きな喜びであります。
または
これもひとえに〇〇様の卓越した(技術/技能/才能)とこれまでのご努力の賜物と存じます。
 
今後はお体を大切になされまして(ご活躍されますこと、心よりお祈り/後進へのご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い)いたします。
甚だ略儀でありますが、書中をもちましてお祝いまで申し上げます。

敬 白

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇株式会社
代表取締役社長 〇〇〇〇

〇〇〇〇株式会社
(役職) 〇〇〇〇 様

叙勲/受勲 お祝い状 文例

謹啓 〇〇の候、〇〇(様/先生)におかれましてはますますご(壮健/活躍)のこととお慶び申し上げます。
〇〇(様/先生)には、勲〇等瑞宝章をご受章されるとのことで誠に喜ばしい限りであります。
 
この度の栄誉は、〇〇としての作品が多くの方々(の心を打つ素晴らしいものだからだ/に支持されていつからと)拝察いたしております。
または
これもひとえに(〇年の長きにわたり〇〇に打ち込まれてこられたからであると拝察いたしております/誠心誠意〇〇に取り組まれ、皆の模範となっているからことと存じます先生の(〇〇への貢献/卓越した技能)が評価されたのだと、感じておる次第です)。
 
〇〇(様/先生)には、くれぐれもご健康に気をつけられ、ご活躍されますようお祈り申し上げます。
なお、ご受章への祝意を表したく、別便にてささやかな品をお送りいたしましたので、ごうかご笑納ください。
(近々/改めて)(参上して/拝眉にて)お祝いを申し上たく存じますが、まずは書中にてお祝い申し上げます。

敬 白

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇
〇〇〇〇 様

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項