承諾後の断り お断り/メール 文例

承諾後の断り 断り状 文例


件名:(○○の件/大変申し訳ございません)


〇〇〇〇様
 
〇〇です。
 
この度メールしましたのは、(昨日/〇〇の折に)(〇〇するとお返事しておりました(こと/件)/〇〇と申しておりました〇〇のこと)で(急ぎお知らせしたことがありましてメールした/取り急ぎご連絡を差し上げました)。
 
(実は、/実を申しますと/正直いいますと)(急に/お返事した後に/先日)〇〇となりまして、(〇〇を承諾した/〇〇するとお返事した)にもかかわらず、〇〇をご遠慮せざるをえなくなってしまいました。
 
(急な/どうしようもない)こととはいえ、私の(勝手/事情/不始末)で(〇〇を変更させて/ご期待にお応えできなくなって/お約束を守れなくなって)しまい、〇〇(様/さん)(にはお気を悪くなされたことでしょうが、どうか/には、ご迷惑をおかけしましたが)、今後とも変わらぬご(厚誼/交誼)を賜りますようお願い(申し上げます/いたします)。
または
(できることなら/直前まで/あの後)〇〇(できる/しない)ように(手を尽くしたのです/何とかならないかといろいろ考えてたのです)が、(どうにもなりませんで/〇〇は如何ともし難く/それも叶いませんで)、〇〇(様/さん)にご迷惑をおかけしましたが、(どうかお許しいただけますようお願いいたします/何卒、(私の事情/当方の状況)を(斟酌/お汲み取り)いただきますよう伏してお願い申し上げます/気を悪くなさいませんようお願い申し上げます)。
 
取り急ぎ、お詫びまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

 

承諾後の断り 断り状 文例

前略 〇〇様、(先日は/先般のことでは)〇〇を〇〇すると(返答したのにもかかわらず/(お返事して/申して/ご期待をさせて/思わせぶりなことを申して/お約束をして)おきながら)(急に/後から)(お断り/ご辞退/ご遠慮/できなくなって)しまいましたこと、(本当に申し訳ございませんでした/(改めて/深く)お詫び申し上げます)。
 
(お電話でお伝え/先日お話)しましたように(〇〇でして/急に〇〇になり/どうしても〇〇できなくなりまして)、(已む無く/残念ながら/申し訳ないことですが)(ご辞退させていただきました/変更いたすこととなりました/できなくなりました)。
または
(私が(軽率/無責任)なことを申して〇〇様に多大なご迷惑をかけしてしまい/(どうしようもないことではありますが/急なこととはいえ、ご期待をさせてしまい/〇〇と申しておきながら)〇〇できなくなり)ましたこと、(改めて/深く)お詫び申し上げます。
 
今回は、(ご迷惑をおかけしました/友だち甲斐のないことをしてしまいました)が、(今後とも仲良くしていただき/また機会がありましたら(お誘い/ご連絡/声をかけて)いただき)ますようお願い申し上げます。
または
(〇〇なら仕方がないとおっしゃって/今回は残念なことですが、また(お願いし/お誘いたし/声をかけ/〇〇し)ますと優しいお言葉を)いただき、(〇〇様の優しさに心打たれました/感謝の念で一杯です/胸をなでおろしました)。
または
〇〇(様/さん)には、日頃からお世話になっているのにもかかわらず、(失礼なことをしてしまいました/ご迷惑をかけてまします)が、どうか今回だけは(ご勘弁/お許し)いただき、今後とも変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
 
(改めまして/取り急ぎ、)〇〇の(お断り/ご辞退/変更)のお詫びまで申し上げます。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

 
 
 
文例一覧policy運営者情報免責事項