喧嘩仲裁 断り状文書/メール 文例,例文,書き方

喧嘩仲裁 断り状文書/メール 文例,例文,書き方-時候の挨拶文や文例/例文/書式,テンプレートはコピー&ペーストして利用いただけます。 その多くの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。

喧嘩仲裁の依頼 断りメール 文例(友人)


件名:(仲裁の件/ΟΟ君とのこと/RE:ОΟの件)


ΟООΟ (君へ/さん)
 
(ОΟ/ΟΟのОΟ)です。
 
ОΟ君と(のこと、(なんかややこしいことになってる/こじれてる)/派手な喧嘩した)みたいだね。
または
(さて/早速だけど)、(メールの件/電話もらった件/この前頼まれてたこと)だけど、(すまないが/悪いけど)僕には力になってあげられないよ。
または
今回は、この前頼まれたОΟとの喧嘩の仲裁ののことでメールしました。
または
(今回は、他でもないけどОΟ君との喧嘩の仲裁の件で/この前頼まれた仲裁のこどで/電話もらった件で)メールしまいした。
 
(先日/昨日)(電話をもらってから/もらったメールを読んで)(いろいろ/一晩)考えましたんだけど、(自分たちの問題だからお互いに納得いくまで話す/人に頼らず素直に君が彼に謝る/正直いって君が悪いから君がきちんと謝る)のがいいと思うんだ。だから今回のことは断らせてもらうよ。(悪く思わないでくれな/それが君のためだよ)。
または
君の言うとおり(ОΟ君とは前は親しかった/僕もОΟ君を知っている)けどね。
(最近はあまり会ってなくて/僕も喧嘩をしてそれから付き合ってないんで/僕も彼は苦手でなんで)、すまないんだが、他の人に頼んで(もらえればありがたいです/ください)。
または
ところで、メール読んで思ったんだけど、君も(悪いから(素直に/早く)/意固地にならないで自分か)(仲直りしてもらえるよういった/謝った)ほうがいいんじゃないかな。
または
今回の(こと/喧嘩/仲たがい)は、(僕には関係ないことだから僕が中にはいるのは筋違いだから/僕はОΟ君とも親しい友だちだからこのことで口を挟んむことはできないから)悪いけど、このことだけは勘弁してくれな。
 
君として(俺だったら何としてくれると思って相談してくれた/はとても困って私を頼ってくれた)のに(友だち甲斐のないと思うだろうが/期待はずれな返事でがっかりするかもしれないけど)、(僕の気持ちを分かって/僕の立場も理解して)もらえたら嬉しいよ。
または
(役立たず/友だち甲斐のないヤツ)と思うかもしれないけど、(君とОΟのことを思ってのことだから分かってくれな/悪く思わないでくれな)。
 
先日の返事とお詫びまで。
または
(彼と早く仲直りできるのを祈っとくよ/何かあったらまた連絡くれな)。
または
それでは、また。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例/例文一覧

喧嘩仲裁の依頼 断りメール 文例(知人)


件名:(お願いされましたことのお返事/ΟΟのお返事/ΟΟさんとのこと/RE:ОΟの件)


ΟООΟ 様
 
(ОΟ/ΟΟのОΟ)です。
 
この度メールしましたのは、(他でありません/先日お話をお聞きした/お願いされました)(ΟΟさんとの喧嘩の仲裁の件/ΟΟさんとこと)です。
または
日頃は、何お世話になっております。
または
早速ながら、(先日/昨日)(お電話をいただいて/のメールを読ませていただき)、(私なりに考えてみました/一晩じっくり考えました)。
または
ΟΟさん、ΟΟさん(に仲直りのお話をすること(ができませんでしたこと/をお断りしてしまいましたこと)/とのことお役に立てませず)申し訳ございません。
 
早速ながら、(先日/昨日)(お電話をいただいて/いただいた手紙拝読しまして/のメールを読ませていただき)、(私なりに考えてみました/一晩じっくり考えました)。
または
ОΟ(さん/様)と(のこと、お話をお聞きして/の仲たがいを知りまして)(驚いております/何とか(仲直りできないかと/ならないのかと)案じております)。
または
(メールを拝読/お話をお聞き)して、ΟΟさんの(ご心中/辛いお立場/苦しいい胸の内)お察します。(しかしながら、/とは申しましても/実を申しますと)、(私はΟΟさんのことをあまり良く存じ上げません/私もΟΟさんと仲たがいをしてとりまして、最近は疎遠となっておりまして/私も先日些細なことで(口論となり/喧嘩/気分を害してしまい)それ以来、以前ほど親しい関係でなくなっておりまして)申し訳ないことではありますが、私にはお力になれないのです。
または
(その時に状況を/お話を/お二人の(お考え/ご事情)を)お聞きしまして、(この件に/この度のことはお二人のことですから(第三者である/無関係の)/この件はОΟですから)私が口を挟むのは、(筋ちがい/さし控えたほうがよい/ますます話しをこじらせる)(のではないか/と)(思いまして/考えるに至りまして)、ΟΟさんには申し訳ですが、今回のことは何方か他の方にお願いしていただければ幸いに存じます。
 
ОΟ(さん/様)の(お願い/ご依頼/たってのお願い)をお断りするのは心苦しいのですが、どうか(ご理解/ご容赦)いただきますようお願いいたします。
または
今回は、(誠に申し訳ないことをしてしまいました/友だち甲斐のないことをしてしまいますが/お役に立てません)が、(今後とも仲良くしていただき/変わらぬご交誼を賜り)ますようお願い申し上げます。
または
ОΟ(様/さん)には、(たいへんお困り/打つ手がなく/苦しい状況で)私(に助けを求められた/にご相談いただいた)にもかかわらず(お役に立てません/友だち甲斐のないことです)が、とうかご理解いただきますようお願いいたします。
 
影ながらΟΟさん(との仲直りができます/とのことが早く解決します)ことをお祈りいたします。
または
取り急ぎ、先日のお返事とお詫びまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

友人間の喧嘩仲裁のお願いの断り 文例

(冠省/前略) (今回は、他でもないけどОΟ君との喧嘩の仲裁の件で/この前頼まれた仲裁のこどで/電話もらった件で)(メールしまいした/連絡しました)。
または
(先日/昨日)(電話をもらってから/もらった(手紙/メール)読んでから)(いろいろ/一晩)考えました。
または
ОΟ君と(のこと、(なんかややこしいことになってる/こじれてる)/派手な喧嘩した)みたいだね。
 
(確かにОΟ君とは前は親しかったけど/僕もОΟ君を知っているとはいえ)、(最近はあまり会ってなくて/僕も喧嘩をしてそれから付き合ってないんで/僕も彼は苦手でなんで)、(申し訳ないと思うが、今回は勘弁してくれな/すまないんだが、他の人に頼んで(もらえればありがたいです/ください)/(今回のこと/そのことだけ)は、すまないが力にはなれないみたいだ)。
または
今回の(こと/喧嘩/仲たがい)は、(正直いって君が悪いから君がきちんと謝るべきだから/僕には関係ないことだから僕が中にはいるのは筋違いだから/僕はОΟ君とも親しい友だちだからこのことで口を挟んむことはできないから)(申し訳なけど、誰か他の人を当たってくれな/悪いけど、このことだけは勘弁してくれな)。
 
(君としてはとても困って/どうにもならなくて)(私/僕)(を頼ってくれた/に助けを求めた/に相談してくれた)のに(友だち甲斐のないと思うだろうが/力になってあげないことを憎むかもしれないけど/期待はずれな返事でがっかりするかもしれないけど)、(僕の気持ちを汲んで/僕の立場を理解して/僕の方の事情も分かって)もらえれば嬉しいよ。
または
今回は、(君のお願いをきけない/友だち甲斐のないことをする)けど、(気を悪くしないでね。お願いします。/どうか許してね。そしてまた連絡してね/これからも仲良くしてください/変わらず友だちでいてください。お願い申し上げます)。
または
(君とは長い付き合いだし/これまでも仲良くしてもらってるし/君には相談にのってもらったりしたし)、僕としは(何とかしてあげたい/力になりたい)けど、(どうにもならないんだ/何もできないんだ/今は無理なんだ)。本当に(も申し訳ない/ごめんね/すまない/信じてくださいね)。
 
先日の返事とお詫びまで。
または
(彼と早く仲直りできるのを祈っとくよ/何かあったらまた連絡くれな)。
または
大変だと思うけど(頑張れよ/短気だけは起こすなよ)。

草々/敬具

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ (君へ/さん)

知人間の喧嘩仲裁のお願いの断り 文例

(冠省/前略) この度(メール/お便り)しましたのは、(他でありません/先日お話をお聞きした/お願いされました) (ΟΟさんとの喧嘩の仲裁の件/ΟΟさんとこと)です。
または
早速ながら、(先日/昨日)(お電話をいただいて/いただいた手紙拝読しまして/のメールを読ませていただき)、(私なりに考えてみました/一晩じっくり考えました)。
または
ОΟ(さん/様)と(のこと、お話をお聞きして/の仲たがいを知りまして)(驚いております/何とか(仲直りできないかと/ならないのかと)案じております)。
または
ΟΟさん、ΟΟさん(に仲直りのお話をすること(ができませんでしたこと/をお断りしてしまいましたこと)/とのことお役に立てませず)、改めてお詫び申し上げます。
 
(お手紙を拝読/お話をお聞き)して、ΟΟさんの(ご心中/辛いお立場/苦しいい胸の内)お察しいたしております。(しかしながら、/とは申しましても/実を申しますと)、(私はΟΟさんのことをあまり良く存じ上げません/私もΟΟさんと仲たがいをしてとりまして、最近は疎遠となっておりまして/私も先日些細なことで(口論となり/喧嘩/気分を害してしまい)それ以来、以前ほど親しい関係でなくなっておりまして)(誠に申し訳ないことではありますが、私にはお力になれないのです/何とかしてさしあげたいのは山々ではありますが、私には何もできそうもありません)。
または
(その時に状況を/お話を/お二人の(お考え/ご事情)を)お聞きしまして、(この件に/この度のことはお二人のことですから(第三者である/無関係の)/この件はОΟですから)私が口を挟むのは、(筋ちがい/さし控えたほうがよい/ますます話しをこじらせる)(のではないか/と)(思いまして/考えるに至りまして)、ΟΟさんには申し訳ですが、(今回のことは何方か他の方にお願いしていただければ幸いに存じます/このことだけは、ご勘弁いただけますようお願いいたします)。
または
(日頃よりお世話になっております/他でもない)(ΟΟさん/様)が(私を頼られてたことです/お困りのご様子でした)から私(は何とかし/は何としてもお力になら)なければなりませんでしたのではありますが、(あいにく/悪いことに)ΟΟさんとは、(仲たがいしていて/喧嘩をしたばかりで)私(の言うことなど聞いていただけるとも思えませんで/が何か申し上げると逆効果となると思いまして)ОΟ(さん/様)に本当に申し訳なかったのではありますが、今回をことはご勘弁いただいた次第でした。
 
ОΟ(様/さん)には、(たいへんお困り/打つ手がなく/苦しい状況で)私(を頼られたのを重々承知している/に助けを求められた/にご相談いただいた)にもかかわらず、(甚だ友だち甲斐のないことをします/お力をお貸できません)こと、何卒(ご容赦賜ります/お許しいただけます)ようお願い申し上げます。
または
この度のことでは、(お願いをお聞きできませんしたが/友だち甲斐のないしてあいまいます)が、どうか(気を悪くなさいませんようお願いします。/お許しいただいて、今後とも変わらずご交誼を賜りますようお願い申し上げます)。
または
(ΟΟさんとは長い付きお合いですし/これまでも親しくしていただいておりますし/ΟΟさんにご相談いたしておりましたし)、(何とかしてしないといけない/お力になりたかった)のですが、私には(どうにもならないということだけはご理解/何もできまそうにない事情をお汲み取り)いただき今後とも変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
 
影ながらΟΟさん(との仲直りができます/とのことが早く解決します)ことをお祈りいたします。
または
(改めまして/取り急ぎ、)お詫びまで申し上げます。
または
取り急ぎ、先日のお返事とお詫びまで申し上げます。

草々(書き手が女性の場合)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項