念書 飲酒/風俗/借金/衝動買しない旨 文例,例文,書き方

飲酒/風俗/借金/衝動買しない旨の念書 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分goの実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

過度の飲酒をしない誓い 念書 文例

ООΟО 様

念 書

(不始末を起こした場合)
こと度は、(私(の飲酒による不始末で/の酒癖の悪さから、家族に)多大なご迷惑とご心配をおかけし/私が酒を飲み家族に暴力を振るってしまい)ましたこと、深くお詫びします。
ついては、(今後一切お酒を飲まない/当面外での飲酒をしない/二度と(深酒/泥酔するまで飲まない/外では酒を飲まない)/今後は節度をもって飲酒する)ことを(念書をもってお誓いいたします/誓う証に念書を差し入れます)。
 
(再三の注意に反しての飲酒の場合)
私は、(医者から飲酒を禁止されているの/皆に過度の飲酒をしないことを誓った/これまでにも飲酒が原因の(事件/問題)を起こしその際、過度の飲酒をしない旨を約束した)にもかかわらず、再び(飲酒/泥酔するまで酒をのんで/酒を飲んだうえで喧嘩をする不始末を起こして)しまい(、多大なご迷惑とご心配をかけましたこと、深くお詫びします/、深く反省しています)。
ついては、(今度こそは切お酒を絶つことと/二度と(深酒/泥酔するまで飲まない)ことを(念書をもってお誓います/誓う証に念書を差し入れます)。
 
(配偶者宛_飲酒での暴力の場合)
私(の酒癖の悪さから、家族に多大なご迷惑とご心配をおかけし/が酒を飲み家族に暴力を振るってしまい)ましたこと、深くお詫びします。
ついては、(今後一切お酒を飲まない/二度酒を飲んで暴力を振るわない/二度と(深酒しない/泥酔するまで飲まない)/今後は節度をもって飲酒する)ことを誓い、万が一再度酒を飲んで暴力を振るうことがあれば離婚を無条件に承諾し、不服を申し立てないこと(を念書をもって(確約/お約束)いたします/の証に念書を差し入れます)。

令和Ο年Ο月Ο日

          氏名 ΟОΟΟ 印
          (自署又は記名/捺印)

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

風俗にいかない誓い 念書 文例▼

借金/衝動買をしない誓い 念書 文例▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項