念書 書式/文例,例文,書き方

念書 文例/書式/テンプレートと書き方の索引となっております。当サイトでは、手紙やメール、ビジネス文書の文例を数多く提供しています。 掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例は状況や宛先などから選び、テンプレートとしてカット&べーストしてご利用ください。

念書 文例/書式/テンプレート一覧

念書 文例/書式/テンプレート一覧

念書 文例/書式/テンプレートと書き方

        殿
(差し入れる相手の名前、会社なら社名と役職も記載)

念 書

私は、以下の事項を確実に履行することをここにお約束いたします。
私は、以下の内容を遵守することを本書面をもってお約束いたします。
など

項目の書き方の注意
1)曖昧な表現を排除して書く。
2)期日や条件を明確にする。
3)場合分けして、どのような場合どうするか書く
4) 実行性のある内容とする。 5) 公序良俗に反しないこと。

以 上

令和Ο年Ο月Ο日 (必ず日付を記載する)

          住所 東京都ΟΟ区Ο番Ο号
          氏名        印
               (自署/捺印)

以 上

5月季節/時候の挨拶(NEW-コロナ時追加)

【コロナ禍での書き出し】
前略 早くも梅雨入りを迎える季節となりましたが、これで雨が続くと(3密をどうしたらさけられるか/窓を開けたままにもできずどうしたものか)と案じているこの頃です。
拝啓 入梅の候、コロナと共存する新たな生活様式の実践は不自由さもありますが、身の安全は何物にも代えられないと心得て過ごしておりますが、(皆様/ΟΟ様)にはいかがお過ごしでしょうか。
拝啓 梅雨の候、(皆様/ΟΟ様)にはコロナとの共存する新たな生活様式のでも益々ご(健勝/活躍)のこととお喜び申し上げます/お元気ににされているとのことで何よりに存じます)。
【コロナ禍での結び文例】
今は第二波、三波に見舞われないように望むばかりです。
外出自粛は解除されたとはいえ、コロナがなくなった訳ではないので感染予防に注意されてお過ごしください。
コロナと共存する生活様式は不便さも多々ありますが、お互い気をつけましょう。
【6月時候の挨拶】
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
梅雨の晴れ間にのぞく青空がまぶしく、夏を感じるこのごろです。
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
青田をわたる風もさわやかな頃となりました。
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
梅雨明けが待ち遠しいこのごろですが、
コロナを題材とした挨拶文の例文
やっと外出自粛も解除されたのもつかの間で梅雨入りの季節となり、(しばらくは巣ごもりがつづきそうです/野外で思いっきり体を動かすこともままなりません)が、 こんな時こそと思い(積読していた本をめくる毎日です/初めて梅を漬けてみました/断捨離をしてみました)。 ΟΟさんはいががお過ごしでしょうか。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
6月を感じる言葉
梅雨/梅雨入り/夏至/父の日/衣替え/沖縄慰霊の日/夏越しの祓(なごしのはらえ)/田植え
【動植物】
紫陽花/花菖蒲/なでしこ/若竹/カタツムリ/ほたる/鮎/イサギ
詳細は、時候の挨拶/季節の挨拶/挨拶文/季語-書き出しと結び
文例一覧policy運営者情報免責事項