文例集HOME> ビジネス文書> 念書> 念書とは

念書文例と書き方

念書とは

念書文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
念書とは、形式としては誓約書に近いもので、一方がもう一方に対して約束する内容を記載して差し出すものです。
 
 通常の契約書は、お互いが合意いた内容を互いに承認して同一内容の書面を2通作成して、お互いが署名(又は記名)捺印しますが、念書は、差し出す側の署名/捺印のみとなります。
 
 念書は、基本的にそれだけでは法的拘束力/強制力はありません。しかし、契約を交わしたということの証拠であり、契約である以上それを履行する義務は当然にあります。そもそも契約は口約束でも成立しますが、最終的に法的強制力を得るために裁判で争うことになれば、素直に相手が約束(契約)したことを認めるとはかぎりません、そんな時、念書は契約成立の有力な証拠となり、裁判を有利に進めることができます。
 
また、念書も契約の一種であることから、一般常識に照らして無謀/法外な内容は、公序良俗に反し、その部分は無効となます。例えば、1万円貸して1週間後までに返さなかったら100万円支払うなどは、法が定める金利を大きく上回っているので、法定金利分しか請求できないことになります。心理的圧力をかけるために書かせるのであれば、意味はあるのでしょうが、裁判では無効です。加えて、このような法外な内容は、脅迫されて書かされたと証言されて、念書の内容(契約)が取り消される虞があります。念書を書かせるうえでは、常識的な内容を心がけるが良いでしょう。
念書は、主に軽微な内容(金銭的に小額)、金銭に置き換え難い内容、正式な契約書又は法的強制力がある公正証書を作成するまでのつなぎ、に使用する程度にとどめるのが良いでしょう。

Posted: 2007 - Updated: 8/26/2007

カスタム検索

念書文例と書き方

各種念書の文例と書き方一覧と 念書関連コンテンツです。

念書文例一覧

6月季節/時候の挨拶と季節の文例

6月時候の挨拶 [詳細:挨拶と結びを参照]
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
6月を感じる言葉
季節の語-梅雨/入梅/梅雨の晴れ間/衣替え/長雨/夏至/短夜
草木-紫陽花/花菖蒲/水芭蕉/月見草/露草/カラー
6月を感じる言葉
-季節の語-
梅雨/入梅/梅雨の晴れ間/衣替え/長雨/夏至/短夜
-草木-
草木-紫陽花/花菖蒲/水芭蕉/月見草/露草/カラー
6月_季節の文例
1.クールビズ時の服装
2.省エネの徹底-夏
3.父の日_送り状
4.お中元関連
5.社長就任_挨拶状
6.議事録_代表取締役等選任
7.株主総会_委任状
8.役員就任_挨拶状
9.採用内定通知
10.不採用通知書
11.採用試験_案内