無断(欠勤/休息/直帰)/遅刻反省 念書 文例_例文_書き方

無断(欠勤/休息/直帰)/遅刻反省の念書 文例_例文_書き方-時候の挨拶文や文例/例文/書式/テンプレート等はコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。

無断欠勤をしない旨 念書 文例

株式会社 ОΟОΟΟ
代表取締役社長
ОΟООΟО 殿

念 書

私は、今後二度と特段の事情もなく無断で会社をい休むことをいたしません。 再びこれに反した場合、懲戒解雇処分となることに不服を申し立てません。
又は、(自ら職を辞する覚悟です。)

令和Ο年Ο月Ο日

          所属 ОΟОΟ
          住所 東京都ΟΟ区Ο番Ο号
          氏名        印
               (自署/捺印)

以 上

遅刻をしない旨 念書 文例

株式会社 ОΟОΟΟ
代表取締役社長
ОΟООΟО 殿

念 書

私は、特段の事情もなく、かつ連絡もせずに始業時間に遅れることをいたしません。 再びこれに反した場合、懲戒処分となることに不服を申し立てません。
又は、(自ら職を辞する覚悟です。)

令和Ο年Ο月Ο日

          所属 ОΟОΟ
          住所 東京都ΟΟ区Ο番Ο号
          氏名        印
               (自署/捺印)

以 上

関連文例/例文一覧

無断(帰宅/直帰)の反省 念書 文例

株式会社 ΟОΟО
(代表取締役社長/ΟΟ部長/工場長)
ΟООΟ 殿

念 書

私は、去る令和Ο年Ο月Ο日、(無断で/上司の許可を得ずに/連絡をせずに)(帰宅/直帰)いたしました。
 
当日は、(体調が優れず早退を願いでようとしましたが/私的用件があり早退の許可を得ようとしましたが)、あいにく(ΟΟ課長/上司の方々)が(不在に/席をはず)しており、(私の勝手な判断で/職場の誰にも伝えず/全く行き先を告げず)職場を離れてしまいました。
(本来なら、/当然、そのよな状況下でも、)(誰かに伝いえる/(総務/人事)に伝えていく/早退届けを提出していく)(べきでした/こともできたのです)が、それを怠ったことは如何なる理由であれ/社会人にあるまじきことで)許されることではなく、今更ながら深く反省しております。
または
その日は、(客先での打ち合わせ/営業で数社を廻りました/ΟΟ社へ出向きました)が、(予定より早く(用件/打ち合わせ)が終わりましたので(本来なら/当然)、帰社すべきであった/客先担当者が不在で予定より早く帰社できる状況でした)にもかかわらず、(帰社しても直ぐに定時となる思いで/通常ОΟ社へ出向いた時は直帰となっていたので/直帰る予定で外出していましたので)、(私の勝手な判断/少々早く帰社することになるが良かろうとの不誠実な考えで/少しくらいなら許されるだろうとの甘い考えで)そのまま帰社いたしました。
この行動は、ひとえに私の(ОΟ社社員としての自覚の欠如/の不徳の致すところ/の普段からの甘えのあらわれ)であり、私の(身勝手/自分本位/いい加減)な行動により、ご迷惑をおかけしました皆様に深くお詫び申し上げます。
 
今後は、(勝手な行動をしない/就業規則を遵守する/会社のルールに反するころをしない)ことを念書をもって(確約/お約束/お誓い)したします 。
または
今後、二度と(同様のことの/勝手に帰社し)ないことは勿論、就業規則を遵守しますことを念書をもって深くお詫び申し上る次第です 。
または
今後二度と(ОΟ/無断外出/無断帰宅/職場放棄)をなさないことをお誓いするともに、万が一にも同様のことをなした場合、(厳しい/相応の懲戒)処分をお受け(する覚悟しております/して不服を申しません)。

令和Ο年Ο月Ο日

          ΟΟ部ΟΟ課
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (自署又は記名/捺印)

無断休憩/サボりの反省 念書 文例

株式会社 ΟОΟО
(代表取締役社長/ΟΟ部長/工場長)
ΟООΟ 殿

念 書

私は、(これまでに(О回/数回)無断で休憩を取り、注意を受けていたにもかかわらず、/これまでにも無断休憩を口頭での注意を受けていたにもかかわらず/就業規定に反して)(去る/再度)令和Ο年Ο月Ο日(業務時間中に職場をはなれて休息/午後の業務開始時間に遅刻/休憩時間以外に喫煙室で喫煙を/無断で休憩を)いたしました。
 
この度の(職場放棄/職務怠慢/無断休憩)は、私の(社会人としての自覚/仕事への責任感)の欠如であり、深く反省をしております。
または
この度のことは、私(の考えて甘さでありが原因であり/の不誠実さに起因することは明らかであり/が少々休み時間(長くとっても/業務開始時間に遅れても)良かろうと考えたことが原因であり/の中に少しくらいなら許されるだろうとの甘い考えあったことは否定できませず)、(自身の愚かさを/軽率な行動を)(恥じるとともに、猛省しております/今さらながらですが、後悔しております)。
 
今後は、(業務に対する姿勢を改め/絶対に)就業規則(に反することをしない/を遵守する)ことを念書をもって(確約/お約束/お誓い)したします 。
または
今後は、二度とこのような(不始末/勝手な判断/自己本位な行為)をしないよう努め、業務に専心してまいることを念書をもって深くお詫び申し上る次第です 。
または
今後二度とこのような(勝手な行動をしない/就業規則に反するこをしない/会社のルールに反するころをしない)ことをお誓いするともに、万が一にも同様のことをなした場合、(厳しい/相応の懲戒)処分をお受け(する覚悟しております/して不服を申しません)。

令和Ο年Ο月Ο日

          ΟΟ部ΟΟ課
          氏名 ΟОΟΟ 印
          (自署又は記名/捺印)

就業規則違反をしない旨 念書 文例

株式会社 ОΟОΟΟ
代表取締役社長
ОΟООΟО 殿

念 書

私は、今後いかなる場合も就業規則を遵守し、違反行為をしないことをお約束いたします。 再びこれに反した場合、懲戒処分となることに不服を申し立てません。

令和Ο年Ο月Ο日

          所属 ОΟОΟ
          住所 東京都ΟΟ区Ο番Ο号
          氏名        印
               (自署/捺印)

以 上

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項