お食い初め 招待状/招待メール 文例

お食い初め 招待状/招待メール 文例 - 文例は、コピーしてご利用いただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

お食い初め祝い 招待メール 文例(近親者宛)


件名:(お食い初め祝いのご案内/(長男/長女)〇〇のお食い初めにお越しください)


(お母様/お父様/〇〇様)
 
〇〇です。
 
(お父様/お母様)には、(いつもお気遣いいただきありがとうございます/お変わりございませんか)。
 
早いもので私ども(長男/長女)〇〇の誕生から〇日で百日となりますので、昔からの慣わしどおりに(お食い初め/百日のお食い初め)祝いをすることにしました。
もし、よろしければ(お父様/お母様)にもご一緒にお祝いいただきたいと思いメールいたしました。
 
(お父様/お母様)にはお忙しいでしょうが、(是非ともお越しください/お越しいただければ幸いです)。
 
日時 〇月〇日(〇) 午後〇〇時〜
 
*************************
      署名
*************************

関連文例一覧

お食い初め祝い 招待状 文例(近親者宛)

(お父様/お母様)

〇〇な季節となりましたが、(お父様/お母様)には(お元気にされているとのことで何よりです/その後、お変わりございませんか)。
さて、早いもので私ども(長男/長女)〇〇の誕生から〇日で百日となりますので、昔からの慣わしどおりに(お食い初め/百日のお食い初め)祝いを(形ばかりではありますが/ささやかながら)、〇月〇日に(我が家/拙宅)にて、〇時よりすることにしました。
もし、宜しければ(お父様/お母様)にもご一緒にお祝い(いただきたく/いただけないかと思い)、(お便りしました/ご案内を差し上げました)。
(お父様/お母様)には、(ご多忙中とは存じます/お忙しいでしょう)が、(是非とも/ご都合がつきくようであれば)(足をお運び/お越)(いただけますようお願い申し上げます/くださいませ。心よりお待ちいたしております/いただければ幸いです)。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項