療養お見舞い お礼状 文例,例文,書き方

療養お見舞い お礼状 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストしてご利用ください。 その多くの文例,例文には、置き換えの文言や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。
手紙/ハガキの書き方一覧
時候の挨拶  手紙  ハガキ  封筒  宛名  便箋折り方

療養お見舞い お礼状 文例(近況報告_一般向)

前略 この度は、私の(病気で/怪我による入院で/病気療養に際して)、(ΟΟ様/ΟΟさん)に(ご心配をおかけしてしまい/お心遣いをいただき)(申し訳なございません/すみません)。
(また/さらには/そのうえ)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか(過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(いただき/お送りいただき)まして(ありがとうございます/たいへん恐縮いたしてます/厚くお礼申し上げます)。
(幸い/何とか/お陰様で/今は)(当初の頃とは比較にならないほど状態も良くなりました/ΟΟ頃には仕事にも復帰できるのではないかと思っています/経過も順調で後ОΟでОΟがきるまでに回復できるそうです/家にも帰ることができまして、自宅での療養をしております/少しずつではありますが快方に向かってます/まだ、以前と同じとはいきませんが、大方自分で何でもできるようになりつつあります/日常生活には全く不便がないくらいまで回復した/ΟΟ様をはじめ多くの方々からの励ましに助けられて、辛い(治療/リハビリ/痛み/状況)にも負けない強い気持ちでいます)ので、(ΟΟ様/ΟΟさん)にも(ご安心/ご休心/これ以上のご心配をなさらないで)ください。
簡単ではありますが、取り急ぎお見舞いのお礼かたがた近況のご報告まで。
(ΟΟ様/ΟΟさん/皆様方)にはくれぐれもお体にお気をつけ(ください/くださいませ)。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

関連文例/例文一覧

療養お見舞い お礼状 文例(近況報告_知人宛)

(拝復/拝啓) ΟΟの候、(ΟΟ様におかれまして/ΟΟさんに)は益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、私(のためにわざわざ/の病気療養に際して)、(温かいお見舞状を/勇気づけられる励ましを/お見舞いにお越し)(頂戴いたし/いただき/お送りいただき)、(深く感謝いたしております/本当にありとうございます/厚くお礼申し上げます)。
(幸い/何とか/お陰様で)、(先生からも危険な状態は脱したと云われております/安定した状態が続いています/もう大丈夫です/少しずつ快方に向かってます/本人の意識もはっきりしています)ので、(ΟΟ様/ΟΟさん)にも(今のところ/当面は/まずは)(ご安心/ご休心/ご心配されないで)ください。
(誠に簡単ですが/取り急ぎ)、本人になり代わりましてお見舞いのお礼かたがた近況のご報告を申し上げます。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(ΟΟ様/ΟΟさん/皆様方)にはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬 具

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

療養お見舞い お礼状 文例(病状報告_知人宛)

(拝復/拝啓) ΟΟの候、(ΟΟ様におかれまして/ΟΟさんに)は益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、私の(父/妻/ΟΟ)の(病気/怪我/病気療養/入院)に際して、(温かいお見舞状を/勇気づけられる励ましを/わざわざお見舞いにお越し)(頂戴いたし/いただき/お送りいただき)、(深く感謝いたしております/本当にありとうございます/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は、私の(父/妻/ΟΟ)の(病気/怪我/病気療養/入院)に際して、(ΟΟ様/ΟΟさん)に(ご心配をおかけしてしまい/わざわざお見舞いにお越しいただき)(申し訳なございませんでした/すみません)。
(また/さらには/そのうえ)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか(過分なお見舞い/お見舞いの品)まで(いただき/お送りいただき)まして(ありがとうございました/たいへん恐縮いたしてます/厚くお礼申し上げます)。
(父/妻/ΟΟ)の(病状/容態/状態)は(今のところ/まだ)(小康状態のままです/予断を許さないのです/良いとはいえません/重篤たと医師より伝えられています)(が、/。しかしながら)(私は/私たちは/家族ともども)(回復するものと信じてます/優秀な医療スタッフが揃った病院でもあり、必ずや回復すると信じています)ので、 ОΟ(様/さん)(も/におかれましても)(今のところ/当面は/まずは)(ご安心されて/ご休心されて/ご心配されないで)ください。
または
(残念ながら/未だ)(父/妻/ΟΟ)の(病状/容態)は(小康状態です/予断を許しません/良いとはいえません)が、(私も/私たちも/家族ともども)(万一のこととはないと強く信じ/一途の望みを捨ててず/如何にか一命はとりとめるものと信じ)、(一心に祈っております/懸命に看護を続けています)ので、 (何卒/どうか)、ОΟ(様/さん)(も/におかれましても)(一緒にお祈りいただければ幸いです/ΟΟの回復を信じていてください)。
(また/それと)、お見舞いをいただいておきながらこの様な状況でもあり、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなり(申し訳ございませんでした/ましたこと、ご容赦ください)。
(甚だ略儀ではありますが/誠に簡単ですが/取り急ぎ)、(ОΟ/本人)になり代わりお礼かたがたご報告申し上げ(ました/た次第です)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

療養お見舞い お礼状 文例(近況報告_友達宛)

前略 この度は(俺/私/私のОΟ)の(突然の入院/療養/思いのよらない病気)で、(ОΟ/君)にも心配をおかけてし(まい申し訳ないね/まい面目ない/まって、本当にすみません)。
(それなのに/それにもかかわらず)、(わざわざ病院まで見舞いにきて/温かいお見舞状まで/とても勇気づけられる励ましまで/見舞いの品まで)(もらい/いただき/送ってくれて)、(感謝してます/本当にありとう/心からお礼をいうよ)。
または
(それなのに/また)、(わざわざ見舞いにまできてもらったうえにお見舞い/心のこもったお見舞い状ばかりか見舞金/とても勇気つけられる励ましをもらったうえにお見舞いの品)(までいただき/までもらい)、(感謝してます/ありがとうございます/恐縮してます)。
(幸い/何とか/お陰様で/今では/その後/あの時より)、(当初の頃とは比較にならないくらい状態も良くなってきてる/ΟΟ頃には仕事にも復帰できるかなと思ってる/経過も順調で後ОΟでОΟがきるくらいに回復できそうだ/もう家にも帰ることができて、自宅療養をしてる/少しずつ良くなってる/まだ、以前と同じとはいかないが、大方自分で何でもできるようになりつつある/日常生活には全く不便がないくらいまで回復した/ΟΟ君をはじめ多くの人たちからの励ましに助けられて、辛い(治療/リハビリ/痛み/状況)にも我慢できてる)から、(ОΟ/ΟΟ君/お前)も(安心してくれ/これ以上心配ないでいいからね)。
(とても簡単だけど/取り急ぎ)、お見舞いのお礼まで。
それと、(お前/君/ΟΟ君)も健康にだけは気をつけとけよ。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

療養お見舞い お礼状 文例(病状報告_友達宛)

前略 この度は、(私/僕/俺)の(父/妻/ΟΟ)の(病気/怪我/入院)で、(ОΟ/君)にまで心配をかけてし(まい申し訳ないね/本当にすみません)。
(また/それに/そのうえ)、(お見舞状/わざわざ病院にまで来てもらった)ばかりか(お見舞い/お見舞いの品)まで(もらい/いただき/送ってくれて)、(感謝してます/本当にありとう/心からお礼をいうよ)。
(父/妻/ΟΟ)の(病状/容態/状態)は(今のところ/まだ)(小康状態のまま/予断を許さない/良いとはいえない/重篤たと医師から伝えられてる)けど、(僕は/俺たちは/私/私たちは/家族全員)(回復するものと信じてる/優秀な医療スタッフが揃った病院でもあり、必ずや回復すると信じてる)から、 (ОΟ/ΟΟ君/お前)も(今のところ/当面は/まずは)(安心してくれ/これ以上心配ないでいいからね)。
または
(残念ながら/未だ)(父/妻/ΟΟ)の(病状/容態)は(小康状態だけど/予断を許さないが/良いとはいえないが)、(俺も/僕たちも/家族全員)(万一のこととはないと強く信じて/望は捨ててないで/如何にか一命はとりとめると信じて)、(一心に祈ってる/懸命に看護を続けてる)から、 (ОΟ/ΟΟ君/お前)も(祈といてくれたらありがたいよ/ΟΟの回復を信じててくれな)。
(また/それと)、お見舞いをもらっておきながら、報告が遅くなって(申し訳なかったな/すまなかったね)。
(とても簡単だけど/取り急ぎ)、お見舞いのお礼まで。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

療養お見舞い お礼状 文例(近況報告_親戚宛)

(拝復/拝啓) ΟΟの候、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(私/父/妻/ΟΟ)(のためにわざわざ/の病気療養に際して)、(温かいお見舞状を/度々励ましのお言葉を/再度お見舞いにお越し)(頂戴いたし/いただき/お送りいただき)、(感謝いたしております/ありとうございます/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は、(私/父/妻/ΟΟ)の(病気で/怪我による入院で/病気療養に際して)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)(に/にまで)ご心配をおかけしてしまい(申し訳なございません/すみません)。
(また/さらには/そのうえ)、(温かいお見舞状/励ましのお言葉)ばかりか(過分なお見舞い/お見舞いの品/素敵なОΟ)まで(いただき/お送りいただき)まして(ありがとうございます/たいへん恐縮いたしてます/厚くお礼申し上げます)。
(幸い/何とか/お陰様で/今では/その後/その時より)、(当初の頃とは比較にならないほど状態も良くなりました/ΟΟ頃には仕事にも復帰できるのではないかと思っています/経過も順調で後ОΟでОΟがきるまでに回復できるそうです/家にも帰ることができまして、自宅での療養をしています/少しずつですがが快方に向かってます/まだ、以前と同じとはいきませんが、大方自分で何でもできるようになりつつあります/日常生活には全く不便がないくらいまで回復した/ΟΟ様をはじめ多くの方々からの励ましに助けられて、辛い(治療/リハビリ/痛み/状況)にも負けない強い気持ちでいます)ので、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)にも(ご安心/ご休心/これ以上のご心配をなさらないで)ください。
甚だ簡単ではありますが、取り急ぎお見舞いのお礼かたがた近況のご報告まで。
または
(幸い/何とか/お陰様で)、(先生からも危険な状態は脱したと云われております/安定した状態が続いています/もう大丈夫です/少しずつ快方に向かってます/本人の意識もはっきりしています)ので、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)にも(今のところ/当面は/まずは)(ご安心/ご休心/ご心配されないで)ください。
(誠に簡単ですが/取り急ぎ)、(本人/ΟΟ)になり代わりましてお見舞いのお礼かたがた近況のご報告を申し上げます。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(叔父様/叔母様/ΟΟさん/皆様方)にはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

療養お見舞い お礼状 文例(病状報告_親戚宛)

(拝復/拝啓) ΟΟの候、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)におかれましては益々ご(健勝/壮健/清祥)のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は、(父/妻/ΟΟ)の(病気/怪我/病気療養/入院)に際して、(お見舞状を/勇気づけられる励ましを/わざわざお見舞いにお越し)(頂戴いたし/いただき/お送りいただき)、(感謝いたしてます/ありとうございました/厚くお礼申し上げます)。
または
前略 この度は、(父/妻/ΟΟ)の(病気/怪我/病気療養/入院)で、(叔父様/叔母様/ΟΟさん)にご(心配/心労)をかけした上に(お見舞状/お見舞い/お見舞いの品)まで(いただき/お送りいただき)(ありがとうございました/厚くお礼申し上げます)。
(父/妻/ΟΟ)の(病状/容態/状態)は(今のところ/まだ/それ後も)(小康状態のままです/予断を許さないのです/良いとはいえません/重篤たと医師より伝えられています)(が、/。しかしながら)(私は/私たちは/家族ともども)(回復するものと信じてます/優秀な医療スタッフが揃った病院でもあり、必ずや回復すると信じています)ので、 (叔父様/叔母様/ΟΟさん)(も/におかれましても)(今のところ/当面は/まずは)(ご安心されて/ご休心されて/ご心配されないで)ください。
または
(残念ながら/未だ)(父/妻/ΟΟ)の(病状/容態)は(小康状態です/予断を許しません/良いとはいえません)が、(私も/私たちも/家族ともども)(万一のこととはないと強く信じ/一途の望みを捨ててず/如何にか一命はとりとめるものと信じ)、(一心に祈ってます/懸命に看護を続けてます)ので、 (何卒/どうか)(叔父様/叔母様/ΟΟさん)(も/におかれましても)(一緒にお祈りくだされば幸いです/ΟΟの回復を信じていてください)。
(また/それと)、お見舞いをいただいていて、(ご報告/お礼/ご報告並びにお礼)が遅くなり(申し訳ございませんでした/ましたこと、ご容赦ください)。
(甚だ略儀ではありますが/誠に簡単ですが/取り急ぎ)、(ОΟ/本人)になり代わりご報告申し上げ(ました/た次第です)。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、皆様方におかれましてはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

療養お見舞い お礼状 文例(近況報告_同僚宛)

前略 この度は(私/僕)の(病気/怪我による入院/病気療養)で、(皆さん/ΟΟさん/多くの方々)に(ご心配/ご心配とご迷惑/たいへんなご迷惑/ご苦労)をかけしてしまい(申し訳ございません/すみません/深くお詫びします)。
(また/それにもかかわらず)、(温かいお見舞状を/励ましのお言葉を/勇気づけられる励ましを/お見舞いにお越し/お見舞いまで/度々のお見舞いを)(頂戴いたし/いただき/お送りいただき)、(深く感謝いたしております/本当にありとうございます/厚くお礼申し上げます)。
(幸い/何とか/お陰様で/今は)(当初の頃とは比較にならないほど状態も良くなりました/ΟΟ頃には仕事にも復帰できるのではないかと思っています/経過も順調で後ОΟでОΟがきるまでに回復できるそうです/家にも帰ることができ、自宅で療養をしています/少しずつですが快方に向かってます/まだ、以前と同じとはいきませんが、大方自分で何でもできるようになりつつあります/日常生活には全く不便がないくらいまで回復した/(ОΟ/皆)さんをはじめ多くの方々からの励ましに助けられて、辛い(治療/リハビリ/痛み/状況)にも負けない強い気持ちでいます)ので、ОΟ(様/さん)も(ご安心/ご休心/これ以上のご心配をなさらないで)ください。
または
(残念ながら/今のところ/まだ/未だ)(復帰の目処はたってはいませんが/完治には時間がかかりそうですが)、(早く仕事への復帰できるように療養に専念してます/懸命に治療を続けてます/必ずや仕事に復帰するという強い気持ちでいます)ので、どうか、今しばらく(のご容赦いただきますようよろしくお願いいたします/不在のご対応をよろしくお願いしたます)。
(誠に簡単ですが/取り急ぎ)、お見舞いのお礼かたがた近況のご報告を申し上げました。
(末筆とはなりましたが/時節柄)、(ΟΟ様/ΟΟさん/皆様)にはくれぐれもご自愛(ください/くださいませ)。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

療養お見舞い お礼状 文例(近況報告_取引先担当宛)▼

療養お見舞い お礼状 文例(近況報告_ビジネス)▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項