セクハラ 始末書 文例

セクハラ 始末書 文例 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

セクハラ 始末書文例(他社宛)

令和〇年〇月〇日

株式会社 〇〇〇〇
(〇〇長/人事部長)
〇〇〇〇 様

株式会社 〇〇〇〇
(〇〇部/人事部長)
 〇〇〇〇 印

始末書

この度は、私の(不始末/思い込み/勘違い/配慮に欠く言動)で(貴社/〇〇様/貴社の皆様)に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。
この度のことは、全くもって私の(社会人としての自覚の欠如/思慮に欠く行動/不徳の致すところ)でありまして、(弁明の余地がなく/あり、申し開きできるものではなく)、(深く反省/猛省)いたしております。
以降、(二度と/絶対に)(〇〇様にご迷惑になることはしない/このよな(迷惑行為をなさない/セクハラと言われても仕方がないことをしない/不始末を起こさない)よう(肝に銘じてまいり/自身の行動を律してまいり/お誓いいたし)ますので、今回ばかりは(ご寛容賜り/お許しいたきき)ますよう伏してお願い申し上げます。
この度の不始末に関し、(改めて/本書をもって)深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

関連文例一覧

セクハラ 始末書文例(他社宛)

令和〇年〇月〇日

株式会社 〇〇〇〇
(〇〇長/人事部長)
〇〇〇〇 様

株式会社 〇〇〇〇
(〇〇部/人事部長)
 〇〇〇〇 印

始末書

この度は、弊社(社員/〇〇)が、(貴社の(〇〇様/女性社員)に対して/宴席の席上、貴社(の女性社員の皆様/〇〇様)に)(執拗に(交際/嫌がらせ)(のメールをして/を迫る迷惑行為をして/をして)しまい、(社員の管理監督をすべき者として/会社の長として)、貴社並びにご迷惑をおかけした(〇〇様/皆様)へ心よりお詫び申し上げます。
この度の不始末は、弊社(〇〇/社員)(のセクハラへの認識不足が招いたことではありますが/の弊社社員たる自覚の欠如ではありますが/が泥酔のあまり、前後不覚となりなしたことが原因でありますが)、その者を(管理監督/指導)するべき立場にある(弊社/私)(の責任は免れるものではなく/の(監督/管理)不行き届き明白であり)、(会社の長/〇〇の上司たる者/社員教育の責任者)として(深く反省/猛省)いたしております。
弊社では今回の事態を重く受け止め、(〇〇/当事者)に対して厳重な注意をするとともに全社員に対して改めて(迷惑/セクハラ)行為撲滅の(再教育を実施/徹底をはかる対策を講じる/指導を行い)(ます/ました)ので、今回に限りましては何とそ(ご寛容賜り/ご容赦いただき)ますよう伏してお願い申し上げます。
この度の不始末に関し、(改めて/本書をもって)深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

セクハラ行為 始末書 文例

代表取締役社長
〇〇〇〇 殿

令和〇年〇月〇日
営業部 〇〇〇〇 印

始末書

私は、令和〇年〇月〇日課内の親睦会におきまして、 出席された女性社員の皆様に大変不快な思いをさせてしまいましたこと、 心より反省しております。
その日は、日頃あまり飲まないアルコールを大量に飲み泥酔しまったため、 理性的がはたらかず愚かな行為を犯してしまいました。 翌日、その愚行に対するクレームがあったことを知り、ご迷惑をおかせした 皆様には謝罪を意をとお伝えしました。
本件は、ひとえに私の不徳の致すところあり、弁解の余地もございません。
つきましては、本書におきまして、改めてご迷惑をかけけした女性の皆様に衷心より、 お詫び申し上げます。また、今後あのような行為を行わないことを固くお約束いたします 。

以 上

始末書 書き方

代表取締役社長
〇〇〇〇 殿

令和〇年〇月〇日
営業部 〇〇〇〇 印

始末書

令和〇年〇月〇日〇時頃、・・・を起こしました。(不始末の具体的な状況を説明する文章)
・・・・のため起こりました。(不始末が発生した原因を書く)
・・・・となりました。又は、下記の損害が発生しました。(結果としてどうなったかを書く)
このことは、私の・・・・が原因であり、深く反省しております。以後このようなことのないよう・・・してまいる所存です。(反省と再発防止の方法や心構えを書く)
この度の不始末に関しまして本始末書をもちまして深くお詫び申し上る次第です。(お詫びの言葉を書く)

(具体的な損害の状況を詳細に書く)
 〇〇〇〇 商品代金 〇〇万円 廃棄
 〇〇〇〇 損害賠償金 〇〇万円の支払い
 〇〇〇〇 修理代金 〇〇万円
       合計  〇〇万円

以 上

始末書の体裁

1.用紙
基本は、縦書き便せんですが、会社によってはワープロの横書きでもよい場合もり、会社の慣習に従う。
2.封筒と表書き
基本は、白無地の和封筒(縦長)に入れて提出するが、ワープロの場合、そのまま折らずに提出するのがよいでしょう。
封筒の表書きは、中央に「始末書」とだけ書く。
3.書き方
便せんでは、手書きとし、1行名の中央に「始末書」と書き、1行あけて文章を書く。
文末
上合わせで宛名「代表取締役社長 〇〇〇〇様」
改行して下合わせで自身の「所属/氏名 捺印」
上合わせで「日付」
ワープロの場合は、捺印を忘れないようする。
4.提出先
基本的に直属の上司経由で提出するが、直属の上司より高位の役職者から指示された場合、指示した方に持参して提出する。その際は、直属の上司に承認を得て提出するのがよいでしょう。

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項