店への迷惑 始末書 文例_例文_書き方

店への迷惑 始末書 文例_例文_書き方-時候の挨拶文や文例/例文/書式/テンプレート等はコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。

個人的_始末書(店への迷惑)文例

令和Ο年Ο月Ο日

居酒屋 ΟΟΟ
店長 ΟООΟ(殿/様)

ΟООΟ 印

始末書

去るО月О日、貴店に来店した際、(泥酔し/自制心を失い/些細なことで感情的なり、)(他のお客様と(口論/喧嘩を)するなど/店内を汚してしまい/従業員の方に絡んでしまい/大声を出して暴れるなどして)貴店に多大なご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
 
この度のことは、ひとえに私の不徳の致すところであり、深く反省するとともに心よりのお詫びを申し上げる次第です。
または
当日は(酒を飲みすぎ、前後不覚となって/記憶がないほど泥酔して)いたとはいえ、(社会人としてあるまじきことをしてしまい/貴店に多大なご迷惑をおかけしたことを)、深く反省するとともに心よりのお詫びを申し上げます。
 
今後二度と同様のことがないよう(酒の飲み方に注意を払ってまいることをお誓い申し上げる次第です/肝に銘じてまいる覚悟をしてまいる所存です)。
または
今回に限って警察への(通報を/被害届の提出を)控えていただ(き心より感謝いたしますとともに/いたご恩を無にしないよう)、二度と同様の不始末をなさぬよう肝に銘じてまいることをお誓いします。
 
本書にて私の(不始末/行為)につき、反省とお詫びを申し上げます 。

以 上


 

関連文例/例文一覧

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項