飲酒迷惑 始末書の文例や例文と書き方

飲酒迷惑 始末書の文例や例文と書き方- 文例や例文/書式/テンプレートは、コピーしてそのままお使いいただけます。 当サイトの文例や例文は、文章を書く上で助けとなる書き換えの語や句、文章が入れられてます。 個々の状況、心情に合わせて文章、語句を選んで使用されてください。

飲酒愚行 始末書 文例

代表取締役社長
〇〇〇〇 殿

令和〇年〇月〇日
営業部 〇〇〇〇 印

始末書

私は、去る令和〇年〇月〇日の課内忘年会におきまして、 出席された皆様に大変不快な思いをさせたばかりか、会場となった 居酒屋〇〇〇の皆様にも、当社の社員としての品位を欠く行動で 多大なご迷惑をかけてしまいました。
その日は、忘年会とあって気が緩んしまい大量の飲酒をし泥酔状態 になってしまいました。そのため記憶も途切れ途切れで翌日課内の皆さんからの 指摘で初めて、その愚かな行為を知り、課内の皆さんやお店へも出向き謝罪したし次第です。
この度の不始末は、ひとえに私の不徳の致すところあり、弁解の余地もございません。
つきましては、本書において改めてご迷惑をかけけした多くの皆様に衷心より、お詫び申し上げます。 また、今後あのような行為を行わないことを固くお約束いたします。
なお、本件に関する処分には謹んで従う所存であります 。

以 上

関連文例/例文一覧

店への迷惑 始末書 文例

令和〇年〇月〇日

居酒屋 〇〇〇
店長 〇〇〇〇様

〇〇〇〇 印

始末書

去る〇月〇日、貴店に来店した際、(泥酔し/自制心を失い/些細なことで感情的なり、)(他のお客様と(口論/喧嘩を)するなど/店内を汚してしまい/従業員の方に絡んでしまい/大声を出して暴れるなどして)貴店に多大なご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
この度のことは、ひとえに私の不徳の致すところであり、深く反省するとともに心よりのお詫びを申し上げる次第です。
今後二度と同様のことがないよう(酒の飲み方に注意を払ってまいることをお誓い申し上げる次第です/肝に銘じてまいる覚悟をしてまいる所存です)。
本書にて私の(不始末/行為)につき、反省とお詫びを申し上げます 。

以 上

店への迷惑 始末書 文例

令和〇年〇月〇日

居酒屋 〇〇〇
店長 〇〇〇〇様

〇〇〇〇 印

始末書

去る〇月〇日、貴店に来店した際、(泥酔し/自制心を失い/些細なことで感情的なり、)(他のお客様と(口論/喧嘩を)するなど/店内を汚してしまい/従業員の方に絡んでしまい/大声を出して暴れるなどして)貴店に多大なご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
当日は(酒を飲みすぎ、前後不覚となって/記憶がないほど泥酔して)いたとはいえ、(社会人としてあるまじきことをしてしまい/貴店に多大なご迷惑をおかけしたことを)、深く反省するとともに心よりのお詫びを申し上げます。
今回に限って警察への(通報を/被害届の提出を)控えていただ(き心より感謝いたしますとともに/いたご恩を無にしないよう)、二度と同様の不始末をなさぬよう肝に銘じてまいることをお誓いします。
本書にて私の(不始末/行為)につき、反省とお詫びを申し上げます 。

以 上

始末書 書き方

代表取締役社長
〇〇〇〇 殿

令和〇年〇月〇日
営業部 〇〇〇〇 印

始末書

令和〇年〇月〇日〇時頃、・・・を起こしました。(不始末の具体的な状況を説明する文章)
・・・・のため起こりました。(不始末が発生した原因を書く)
・・・・となりました。又は、下記の損害が発生しました。(結果としてどうなったかを書く)
このことは、私の・・・・が原因であり、深く反省しております。以後このようなことのないよう・・・してまいる所存です。(反省と再発防止の方法や心構えを書く)
この度の不始末に関しまして本始末書をもちまして深くお詫び申し上る次第です。(お詫びの言葉を書く)

(具体的な損害の状況を詳細に書く)
 〇〇〇〇 商品代金 〇〇万円 廃棄
 〇〇〇〇 損害賠償金 〇〇万円の支払い
 〇〇〇〇 修理代金 〇〇万円
       合計  〇〇万円

以 上

始末書の体裁

1.用紙
基本は、縦書き便せんですが、会社によってはワープロの横書きでもよい場合もり、会社の慣習に従う。
2.封筒と表書き
基本は、白無地の和封筒(縦長)に入れて提出するが、ワープロの場合、そのまま折らずに提出するのがよいでしょう。
封筒の表書きは、中央に「始末書」とだけ書く。
3.書き方
便せんでは、手書きとし、1行名の中央に「始末書」と書き、1行あけて文章を書く。
文末
上合わせで宛名「代表取締役社長 〇〇〇〇様」
改行して下合わせで自身の「所属/氏名 捺印」
上合わせで「日付」
ワープロの場合は、捺印を忘れないようする。
4.提出先
基本的に直属の上司経由で提出するが、直属の上司より高位の役職者から指示された場合、指示した方に持参して提出する。その際は、直属の上司に承認を得て提出するのがよいでしょう。

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項