文例集HOME> ビジネス文書> レポート> レポート

レポートの書き方

レポートの書き方のポイント

レポート文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけますが、内容は目的に応じた変更、追加が必要です。 また、文例中に括弧で括られた語句または文章がある場合、ご自身の状況や心情に応じた語句等を選択してください。
 1)レポートとは
 
レポートは報告(書)、記録、議事録あるいは報道などと訳されますが、 私たちが日常的に使用する意味においては、何かについて考察したことを書きしるした 文書に使われます。
レポートは、報告書と似ていますが、営業報告書や議事録などは通常 ”レポート”という言葉を使わないことから、事実をしるすことを主たる目的とする場合が報告書で、 事実や事象に関して調査結果や考察、所見など示すことを主たる目的として書く場合をレポートと称していると考えられます。 また、報告書は基本的に上司や監督、管理者などへ提出するのが多いと思われますが、レポートの提出先は、 そのような限定はあまりありません。
このような見地から当サイトは、レポートとは、ある事象について自身で調査、考察したことを 上司などに限定されない誰かに示す目的で書かれた文書と定義して、その書き方と文例を掲載します。
単なる報告書は、別項目としてありますので報告書の書き方をご参照ください。 逆に上述の定義にあてはまる場合、標題をОΟО報告書としてもここに示す文例を参考にされてください。
 
 2)レポートを書く際、留意すべきことは以下のとおりです。
 
1.レポートの読み手を意識して書く。
レポートによっては、専門知識が必要であったり、その事象に対する背景(バックグラウンド)を知っていないとレポートの 内容が理解できないことが多々あります。専門性の高いレポートの場合、読む人がどのような人か考慮して、 専門用語を避けべきか、解説を入れるだけでよいのか、など読み手を常に意識して書く必要があります。レポートの内容を読み手に完全に 理解させるのが最も大切なことてす。
 
2.自身の考察の結果を必ず書き、その意見や結論に達した根拠を明確にする。
本サイトで定義しするレポートは、自身の考察により何らかの結論を示す文書ですから、 当然、自身で考えたことを書く必要があります。その際、その意見や結論に至った根拠や証拠、事実、引用資料等を 指し示して、読み手にその意見や結論に論理的飛躍がないかの検証が可能にするのが良いでしょう。また、推測や予想は そのことを事実と混同しないようにしましょう。
 
3.合理的かつ論理的な思考過程に基づき書く。
レポートを作成する際は、事実や証拠などを一つ一つ検討して、それからから最終的に自身の 考察の結果を導き出していきます。その思考過程に論理性があり、矛盾がないと読み手に確認できる 文章構成を心がけましょう。また、全てが事実や根拠のあることだけで考察が完了することは少ない ので、推測や予想をその中に織り込むことがあります。その場合は、その推測が合理的であることを 明確にするか、条件により場合分けして結論を導くようにしましょう。

Posted: 2007 - Updated: 12/5/2007

カスタム検索

レポートの文例と書き方

各種レポートの文例と書き方一覧と レポート関連コンテンツです。

報告書文例一覧

関連文例&コンテンツ

5月季節/時候の挨拶と季節の文例

5月時候の挨拶(詳しくは:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
5月を感じる言葉
季節の語-立夏/初夏/卯月/更衣/新緑/若葉/葉桜/新茶/五月晴れ
草木-牡丹/余花/菖蒲/桐の花/アカシアの花/茨の花/卯の花/藤の花
5月_季節の文例
1.就職(友人宛)_挨拶状
2.初節句祝い_お礼状
3.求人票の送付案内
4.「会社案内」送付案内
5.依頼状_新卒推薦
6.入社説明会の案内
4.旅行みやげ_送り状
8.旅行土産_お礼状
9.母の日_送り状
ページの先頭へ戻る
ProPortal文例集 homepolicy運営組織/業務案内免責事項文例の転載についてsite_map