現況調査レポート 文例と書き方

現況調査レポート 文例/例文と書き方-時候の挨拶文や文例/例文/書式/テンプレート等はコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。

現況調査レポート文例

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

令和Ο年Ο月Ο日
市場開発室
ΟООΟ 印

ΟΟ関する現況調査レポート
-新製品開発の課題-

はじめに
ΟΟは、令和Ο年市場に投入以来、順調に売上を伸ばしておりますが、 近年その増加率は緩やかとなっております。この現状を踏まえると、 更に多様な消費者のニーズの掘り起しは急務と考えます。
本レポートでは、ΟΟに関する現況の様々な情報と消費者から寄せられた 要望、苦情、感想などから得られた現況把握と、 それから導かれる、新製品開発の課題を明らかにすることを目標としました 。

1.ΟΟの現況把握
1)売上の推移
 *******************。
 @売上高推移
 *******************。
 A売上上昇率の推移
 *******************。
2)現況の販売方法
 ****************。
 @直販(ネットショップ等)
 *******************。
 A代理店販売
 *******************。
 B宣伝、広告戦略
 *******************。
3)マーケット分析
 @購買層の分析
  a)男女比率
   ****************。
  b)年齢別分布
   ****************。
  c)売上エリア分布
   ****************。
 Aチャネル別売れ筋分析
 B競合製品の分析
  a)ОΟО
   ****************。
  b)ОΟО
   ****************。
  c)ОΟО
   ****************。
以上の結果は資料1ををご参照のこと(別紙添付)
 
2.消費者からの要望等の分析
 *****。本分析は、お客様センターへの問い合わせ や営業担当者からのアンケートを元に行った。
1)商品への満足度
 *******************。
2)主要な苦情、クレームの内容
 ****************。
 @ОΟОΟ
 *******************。
 AОΟОΟ
 *******************。
3)主要な要望の内容
 ****************。
 @ОΟОΟ
 *******************。
 AОΟОΟ
 *******************。
以上の詳細は資料2をご参照のこと(別紙添付)
 
3.新製品開発に向けた課題
1)ОΟОへの対応
 *****。消費者からの要望が多かったΟΟへの対応は必須と考える。
2)競合他社との機能比較からの課題
 ****************。
 @ΟΟ機能
 *****。A社が既に実装済みで容易に開発可能
 Aデザイン
 *****。B社が斬新なデザインを採用したことで若年層の購買が急増している。
3)価格戦略の課題
 ****************。
 @低価格化の対応
 *****。若年層対策として有効と思われる。
 A高機能、ハイレベル商品のラインナップ
 *******************。
4.まとめ
1)多様化への対応
 *****。ラインナップの充実が多様な消費者ニースに対応するには不可欠と思われる。
2)差別化戦略
 特徴のある独自機能で差別化をはかるが効果的と考える。
3)販売方法の検討
 潜在ユーザである若年層へアピールできる携帯サイトでの広告手段も検討の余地がある。
5.所見
 私は本件の調査から、ΟΟはその投入時点より利用する消費者の層が急激に広がっていることを痛感しました。このような状況は、当初開発では想定されていませんでした。
 今回調査で購買層の広がりが確認できましたので、新製品開発ではターゲート設定が重要となると考えております。
6.添付資料一覧
1)**********
2)**********

以 上

関連文例/例文一覧

レポート 書き方/注意すべきこと

1.レポートの読み手を意識して書く。
レポートによっては、専門知識が必要であったり、その事象に対する背景(バックグラウンド)を知っていないとレポートの 内容が理解できないことが多々あります。専門性の高いレポートの場合、読む人がどのような人か考慮して、 専門用語を避けべきか、解説を入れるだけでよいのか、など読み手を常に意識して書く必要があります。レポートの内容を読み手に完全に 理解させるのが最も大切なことてす。
 
2.自身の考察の結果を必ず書き、その意見や結論に達した根拠を明確にする。
本サイトで定義しするレポートは、自身の考察により何らかの結論を示す文書ですから、 当然、自身で考えたことを書く必要があります。その際、その意見や結論に至った根拠や証拠、事実、引用資料等を 指し示して、読み手にその意見や結論に論理的飛躍がないかの検証が可能にするのが良いでしょう。また、推測や予想は そのことを事実と混同しないようにしましょう。
 
3.合理的かつ論理的な思考過程に基づき書く。
レポートを作成する際は、事実や証拠などをひとつひとつ検討して、それからから最終的に自身の 考察の結果を導き出していきます。その思考過程に論理性があり、矛盾がないと読み手に確認できる 文章構成を心がけましょう。また、全てが事実や根拠のあることだけで考察が完了することは少ない ので、推測や予想をその中に織り込むことがあります。その場合は、その推測が合理的であることを 明確にするか、条件により場合分けして結論を導くようにしましょう。
 

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項