文例集HOME> ビジネス文書> 理由書> 理由書

理由書の書き方

理由書の基本的書き方-書式

理由書の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

<あて先>
(社内の場合)
役職
ОΟООΟО 殿
(社外の場合)
会社名
役職
ОΟООΟО 様

(社内の場合)
平成 年 月 日
部署名 ОΟОΟΟ 印
(社外の場合)
会社名
役職
ОΟООΟО 印

ОΟОΟΟの理由書

平成Ο年Ο月Ο日に発生しましたОΟОにつきまして、下記にその理由を申し上げます。
標題の件につきまして調査し、原因が判明しましたので下記にご報告いたします。
など

1.発生状況
平成Ο年Ο月Ο日Ο時頃、・・・が発生し、ОΟОのように対処し、結果、ΟΟのようになりました。
(具体的な状況を説明する文章)
2.発生原因
関係者からの聞き取り調査(調査方法)から、以下の原因が判明しました。又は、以下の原因が考えられます。
箇条書き
1)確認ミス
原因の具体的説明
2)ОΟО
以上の原因より、現状では、ОΟОΟの問題があると考えます。
以上のことより、以下の課題が早急に解決する必要性を認識しました。
箇条書き
など
3.今後の対策
ΟΟが再発しないように、ΟΟを徹底する。
ΟΟをおこなうこで、今回のОΟОと同様のトラブルは発生しないと考えます。
ОΟОを早急に整備することで今後このようなトラブルを撲滅いたします。
など
複数の場合、箇条書き

以 上

カスタム検索

理由書の文例と書き方

各種理由書の文例と書き方一覧と 理由書関連コンテンツです。

8月季節/時候の挨拶

8月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
8月上旬 (季夏/残暑/残夏/残炎)の(候/みぎり)
8月中旬 (避暑/新涼/納涼)の(候/みぎり)
8月下旬 (暮夏/晩夏/秋暑/立秋/向秋)の(候/みぎり)
小暑(2016/7/7)と大暑(2016/7/22)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、 一般的には、梅雨明けから立秋(2016/8/7)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。 なお、残暑見舞いは処暑(2016/8/23)までに送ります。