作業ミス 始末書 文例_例文_書き方

作業ミス 始末書 文例_例文_書き方[作業ミスでのお詫び/社内]-時候の挨拶文や文例/例文/書式/テンプレート等はコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。

作業ミス 始末書 文例

ΟΟ工場長
ΟООΟ 殿

令和Ο年Ο月Ο日
製造部 ΟООΟ 印

始末書

去る令和Ο年Ο月Ο日、私が担当するОΟО生産ラインのNC工作機の設定ミスのより、1ロット(原価@150円-100個)を不良品としてしまいました。
この不良は、作業マニュアルでは製造指示書を必ず確認すべきところを、私の思い込みで数値を設定したことが原因でした。また、このようなミスを犯したのは、私自身に気の緩みがあったのは、否めない事実であり、まったく弁解の余地もありません。
 
または
 
去る令和Ο年Ο月Ο日、私が作業したΟΟの(ΟΟが基準値をみたさないミスにより/勘違いから仕様の異なる製品大量に制作しまい)、(大量の不良品を作って/1ロット(原価@150円-100個)を不良品として)しまいました。
このミスは、(まったくもって私自身に責任であり、弁解の余地もありません/(確認ミス/作業手順を無視した結果)であります)。
 
または
 
去る令和Ο年Ο月Ο日、ОΟО株式会社へ出向きОΟの保守点検作業を行った際、(ОΟの設定ミス/誤ってОΟを行い)客先に多大なご迷惑をおかけしました。
この作業ミスは、(作業手順を守らなかった/私の思い込みで(ОΟ/誤った数値を設定)したこと)が原因です。また、このようなミスを犯したのは、私自身に不徳の致すところであり、まったく弁解の余地もありません。
 
このことで会社に多大な損害とご迷惑おかけしましたこと、深く反省するとともに、二度とこのような失敗を犯さないよう、作業マニュアルを遵守して作業にあたることを固くお誓いいたします。
この度の不始末につき、本書をもって改めまして深くお詫び申し上げます 。

以 上

関連文例/例文一覧

製造/作業ミスに関する始末書の書き方

製造/作業ミスに関する始末書の基本記載事項と注意
1)宛先
基本的は社長宛であるが、事案が軽微であれば事業所の長/所属長の場合もある。
また、元請や客先等へ提出する場合は、指示した方例えば現場代理人や工場長宛とする。
2)日付
基本的に作成日とするが、提出期限が指定されている場合は提出日とする。
3)所属/氏名
4)表題
基本的に「始末書」とするが、上司の指示や会社の慣例に従う。
5)本文と構成
5-1 ミスの内容とその状況の説明(発生日/状況/対応/事後の影響)など事実に基づき正確に記述する。
5-2 影響を説明(損害額/客先の心証)など現状を正確に記述する。
5-3 ミスをした原因と自身の非を明確にし、認める。
5-4 自身の非に対する謝罪。
5-5 再発防止へ誓約や今後の再発防止方法や心構え。
5-6 処罰の受け入れの表明又は、許しを請う文言。
5-7 再度謝罪の言葉で締める。

始末書の体裁

1.用紙
基本は、縦書き便せんですが、会社によってはワープロの横書きでもよい場合もり、会社の慣習に従う。
2.封筒と表書き
基本は、白無地の和封筒(縦長)に入れて提出するが、ワープロの場合、そのまま折らずに提出するのがよいでしょう。
封筒の表書きは、中央に「始末書」とだけ書く。
3.書き方
便せんでは、手書きとし、1行名の中央に「始末書」と書き、1行あけて文章を書く。
文末
上合わせで宛名「代表取締役社長 ОΟОО様」
改行して下合わせで自身の「所属/氏名 捺印」
上合わせで「日付」
ワープロの場合は、捺印を忘れないようする。
4.提出先
基本的に直属の上司経由で提出するが、直属の上司より高位の役職者から指示された場合、指示した方に持参して提出する。その際は、直属の上司に承認を得て提出するのがよいでしょう。

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項