客先クレーム/営業クレーム 始末書 文例_例文_書き方

客先クレーム/営業クレーム 始末書 文例_例文_書き方-時候の挨拶文や文例/例文/書式/テンプレート等はコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。

営業クレーム 始末書 文例

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

令和Ο年Ο月Ο日
営業部 ΟООΟ 印

始末書

私は去る令和Ο年Ο月Ο日、担当しているОΟО株式会社へ出向いた際、関係者以外立入禁止エリアへ勝手に入り、厳しい注意を受けてしまいました。
当日はΟΟ主任を訪ねましたが、設計部のデスクに居られなかったので、通常打合せを場所となるCAD室に行かれていると思い、隣のCAD室に許可なく入りました。CAD室の扉には以前より「関係者以外立入禁止」の表示がありましたが、ΟΟ主任との打合せは通常CAD室で行われていたので、何気なく入室してしまいました。
しかし、その日はΟΟ課長も同席して新機種のデザインレビュー行われている最中だったため、ΟΟ課長は私を直ちに退室させ、室外に出てから許可なく入室したことを厳しく注意なさいました。また、翌日にはΟΟ課長からΟΟ部長が呼び出され、二度とこのようなことのないよう口頭で注意があったと聞きました。
本クレームは、ОΟО株式会社と長らく付き合いしていたことで、私自身に甘えや気の緩みあったのが原因です。本件における私の行動は、一切の弁解の余地はなく、深く反省しております。
つきましては、私の不始末で会社にご迷惑をおかけしましたことを改めまして深くお詫び申し上げますともに、以後このようなことのないよう肝に銘じて職務を遂行することをお誓いいたします 。

以 上

関連文例/例文一覧

顧客からのクレームに関する始末書の書き方

顧客からのクレームに関する始末書の基本記載事項と注意
1)宛先
基本的は社長宛であるが、事案が軽微であれば事業所の長/所属長の場合もある。
また、元請や客先等へ提出する場合は、指示した方例えば現場代理人や工場長宛とする。
2)日付
基本的に作成日とするが、提出期限が指定されている場合は提出日とする。
3)所属/氏名
4)表題
基本的に「始末書」とするが、上司の指示や会社の慣例に従う。
5)本文と構成
5-1 クレームの内容とその状況の説明(発生日/状況/対応/事後の影響)など事実に基づき正確に記述する。
5-2 影響を説明(損害額/客先の心証)など現状を正確に記述する。
5-3 クレームを受けた原因と自身のミスを明確にし、認める。
5-4 自身の非に対する謝罪。
5-5 再発防止へ誓約や今後の再発防止方法や心構え。
5-6 処罰の受け入れの表明又は、許しを請う文言。
5-7 再度謝罪の言葉で締める。

始末書の体裁

1.用紙
基本は、縦書き便せんですが、会社によってはワープロの横書きでもよい場合もり、会社の慣習に従う。
2.封筒と表書き
基本は、白無地の和封筒(縦長)に入れて提出するが、ワープロの場合、そのまま折らずに提出するのがよいでしょう。
封筒の表書きは、中央に「始末書」とだけ書く。
3.書き方
便せんでは、手書きとし、1行名の中央に「始末書」と書き、1行あけて文章を書く。
文末
上合わせで宛名「代表取締役社長 ОΟОО様」
改行して下合わせで自身の「所属/氏名 捺印」
上合わせで「日付」
ワープロの場合は、捺印を忘れないようする。
4.提出先
基本的に直属の上司経由で提出するが、直属の上司より高位の役職者から指示された場合、指示した方に持参して提出する。その際は、直属の上司に承認を得て提出するのがよいでしょう。

不適切対応による営業クレーム 始末書文例(取引先宛)

令和Ο年Ο月Ο日

株式会社 ΟОΟО
ΟΟ部ΟΟ課
ΟООΟ 様

株式会社 ΟОΟО
(支店長/営業部/ΟΟ)
 ΟООΟ 印

始末書

この度は、(弊社営業担当/弊社社員ОΟ)が(貴社をお伺いした/お打ち合わせ/(営業/納品/ΟΟ)の)(際/の折に)、(ΟΟ様/貴社のОΟ皆様)に(非礼な/不心得は/ご無礼な/(弊社社員に/営業マンとして/社会人として)あるまじき)ことをしてしまい、深くお詫び申し上げます。
弊社としてもことの詳細を聴取いたしましたが、本人も確かにそのようなことを(申した/なした)とのことで、本人には厳重に注意をし、現在では本人も(猛省/甚く反省)しております。
弊社としては、貴社との信頼回復を第一に考え貴社のご担当を別の者に交代させることといたしましたので、何卒、今回に限りご寛容いただきますようお願い申し上げます。
この度の弊社社員の(無礼/非礼/不始末)に関し、(改めて/本書をもって)深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

不適切対応による営業クレーム 始末書文例(取引先宛)

令和Ο年Ο月Ο日

株式会社 ΟОΟО
ΟΟ部ΟΟ課
ΟООΟ 様

株式会社 ΟОΟО
(支店長/営業部/ΟΟ)
 ΟООΟ 印

始末書

この度は、(弊社営業担当/弊社社員ОΟ)が、(ΟΟ様/貴社)に対しまして(誠に無礼なことを申しまして/(弊社社員に/営業マンとして/社会人として)あるまじき暴言をも申しまして/耳を疑うようなことを申しまして/無礼極まりないことを申し上げまして/貴社を侮辱するようなことを申しまして/貴社のОΟを非難するようなことを申し上げまして/不適切なことを申しまして)、(ΟΟ様に(不愉快/ご不快)な思いをさせてしまいましたこと/貴社の名誉を傷つけてしまいましたこと/貴社の皆様に不信感を与えてしまいましたこと)、(心より/深く)お詫び申し上げます。
弊社として事実関係を確認いたし、(ΟΟ様/貴社)(のご指摘とおり/のお怒りはご最も/よりの申し入れは当然)でありまして、全く(弁解の余地はございません/面目ございません)。
弊社としては、今後二度とこのようなことのないよう(改めて社員教育の充実をはかり/社員の管理体制の強化し/営業時の言動に注意を払うよう指導し)ますので、今回ばかりは(ご容赦くださいます/ご寛容を賜ります/お許しいただけます)よう伏してお願い申し上げます。
この度の弊社社員の(無礼/非礼/不始末)に関し、(改めて/本書をもって)深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

不適切対応による営業クレーム 始末書文例(取引先宛)

令和Ο年Ο月Ο日

株式会社 ΟОΟО
ΟΟ部ΟΟ課
ΟООΟ 様

株式会社 ΟОΟО
(支店長/営業部/ΟΟ)
 ΟООΟ 印

始末書

この度は、(弊社営業担当/弊社社員ОΟ)が(貴社をお伺いした/お打ち合わせ/(営業/納品/ΟΟ)の)(際/の折に)、(ΟΟ様/貴社のОΟ皆様)に(非礼な/不心得は/ご無礼な/(弊社社員に/営業マンとして/社会人として)あるまじき)ことをしてしまい、深くお詫び申し上げます。
この度のことは、(本人がまだ入社間もない者で事情を知らなかったことが/状況判断の甘さが/本来、上司に確認すべきことを)、(気が動転して/慌てて)対応を取って/勝手な自己判断でしてしまったことが)原因です。(とはいえ/多少そのような事情を(差引いて/斟酌して)も)、今回のことは(許されてことではありませんで/貴社との信頼関係を著しく損ったことは否めず)、(会社/管理監督者)として管理不行き届きを深く反省しております。
この度のことは、(本人がまだ入社間もない者である/疲労がたまっていた/精神的に弱っていた)(ことを(差引いて/斟酌して)も/とはいえ)、(許されてことではなく/貴社との信頼関係を取り戻すことは難しいと判断し)、貴社のご担当は、別の者に交代させることといたしましたので、何卒、ご寛容いただき今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
この度の弊社社員の(無礼/非礼/不始末)に関し、(改めて/本書をもって)深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

社員への営業クレーム 始末書(管理不行届) 文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

去るО月О日、当課ОΟが株式会社ОΟ殿より、(見積もり依頼/ご注文を/資料の請求/納期変更のご連絡)をお(受け/聞き)していたのもかかわらず、それを(失念し、/忘れてしまい/担当に伝えず)(О日もの間何の対応をとらなかった/ほったらかしにした)ことで、(客先からの信頼を損なってしました/客先より厳重な注意を受けてしまいました)。
(指揮監督をする立場の者として/私としては、)ОΟをはじめ全ての営業担当に(営業対応/業務の(誠実/着実)な遂行)を(厳しく指導しておりました/日頃より指導を行ってきましたが)、(まだそれが徹底されていなかった/不十分であった)ことを痛感(し、深く反省しております/しますとともに私の管理が行き届いていなかったことに責任を感じております)。
今後は二度と同様なのことが起きないよう(管理と指導を/指導を徹底)してまいりますので、今回に限りまして寛大なご措置をいたさきますようお願い申し上げます。
この度の(不始末/不祥事)に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

社員への営業クレーム 始末書(管理不行届) 文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

去るО月О日、(当課の/私の(指揮/監督)下にある)ОΟが(株式会社ОΟにおいて/客先にて/当社(得意先/重要顧客)でありますОΟ株式会社殿において)(甚だ(非礼/無礼/失礼)な(行為/言動)をなして/ΟΟという(不始末/失態)を犯して)しまい、(客先より(抗議/クレーム)を受けました/ΟΟの件を逸注いたしました)。
この度の(不始末/失態)を犯した当課のОΟは、(入社して間もない者でしたから/度々客先での言動に関して注意を受けることがありましたので/当部署に転属になりまだ日が浅く、業務に不慣れであったことから)、本来なら(責任ある業務を任せるべきではなかったのです/誰かをサポートに付けるべきでした)が、(繁忙期であったことで/人手が不足していたため)私の判断で(ОΟ株式会社の担当/今回の業務)を任しました。
しかしながら、(私の判断/その判断の甘さ)がこのような(問題/失態)を招いたことは、(明らかに/弁明の余地もなく)、深く反省いたしております。
この度にことは、(私の管理者(としての判断の甘さ/としての職務怠慢)であり/課長である私に責任がることは明白で/私の管理不行き届きが原因で/私の管理と指導不足が原因で)ありますので、(如何なる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますが、私の(反省/謝罪/反省と謝罪)の気持ちだけでもお汲みいただければ幸いです。
この度の(不始末/不祥事)に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項