お中元 お礼状 文例,例文,書き方

お中元 お礼状 文例,例文,書き方-時候の挨拶文や文例/例文/書式,テンプレートはコピー&ペーストして利用いただけます。 その多くの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。

お中元のお礼状を手紙、ハガキで書くこと

 大半の”お礼状の書き方”では、お礼状は「時間をおかずに書くようにしましょう」としていますが、電話やメールが発達したこの時代ですから 私は、まず電話やメールで届いたこととお礼を伝え、その後あまり遅くならない範囲(数日以内)で改めて手紙かハガキ(お中元のお礼なら涼し気なな絵柄のかもめーるなどがよいでしょう)で、お礼状を出すのが、現代風でよりお礼の気持ちが伝わるのではないかと思います。

お中元のお礼状 手紙,ハガキの書き出し,書き方

特に改まったお礼状を書かなければならないのなら以下に手紙、ハガキ、宛名、封筒の書き方や時候の挨拶などことを詳細に説明してあります。これらを踏まえて、ご自身の状況に合った文例を選択してご利用ください。
手紙 書き方  ハガキ 書き方  封筒の書き方  宛名の書き方

お中元 お礼状 文例(取引先宛)

拝啓 猛暑の候、貴社いよいよご隆盛のことと存じます
平素は、格別のご交誼にあずかり、厚くお礼申し上げます。
さて、この度は、結構なお品をご恵贈いただきまして、誠とにありがとうございました。
弊社は、皆様のご厚志にお応えすべく、社業に全力を注いでまいりますので、 今後とも、ご協力とご支援をお願いいたします。
末筆ではありますが、貴社のご発展と皆様のご活躍をお祈りし、
略儀ながら書中をもちましてお礼申し上げます 。

敬 具

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ 株式会社
(役職) ОΟОΟ

ОΟОΟ 株式会社 御中

関連文例/例文一覧

お中元 お礼状 文例(暑中見舞い_取引先宛)

暑中お見舞い申し上げます。

この度は、ご過分なお中元の品をお送りいただき、ありがたく拝受いたしました。 日頃より、至らぬことばかりの私どもにこのようなご厚志を賜り厚くお礼申し上げます。
これから暑さも本番となりますので、皆様におかれましても、どうぞご自愛くださいませ。
略儀がならお中元ご恵送のお礼まで申し上げます。

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ 株式会社
(役職) ОΟОΟ

ОΟОΟ 株式会社 御中

お中元 お礼状 文例(暑中見舞い_取引先宛)

暑中お見舞い申し上げます。

平素のご厚誼に改めまして深く感謝いたしております。
お陰様で私どももつつがなく社業に励んでおります。
さて、この度は、温かい励ましのお言葉に添えて、結構なお中元の品を頂戴しまして、誠にありがとうございます。 ご過分なご配慮をいただき、恐縮に存じます。
(この/かかる)うえは、皆様のご厚志にお応えすべく、社業に励んでまいりますので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
取り急ぎ、書中にてお礼申し上げます 。

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ 株式会社
(役職) ОΟОΟ

ОΟОΟ 株式会社 御中

お中元 お礼状 文例(代筆による部下宛)

前略 暑い日がつづいておりますが、ΟΟ様にはご活躍とのこと何よりに存じます。 私たちも、つつがなく暮らしておりますので、他事ながら休心ください。
さて、この度は結構なお中元の品をお贈りくださりましてありがとうございました。 早速、家族みんなで美味しくいただかせてもらいました。
いつもながらの心のこもったお気遣い、主人共々恐縮しております。
暑さ厳しい折ですが、くれぐれもお体お気をつけください。
まずは、暑中のご挨拶とお礼まで 。

令和Ο年盛夏

ОΟОΟ

お中元 お礼状 文例(お礼と今後のご辞退_取引先宛)

拝啓 盛夏の候、貴社におかれましては、益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は結構なお中元の品をお送りいただきありがとうございました。
実を申しますと、弊社はお取引先様からのご贈答は全て辞退させていただくこととなっておりますが、 今回はその旨をお伝えもしておりませんでしたので、ありがたく頂戴させていただきます。
しかしながら、今後はこのようなお心遣いはされませんよう切にお願い申し上げます。
末筆となりましたが、貴社のいよいよのご繁栄と皆様のご健康をお祈りし、お礼とお願いを申し上げます 。

敬 具

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ 株式会社
(役職) ОΟОΟ

ОΟОΟ 株式会社 御中

お中元 お礼状 文例(残暑見舞い_知人宛)

残暑お見舞い申し上げます。

残暑厳しい日々が続いておりますが、皆様にはますますご健勝のことと存じます。
 
この度は結構なお中元の品をお贈りくださりましてありがとうございました。早速、家族みんなで美味しくいただかせてもらいました。
いつもながらの心のこもったお気遣い、主人共々恐縮しております。
または
この度は、(ご過分/結構)なお中元の品をお送りいただき、誠にありがとうございました。私どもこそ、ΟΟ様にはお世話になってておりますのに、このようなお心遣いを賜り、恐縮するばかりです。
 
皆様方におかれましては、くれぐれもご自愛ください。

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

お中元 お礼状 文例(嫁から田舎の両親宛)

前略 暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか。私たちは変わらず元気です。
先日は、結構な品(品名)をお贈りくださりましてありがとうございます。 早速みんなで美味しく頂きました。いつもいつもの温かいお気遣いに感謝の気持ちで一杯です。
今年も、長男太郎が田舎に行くことを楽しみにしていますのでお盆の頃にお伺いしたいと思っております。お会いできますことを楽しみにして、取り急ぎお礼まで 。

令和Ο年盛夏

ОΟОΟ

お中元 お礼状 文例(仲人からお礼と今後のご辞退)

暑中お見舞い申し上げます。

お二人ともお元気そうで何よりです。私たちもつつがなく暮らしております。
この度は、ご丁寧にも結構なお中元の品を贈りいただき、ありがとうございました。
主人とともども甘いものは大好きで、大変美味しくいただきました。
結婚から三年、お二人の幸せなご家庭をみるにつけ、心温まる思いをしておりますが、 今後は、このようなお心遣いはなさいませんようお願いいたします。
お二人のご多幸とご健康をお祈りしまして、お礼を申し上げます 。

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項