無償の仕様変更お断りメール 文例

無償の設計変更お断りメール 文例


件名:(「〇〇〇」の設計変更の件/「〇〇〇」の設計変更に関してのご回答)


〇〇〇〇株式会社
〇〇部〇〇〇〇様
 
平素お世話になっております。
〇〇〇〇株式会社
〇〇部〇〇〇〇です。
 
この度ご指示のありました〇〇の 設計変更に関しまして、弊社として 再度、設計の見直しを試みたものの (この段階での変更は/別途変更に伴う費用を頂戴しない限りは) 不可能との結論に至りました。
〇〇に関して貴社よりのご指示で 設計変更がなされたことで、 手直し等の工数が増大しており 追加分に関しての費用を頂戴できなのであれば 以降の変更には応じることはできません。
 
このようなご要望をせざるを得ないご事情 も承知しておりますが、 この度の設計変更はあまりにも負担が大きく、弊社の営業努力では如何ともし難いという ことをご理解いただきますようお願い申し上げます。
 
取り急ぎ、設計変更の件へのご回答まで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

無償の仕様変更お断りメール 文例


件名:(「〇〇〇」の仕様変更の件/「〇〇〇」の仕様変更に関してのご回答)


〇〇〇〇株式会社
〇〇部〇〇〇〇様
 
平素お世話になっております。
〇〇〇〇株式会社
〇〇部〇〇〇〇です。
 
早速ながら仕様変更に関しましてのご回答いたします。
 
弊社は、貴社より(承認を受けた/頂戴した)(指示書/(承認/確認)図面)(で既に/基に)〇〇の(製造/制作)に取り掛かっておりまして、 (この時点での変更/別途の(変更分/改造の)ご発注を頂戴しない限りは当該変更)に応じることはできません。
 
貴社たってのご(依頼/指示)であっても、 この度の(仕様変更/機能追加)は多大な費用(を要する/が発生する)ことであり、 (無償での変更/追加費用をいただけない限りには)お断りせざるを得なませんことは、何卒ご理解ください。
 
仕様変更のご(依頼/要望)へのご回答までいたします。
 
*************************
      署名
*************************

文例一覧policy運営者情報免責事項