寄付のお断り 文例(知人/友達宛)

寄付のお断り文例(知人宛)

前略 〇〇(様/さん)から(久方しぶりの(ご連絡/お便り)をいただきまして(驚いたのではありますが/嬉しく思っております)。
〇〇(様/さん)にはお変わりなく(ご活躍とのことで/活発に(〇〇/いろいろなこと)に取り組まれておられるようで/お元気なご様子で)何より(です/に存じます)。
(さて/早速ではありますが)、(〇〇への寄付/〇〇の支援活動/〇〇イベント/寄付)の(件/お話/こと)ですが、(今回はご遠慮させていたきたくことにしました/申し訳ないですがご期待に添えません/(お断り/ご辞退)させていただきます)。(お気を悪くなさいませんようお願いいたします/悪しからずご容赦くだ(さい/さいませ)。
私の(信条として(慈善団体/〇〇)への寄付はしないと決めております/私の勝手な思い込みなのでしょうがどうにも抵抗感がありまし)て(今回のご寄付はお断りしたします/〇〇様には申し訳ないのではあります)が、 (〇〇団体の活動を微塵を疑うのもではありません/〇〇に参加されていても私は気にしません)。
今回は、〇〇様の(気分を害させてしまうのではないかと案じておりますが/善意のお気持ちにお応えできませんでしたが)、(今後ともご厚誼を賜ります/とうかご理解いただきます)ようお願いいたします。
かげながら〇〇様の活動がうまくいきますことをお祈りも申し上げます。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

 

寄付のお断り文例(友達宛)

前略 寄付に関する資料送ってくれてありがとう。早速、読ましてもらたよ。
寄付のこと僕なりに考えてたけど、(正直いって〇〇団体への寄付は僕の心情としてしたくなくて/〇〇はあまり信用できない団体のように思えて/聞くところによると〇〇と関係がある団体がしていいることのようだから) (君には申し訳ないが断らせてもらうよ/これに関しては遠慮させてもらいます/君には悪いが断ることにするけど気を悪くしないでくれな)。
(僕は力になれないけど寄付が集まる/〇〇がうまくいく)ように祈っとくよ。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 君

 
 
 
文例一覧policy運営者情報免責事項