無許可写真/個人情報投稿/誹謗/中傷 お詫び/反省への返信メール 文例

無許可写真/個人情報投稿/誹謗/中傷 お詫び/反省への返信メール 文例,例文,書き方-時候の挨拶文や文例/例文/書式,テンプレートはコピー&ペーストして利用いただけます。 その多くの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。

無許可の写真/個人情報ネット投稿をされた お詫び/反省への返信メール 文例(知人宛)


件名:(メール読みました/今度から注意してくださいね/今更しょうがないからもう(気にしないでください/いいですよ)/(写真/ΟΟ投稿/ΟΟ記事)の件/メールの件)


(ΟОさん/ΟОへ)
 
メールは読んだよ。
(これから気をつけてもらったらいいよ/今更しょうがないからもういいですよ)。
(もう、僕は大丈夫だから気にしないでくださいね/でも、これからは気をつけてくださいね)。
 
または
 
私の(写真を投稿した/ΟΟにいろいろ書いた/ΟΟをОΟにのせた)こと(悪いと思っている/反省している/が良くないことだと分かってもらえた)みたいだから今回(は許す/はもういい/だけはこれ以上はもう言わない)けど、これからは、(注意してくれよ/私の写真をОΟに乗せるときは許可をもらってね/絶対にあんなこと(書かないで/しないで)ね)。
それじゃまた。
 
または
 
(あのことでは、本当に(困ったことになった/迷惑した)から酷いことを言ってしまった/その時は少し(頭にきてた/感情的になってた)からきつくいってしまって)(ごめんね/すまなかったね)。
(でも、無許可でОΟにОΟをのせるのは良くないことだからそれを分かってもらえてよかったよ/君があまりにも(個人情報に/プライバシーに)関して(配慮が足りなかった/無頓着だ)から少しきついことを言ったんだけど、これで良くわかってもらえたようだから安心したよ)。
(だから/これからは)(本当に注意してくれな/あんなことは二度としないでくださいね)。
 
または
 
(無断でОΟにあんなこと書くなんで確かに酷いし、絶対に許さないと思ってた/この前のことは、(僕としても本当に頭にきた/あれは酷すぎる/度か過ぎてた)と思うんだけど、君が(本当に反省している/誠意も持って謝ってくれてる/悪いことに気づいて謝ってきた)から今回(だけ)は、(大目にみつことにするよ/許すことにしたよ)。
(とはいっても/今回は許すけど/でもな)(これからはあんなことはしないと誓ってくれな/二度とあんな酷いことははやめてくれよな)。
(頼むよ/じゃまたな)
 
または
 
(あれは酷いよね/この前のことは良くないと思うよ)。
でも、(こんなことで君とずっと(仲直りしないでいるのは/憎むのは)(忍びない/本意でない/いやだ)/いつまでもそのことを根に持ってても仕方ない)から今回は(許すよ/もうこの辺でお互い仲直りしような)。
僕は、君を(友だちだと/本当はともていいやつだと)思ってるから(あんなこで仲たがいはしたくない/嫌いになりたくない/(前の失敗を/あのことを)いつまでも根に持っていても仕方ない)から(もうあのことは/今回のことはお互い)忘れてて今までとおりやっていこうな。
じゃまたな
 
*************************
      署名
*************************

関連文例/例文一覧

無許可の写真/個人情報ネット投稿をされた お詫び/反省への返信メール 文例(加害者宛)


件名:(メール読まさせていただきました/お詫びを頂戴し恐縮(に存じます/です)/ΟΟ様のお気持承りました/メールの件)


ΟОΟО(様/さん)
 
(先般/写真の投稿)のことでは、ご丁寧なお詫びのメールをいただき(恐れ入ります/ありがたく存じます/恐縮しております)。
私としは、(今後は少しばかりご注意申し上げただけでしたので/今後ご注意いだくだけで良かった)ので、ОΟ(さん/様)(からお詫びのメールをいただき恐縮(しております/するばからりです)/には(全く/もう/さほど)お気になだらないでください)。
(今後とも/それと/また、)ОΟ(様/さん)には(ご交誼を賜り/仲良くしていただき)ますようお願い申し上げます。
 
または
 
(先般/この度)のメール(読まさせていただきました/拝読いたしました)。
ОΟ(様/さん)も(この前のこと/ΟΟことで)、(深く反省されているようであります/ΟΟに(個人情報をむやみに/許可なくОΟを)(掲載し/のせ)てはいけないことがお分かりになったようです)ので、今回(に関してはもう仕方がないことと諦めますが/だけは、これ以上なにも申しませんが)、今後はくれぐれもご注意いただきますようお願い申し上げます。
 
または
 
(先般/写真の投稿)のことでは、(失礼ことを申しましたが/ΟΟぐらいでと思われたかもしれまえんが/些細なことに口うるさいことを申しましたが)、実は、そのことで私は(ОΟが判明して/ΟΟからΟΟされて/ΟΟができなくなって)しまいまして、(残念な思いをしました/些か問題となりました/少しばかり困った状況になってしまいました)。
ОΟ(さん/様)には、(軽い気持だった/個人情報に関する意識が低かった)のでしょうが、人によるとこのようなことがある(ことを認識していただけますようお願いいたします/ということだけは肝に銘じていただきたく存じます)。
今回のとは(もう諦めもつきました/何とかしました/今更どうしようもありません)から(これ以上は申しませんが/今後は)、(重々/より一層/くれぐれも)ご注意いただき(たく存じます/ますことをお願い申し上げます)。
 
*************************
      署名
*************************

ネットでの誹謗/中傷をされた お詫び/反省への返信メール 文例(知人宛)


件名:(メール読みました/二度とあんこと書かないでね/今はもう(気にしないでください/いいですよ)/(ОΟ投稿/ΟΟ記事)の件/メールの件)


(ΟОさん/ΟОへ)
 
メールは読んだよ。
(気にしてるみたいだけど僕はもう気にしてないからいいですよ/これから気をつけてくれるとのことだからこの前のことは忘れるよ)。
(でも、これからは(僕/私)の気持も考えて(投稿して/書いて/発言して)ね/(悪気はなかったと思うから/だから)君も気にしなないでね)。
 
または
 
ОΟ(さん/君)、ОΟで(僕の陰口を(書いてた/投稿した)こと/私のことをいろいろ書いてたこ)(気にしてる/気に病んでる)みたいだけど、(僕/私)は(もう何とも思ってないから大丈夫ですよ/気にしてないからいいよ/謝ってもらえたからもうそのことは忘れることにしたよ)。
君のことを(僕は/皆も)(いいやつだ/友だち)と思ってる(けど、今回みたいなことがあると君を信じられなくならるからこれからはあんなことはやめてくれよ/から、今度から言いたいことがあったら直接いってくれな)。
じゃまた(な/ね)
 
または
 
正直いって(君がまさかあんな酷いことを人に言ってたなんてと(悩んだ/悲しかった)/君を信じられなくなった)けど、(その原因の一端は僕にも/そんなことをされたのは僕にも何か悪いとこが)(あった/ある)のだろうから(君を咎めるつもりはないから大丈夫だよ/君だけが責任を感じることはないよ/僕も反省させられたよ)。
だから、(君も気にしないでくれな/これまでと同じように付き合ってくれな)。
それでは、またね。
 
または
 
最初ОΟから君がΟΟで(僕の悪口を言ってることを聞いたときは/中傷することを言ってると知ったときは)(少しショック/頭にきた/悩んだ/悲しかった)けど、(こうして/この前)ちゃんと謝ってくれたから(この前のことはもう忘れるよ/今回だけは、許すことにしたよ)。
今回は、君が謝ったから許すけど、(これからはあんなことは(言わない/しない)と誓ってくれな/二度とあんなことしないでくれな)。
(この前のこと/メール)の返事まで。
 
または
 
君がΟΟで(陰口を言っている/僕を中傷することを書いた)ことは、(うすうす/人から聞いて)しっていたから今回こうして言われてもそんなに(ショックでもない/頭にもこなかった)だけど、(僕は君を友だちだと思っているから/君は本当はいいやつだから)これからはそんなことしないでくれよ。頼む(な/よ)。
それでは、また。BR> または
私の(悪口を投稿した/ΟΟにいろいろ書いた/ΟΟをОΟにのせた)こと(悪いと思っている/反省している/が良くないことだと分かってもらえた)みたいだから今回(は許す/はもういい/だけはこれ以上はもう言わない)けど、これからは、(注意してくれよ/私の写真をОΟに乗せるときは許可をもらってね/絶対にあんなこと(書かないで/しないで)ね)。
それじゃまた。
 
または
 
あんなことネットに書くのは(酷いよね/良くないと思うよ)。
でも、(こんなことで君とずっと(仲直りしないでいるのは/憎むのは)(忍びない/本意でない/いやだ)/いつまでもそのことを根に持ってても仕方ない)から今回は(許すよ/もうこの辺でお互い仲直りしような)。
僕は、君を(友だちだと/本当はともていいやつだと)思ってるから(あんなこで仲たがいはしたくない/嫌いになりたくない/あのことをいつまでも根に持っていても仕方ない)から(もうあのことは/今回のことはお互い)忘れてて今までとおりやっていこうな。
(この前のこと/メール)の返事まで。
 
*************************
      署名
*************************

ネットでの誹謗/中傷をされた お詫び/反省への返信メール 文例(加害者宛)


件名:(メール読まさせていただきました/お詫びをいただき恐縮してます/ΟΟさんのお気持承りました/メールの件)


ΟОΟО(様/さん)
 
(この前のこと/ΟΟの(投稿/発言)の件)で丁寧なお詫びのメールをいただき(恐れ入ります/恐縮しております)。
(私にも至らないところがあったのでしょうから/ΟΟさんの(機嫌をそこねることがあった/気分を害することをした)のでしょうから)、ΟΟさんには(全く/もう/さほど)お気になだらないでください。
(今後とも/それと/また、)ΟΟさんとは(ОΟ/ΟΟ上で)の友達として(お付き合い/仲良くして)いただきますようお願いします。
 
または
 
実を申しますと、ΟΟさんが(ОΟで私のことを悪くいっていたことは既に他の方から伺って知っていました/facebookのグループ内で私のことを良く言われていないことはうすうすは気づいておりました)。
しかし、今回そのことが(明るみになり/発覚して)私も気まずい思いでしたが、このよになご丁寧な(お詫び/謝罪)を頂戴して、本心から安堵いたしまいた。
この度のことは、少しばかり波風がたってしまいましたが、今後とも友達として交流していただけらば幸いです。
 
または
 
ΟΟさんは(先日/この前)の(こと/一件)が発覚して(相当に気になさって/気に病まれて)おられるとお聞きしましてメールいたしました。
(ΟΟさんの立場も/私をかばうとΟΟさんも仲間はずれになるおそれもあったと/ΟΟさんも已むに已まれずなさったのだろうと/あの時は、状況を考えるとΟΟさんのとった行動はよく)(分かりますが/理解できます)から(今回のことは仕方がないことだでしたから気にしておりません/私は気にしおりません)ので、ΟΟさんもお気になさいませんでいただき、これからもОΟでお付き合いください。
 
または
 
(先般/この度)のメール(読まさせていただきました/拝読いたしました)。
ΟΟさんも(この前のこと/ΟΟことで)、(深く/酷いことをしたと)反省されているようでありますので、今回(に関してはもう終わったことと忘れますが/だけは、これ以上なにも申しませんが)、今後は(もう少し他の方の気持も考えて/くれぐれも発言にはご注意)いただきますようお願い申し上げます。
 
または
 
(この前/先般)の(投稿/発言)のことでは、私も少し(頭にきて/寛恕的になりまして)(失礼/些細なことに口うるさい)ことを申しまして、申し訳ございませんでした。
しかしながら相手が見えないネット上では(些細なことが/自分は軽い気持でした発言が)他の人を傷つけてしまうこともあることだけ肝に銘じていただきたく存じます。
今回のとはもう(忘れますから/これ以上は申しませんが)、これからはご注意いただき(たく存じます/ますことをお願い申し上げます)。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項