人事文書>通知書>解雇予告通知書文例と書き方

解雇予告通知書文例

解雇予告通知(会社都合)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

        殿

平成  年  月  日

株式会社○○商事
  代表取締役社長
ΟООΟ  印

解雇予告通知書

この度、貴殿を下記の理由により解雇しますことをここに予告します。
法定の解雇予告期間として不足する日数分の平均賃金は、退職金と含めお支払いいたします。
 

1.解雇年月日
  平成Ο年Ο月Ο日
2.解雇理由
長年にわたり営業不振が続く北日本の営業拠点を統合することとなり、北海道支店は閉鎖とする為 。

以 上

  ご質問、問い合わせ先
  人事部長 ΟООΟ
  (電話          )


 
 
 
 
 
カスタム検索

懲戒/解雇/解雇予告等の通知書文例/例文-インデックス

当サイトに掲載されている懲戒/解雇/解雇予告等通知書の文例と書き方一覧と 懲戒/解雇/解雇予告関連コンテンツです。

懲戒/解雇/解雇予告文例一覧

人事文書文例と書き方

各種人事文書の文例と書き方一覧と人事文書関連コンテンツです。

人事文書文例一覧

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:挨拶と結びを参照]
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
暑中見舞い/残暑見舞いの時期について
小暑(2016/7/7)と大暑(2016/7/22)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、 一般的には、梅雨明けから立秋(2016/8/7)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。 なお、残暑見舞いは処暑(2016/8/23)までに送ります。