委任状 文例/例文と書き方/様式

委任状 文例/例文と書き方/様式-ここでは、委任状の書式と書き方の説明、簡単な委任状、自治会総会、PTA総会、委任状の法律からの説明をします。
その他/別ページに
委任状 住民票/戸籍/印鑑証明/固定資産証明書 文例
委任状 公正証書 文例
委任状 株主総会 文例
がありますので参照ください。

委任状 テンプレート(一般的/汎用版)

ОΟО 殿

委任状

私は、下記の件を以下のものに委任いたします。
    受任者
      住 所
      氏 名

    委任事項(例で書いてあります)
    1. ОΟОΟ証明取得の件
    2. ОΟОΟ提出・取下げに関する一切の件
    3. ОΟОΟを代理する件
 
 令和  年  月  日
 
    委任者
      住 所
      氏 名              印
        (自署・捺印のこと)

以 上

以下余白

委任状の書き方

記載事項
宛名/宛先
 提出先が確定する場合のみ「ОΟ市長」殿など書きます。委任状は、委任内容を自分の代わりにしてもらうことを記載した書面ですからそのことが明確になるのならそれで用は足ります。
委任日
 委任をした日を記載します。「総会の日」などのように委任行為を行う日である必要はありません。
 また、必要に応じて期限を切ることはできます。その場合は、
 委任期間 令和Ο年Ο月Ο日〜令和Ο年Ο月Ο日迄
 という項目を追加します。
 なお、委任状の有効期限は、決められてはいませんが、受け取る側で「3ヶ月以内」としているところも多いようです。
委任者の氏名/住所
 委任をした人が、確認できるだけの情報が必要になります。
氏名、住所(身分証明書に記載されている住所がよいでしょう)が、最低限必要とされます。提出先で厳格に本人確認がされる場合は、他に生年月日、電話番号、所属(会社名)など追加で記載します。
受任者の氏名/住所
委任された人が、確認できるだけの情報が必要となります。氏名、住所は必須です。その委任行為をする権利、義務、資格があるかの確認がされる場合は、それを確認できる事項の記載が必要となります。例えば、組合員番号や株主番号など提出先で確認するのに必要な情報です。
委任内容
何を委任するかですが、書類の取得や提出などは問題になりませんが、何らかの権利、義務にかかわる意思表示の委任や込み入った内容の場合は、詳細に書くのがよいでしょう。ただし、交渉しだいとか多くの内容を含む場合は「・・の一切の件」という表現を使います。
委任者の捺印
 委任をした人が捺印します。委任状では受任者側の印は不要です。厳格な内容の場合は、認印でなく実印を捺印し、印鑑証明を添付します。
委任者の署名または記名
 通常、ワープロ(記名)でよく、委任状そのものもワープロで構いません。勿論、全てを手書きで書いても問題ありません。ただし、偽装を防ぐ用心のために署名と日付だけは、自身が手書きするのがよいでしょう。
委任状の用紙
 ワープロ用紙、便箋なんでもかまいませんし、手書き、ワープロどちらでもかまいません。
委任状と印紙
 委任状は非課税なので、印紙は不要です。
委任状作成の注意点
1.余計な余白を作らず、詰めて書く。
 余白に追記されるのを防ぐためです。また、文末に「以上」その下に「以下余白」と書くのも同様の理由です。重要な行為以外は特に気にする必要はないでしょう。
2.捨印(すていん)は押さない
 捨印とは、文書に前もって署名、捺印した印鑑を欄外に押しておくことです。これにより、文書内容の訂正ができるというものです。捨印の側に訂正内容を記載すれば、その訂正が有効とあります。ただし、捨印で訂正できるのは誤記や脱字、大幅な内容の変更はできせん。
 捨印を押すときは、重要な案件で委任状の有効性が問題になる場合で、かつ受任者が十分に信用できるときだけにするのがよいでしょう。
 通常は委任状に捨印は押さず、作成時十分にミスがないことを確認するのがよいでしょう。
3.委任状は、相手に渡すものですから後で確認できませんので、コピーを取っておくとよいでしょう。
4.署名と捺印のみで、内容や受任者等の記載がない「白紙委任状」は、極力避けてください。委任状を作成した時点で、委任する人が決まってない場合など必要にせまられて氏名、住所を空欄にすることはありえますが、そのときでも委任内容だけは、必ず書くようにしましょう。
【言葉の説明】
自分が名前を書いた(署名した)書類に印鑑を押す行為は「捺印(なついん)」
名前が記載された書類や自身が署名、記名してない書類に印鑑を押す行為は「押印」

委任状 テンプレート(簡易版)

委任状

住 所 ОΟОΟОΟОΟ
氏 名 ОΟ ОΟ 印

私は、ОΟОΟの件を以下のものに委任します。
      住 所
      氏 名

令和О年О月О日

簡単な委任状の書き方

 この書式は、最低限必要な事項を入れた最も簡易なフォーマットです。物品などの代理での受け取や会義の代理出席など、重要度が低い事柄でありば、便箋に手書きで用が足るでしょう。
 ご自身の状況や重要度に応じて一般/汎用テンプレートで説明した項目を追加してご使用ください。

委任状 テンプレート(総会の欠席届兼委任状)

委任状

私は、(第О回/Ο年О月Ο日開催の)ΟΟΟ総会における議事の審議に対し、一切を(会長 又は 議長 又は 総会の決定)に委任します。

 

住  所 ОΟОΟОΟОΟ
氏  名 ОΟ ОΟ 印
*(必要があればその他の表示)
生徒の氏名、学年、組等/マンション部屋番号(等々何の総会による)

 

令和О年О月О日

自治会/PTA総会等の委任状の書き方

 この書式は、総会における委任状で最低限必要な事項を入れた簡易なフォーマットです。
 ご自身の状況や必要応じて一般/汎用テンプレートで説明した項目を追加してご使用ください。

委任状の注意事項

1.総会は、いつの何の総会かがわかるように書いてください。単に「PTA総会」では、いつの何処のPTA総会か分からないので、「ОО小学校О年О月О日開催のPTA総会」と書く必要があります。町内会の総会も同様です。
2.誰に委任するかは、総会側からの指示がある場合はその指示に従います。それがない場合は、(会長 又は 議長 又は 総会の決定)のどれかにするのが一般的です。
 会長に一任の場合は、発議している人に委任することになり、会長への信任を意味します。
 議長に一任の場合は、議長は議決に参加しない場合が多く、議事を中立的に運営する役割を担いますので、「中立」の意思表示の意味合いもあるといえます。
 総会の決定に一任の場合は、多数決で決まったことに従うとの意思表示の意味合いがあります。
3.氏名と住所、捺印(認印でかまいません)は、必須でPTA総会なら生徒の氏名/学年も必須とです。大きな自治会、町内会やマンソン組合などでは、子組合名や棟、部屋番号など個人を特定するのに役立つ情報も追加するのがよいでしょう。
4.委任状の用紙
 ワープロ用紙、便箋なんでもかまいませんし、手書き、ワープロどちらでもかまいません。
5.議決を伴う総会(会計報告や役員の改選)に欠席する場合は、委任状の提出が強く求められることがあります。
総会には「定足数」があり、これは会議が成立するために必要な参加人数のことです。それが一定数(定款や会則などで決まっていて、総数の2/3とか1/2などと決められています)ないと会議の議決ができなくなります。委任状があれば、会議に欠席しても議決には参加したとみなされ「定足数」に加算されます。そのため委任状の提出が求められるのです。

委任状とは(法律上の意味や義務、責任の解説)

 委任状とは、受任者が委任契約の本旨に従い、委任された事務を処理する義務を負う(委任事務処理義務)ことを証す書面です。
この中心的義務を遂行する際に、受任者は善良なる管理者の注意義務をもって事に当たらなければなりません。 この注意義務の程度のことを善管注意義務または善管義務といいます(民法644条)。 善管注意義務の程度は受任者の職業や能力によって異なります。また、無償の委任の場合もこの注意義務は軽減されません。
上記の本質的な義務に対して、事務処理上必要となる付随的な事項について3つの義務が規定されています。
1.受任者は委任者の請求があった場合や委任契約が終了した場合には事務処理の経過を報告しなければなりません(報告の義務。民法645条)。
2.委任された事務を処理することで取得した金銭などの物と果実を委任者に引き渡さなけれなりません(受取物等引渡義務。民法646条)。
3.受任者が委任者のために自分を主体として取得した権利も委任者に移転しなければならなりません(取得権利移転義務。民法646条2項)。
これらを総称して付随的義務と呼ばれることがあります。このうち、受取物等引渡義務の対象となる金銭や委任者のために使うべき金銭を勝手に消費した場合には、消費した日からの利息支払と損害賠償をする責任が課せられます(民法647条)。
また委任契約は信頼関係に基づいているため、受任者は自ら事務を処理する義務を負います。つまり、復委任(受任者が委任された事務を誰か他の人間に処理させること)は原則として許さません。ただし委任者の許諾がある場合や、やむを得ない場合には構わないと考えられています(復代理に関する民法104条を参照)。

Posted: 2005 - Updated: 8/29/2007

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項